僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
恋焦
日本語の表現は、とても的確なものが多いとよく思う。


恋焦がれる、という言葉。まさにその通りという感じだ。
本当に胸が焦げそうな勢い。
身を焦がすような想いと表現されることもある。
思考も感情も全て脳が司っているはずなのに、
どうして心臓に痛みが走るのか不思議で仕様が無い。
何で頭は痛くならないんだろう。
好きな人のことを想うとき、頭痛はしないもんな。
あまりに暇過ぎてこんなつまらないことばかり考えて
僕はポエマーにでもなるつもりなんだろうか。

一日でもいい、一度でもいいから、
何も恐れずに君のことだけを考えてみたい。
君のことだけをひたすら想ってみたい。
今の僕は君を想う度、頭のどこかで不安要素がよぎる。
小学生の頃は良かった。まだ現実の厳しさを知らなかったから
純粋に想うことも出来た。楽しかった。
今に比べれば小さな感情だったけど
その時は幸せな気分だけが僕を埋め尽くしてた。

成長と共に感情も強く、重くなり
その重さに耐え切れないのか、必ずどこかに歪みが生じる。
脳が無駄に発達して、現実を客観視出来てしまうようになり
更に重く圧し掛かる。そして思考を停止してしまう。
一種の自己防衛本能のようだ。
これ以上考えたら、心が壊れると脳が警告を発する。

今ではもう、同性に惹かれる自分に
嫌悪も否定もしなくなりつつある。
これは間違い無くブログの影響。
自分だけでなく、他人の経験や胸の内を覗き見した成果。
世間でどう評価を下されようとも
見て見ぬ振りくらいは出来そうだ。
でも自分から公表するつもりは今の所皆無だけど。
それとこれとはまた別問題だと考えてるから。

それでも、重圧は変わらない。
君を幾ら想っていても、手が届かない、
手を伸ばすことも許されないって現実が苦しい。
これは同性間に関わらず、男女間でもありえることだけど
これだけでも充分苦しい。

距離が遠すぎるし、一度手を伸ばしてしまったら
跳ね返ってくるリスクが大きすぎる。
玉砕失恋だけでも充分にきついのに、それに加え
唯一無二の親友と理解者と生きる支えを失う可能性がある。
その瞬間から、僕は本当の独りぼっちになってしまう。

君が男に興味が無いのは痛いくらいわかってる。
では、僕に対する興味はどうなんだろう。
君は僕をどう思ってるのか。
男としてではなく、僕そのものに対して君は
どう思ってくれているんだろう。

一言で言えば“親友”となるんだろうけど
親友の僕に君はどんな感情と評価を抱いているんだろう。
散々「性格が悪い」だの「無愛想」だのと酷評を
言われたけど、それならどうして傍を離れていかないのか。
「人間関係理屈じゃない」と君の言葉を聞いたことがある。
それも一理ある。僕も君をここまで想う理屈はわからない。
それでも理屈が欲しい時がある。

どうしても駄目なのか、どんなことをしても駄目なのか、
世界がどうなっても、僕じゃ駄目なのか?と
頭の中の君に縋り付く僕は惨めなことこの上ない。
「どうすればいい?」の「どうすれば」の部分に
解決策は全く無いんだって頭でわかってても
認めたくない。わかっているけど認められない。

君が異性だったらとっくに告って玉砕して
自分に区切りをつけて上手く乗り切れると思う。
区切りとけじめは本当に大事なものなんだ。

君を想い始めると、必ずそこに行き着いてしまうから、
好きでいることも駄目なんですか?と惨めな疑問を抱く。
現実にも物凄い距離があったならもっと客観的に
恋愛も妄想も割り切って楽しめそうだけど、
現実が近過ぎて望みが遠過ぎるというギャップのせいか
割り切れずに放棄するしかなくなってしまう。

絶対に好きだとは言っちゃいけない。
秘密って凄く重い。
年月を重ねる毎に重さを増す。
一度だけでもいいから、子供の時みたいに
君のことだけを想って幸せな気分に浸りたい。

テーマ:同性愛・両性愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
toyoさんはポエマーだと思う。
 気が付けば、過去に遡ってのコメントまで読む人はいないだろうとタカをくくって、自分の背景にまで及んでいる事に驚いてます。このブログのコメントも自分が書く所しか読んでいないから。
人も自分と同じだと思うところがお気楽な性格を表しているかもしれないけれど。

 確か内容にはほとんど触れずに6月4日のコメントに詩をよんでいるみたいだと書きましたが、はからずもここに「ポエマー」という単語を見つけて(ダーッと4日に読んではいますが)やはりtoyoさんにはそういう要素があるのだと確信しました。
 小学生の頃の無垢な想いを懐かしむ気持ちが痛いほど良く分かります。大人になると身体の成長もあり、人肌の温もりを知っているだけに触れたい気持ちは募りますものね。身体を重ねる事で気持ちよくなりたい、相手にも気持ち良くなってもらいたいという欲求は自然な事だと思います。
「欲しい」と願う気持ちは止められません。

 今とは状況がずい分変化しているけれど、根っこの想いは同じでしょうか。
【2006/06/06 20:12】 URL | 鈴虫 #- [ 編集]

>鈴虫さん
鈴虫さんこんばんは。
ポエマー…そんな要素あるとは知りませんでした。
いざポエムを書けと言われても何も書けない
自信があるんですけど、ポエマー…ふむ~
こんなくそ長い詩とかアリなんですか?
あ、でもあまり日記っぽくないと
今まで指摘されたことがあります。
今ではちょと日記っぽくなりつつあるかな?と
思っていますが、実際はどうなんだろう。

今は確かに状況変わってますけど
結局あまり変わってないですよね。
少なくとも僕が今返信している時点では。
しかしこの日の記事は…その…恥ずかしいなぁ。
これ朗読されたら俺は一撃必殺です。
温度差って怖いっすね。
【2006/06/06 23:44】 URL | toyo #- [ 編集]


違う日に書き込みしてもいいのかな。

今日、toyoさんの愛されたいのブログを読んで、そういえば過去そんな切ない記事を見たことがあったなっと思い出してこの場所に来た、カズでした。読み返してみて、初めて見た時の感情と少し印象が変わったように感じた。

ゆずるさんのコメントに・・・。本当に自分は根性がないんだななんて思ったりして。

自分のことを棚に上げてでも、toyo頑張れっと言うべきなのかな。なんて思ってもみた。
でも、僕は頑張れとは、あまり言いたくない。だってもう苦しんでいる。頑張っている人に、また頑張れとは言いたくない。
頑張ったね。そう言いたいんだ。本当は。

toyoさんが自分と同じような状況にいるんだと思えたことに安心してしまっている自分がいた。

でもお互いというより、僕の一方的な親近感なのかもしれませんが、傷をなめあうというか。同じ人がいるから安心なんだ。というのは卑怯なことなのかな。なんて思ってみたりして。

でも、異性間の恋愛とは、どう考えてもちがうと思えてしまう。

僕は、どうしたいんだろう。
出口のないトンネルを、走ることも出来ず、逃げることも出来ず、ゆっくりと進むしかない自分。

toyoさん。こんなコメント書いてごめんなさい。
【2006/06/22 18:27】 URL | カズ #- [ 編集]

>カズさん
カズさんこんばんは。
違う日に書き込み全然OKですよ。
好きなとこにしてください。
ただし、僕の返信に記事との温度差があるのは
許してください。

僕自分ではそんなに頑張ってるとも
苦しんでるとも思えないんですよね、実は。
比べたら失礼だけど、僕より苦しい境遇の人も
いると思って、ちょい苦くらいだと。

安心いいじゃないですか。
親近感も傷の舐め合いもいいじゃないですか。
卑怯だとは思いませんよ、僕もそういうとこありますから。

しっかし僕は数ヶ月前と今と、ほぼ同じこと
言ってますね、成長してませんね。
ゆっくりでも進んでる人は逞しいですよ。
こんなとこに立ち止まってる奴がいますんで。
【2006/06/23 07:52】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。