僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
近未来
僕と親友の近未来。

実はもう、それぞれ計画は出来ている。
そしてお互い、それを知っている。
2人ともそこそこ準備も進んでる。

親友は今、昼は飲食店で夜は僕と同じ漫画喫茶でと
バイトを2つ掛け持ちで生計を立てている。
それが来年の春を目処に、夜を辞めて昼1本に絞り
昼の仕事もバイトから社員になる予定。

どちらの店とも粗方話はついているから
親友の就職はほぼ決まったも同然。
フリーター卒業おめでとう、来年から社会人だね。

一方僕が展望を語った時、親友にとても驚かれた。
僕も親友と同時期に今のバイトを辞め、
新しいバイトを始める。今のバイト先にもその話は済んでいる。
そして新しいバイト先も、実はもう目星はついている。

目星をつけた新しいバイト先の職種を、
僕は一生の仕事にしたいと考えて決めた。
だからバイトと言うより見習い修行になる。
これが親友にはとても意外に思えたらしい。

「まさかお前がそっちに行くとは思わなかった。」
「自分でも向いてるとは思えないんだけど。」

「う~ん、どっちかっつーと苦手っぽいよね。」
「俺もそう思う。でもやってみたい仕事がこれしか
 思いつかなかった。」

「案外向いてるかもよ?つか無理とは思わないかも。」
「俺もそう思う。」

親友は、来年春からの就職先を一生の仕事に、
とまでは考えていないらしい。
まだ自分のやりたいことが見つからないから
まずは生活の為に、と考えての選択だった。

僕は生活の安定を後回しにして、
自分の夢を追う選択をした。
やっぱり僕らは正反対が相応しい。

「就職活動はしないの?」
「するかもしんないけど、多分しない。」

「勿体無くない?折角大学行ったんだし。」
「企業に就職出来ても、やっていける自信無い。」

「なんで?」

親友の純粋な疑問は僕の自己形成の核心部分だった。
いいきっかけだと判断して、真正面から洗いざらい
丁寧に答えてみた。
「説明すると長くなるけどいい?」と前置きを添えて。

日本で生まれ育った僕だけど、僕を育てたのは
純粋な外国人の祖母。外は100%日本の世界だけど
一歩家に入ればそこは祖母が作った祖母の故郷。
幼少期の僕は日常的に日本と外国を行き来していた。

祖母から教えられたこと、価値観も生きる為の規則も
どれもこれも日本のものじゃなかった。
僕の血は日本の方が濃いが、中身は見事ハーフになった。

この感覚を話して、理解出来た日本人はいなかった。
このズレが社会に出た時、僕の障害になると考えた。
だからズレが障害にならない職種を選んだ。

僕は半分は日本人だから、日本人の考えも知ってるし
わかるけど、日本人と同じようには考えられない。
日本人が当たり前だと思ってることも、僕は疑問を抱く。
だから日本人と全く同じようには動けない。

かといって外国人でもないから外国人扱いされても
僕は戸惑う、ハーフはそんな微妙で複雑な存在。
外国人もハーフも少ない日本では
このアイデンティティは理解されにくいのも当然だと思う。

日本で育って僕がいつも感じていたことは
とある漫画の外国人の台詞。

「外国に行くと"自分は○○人だ"と思い知らされるが、
 日本に行くと"自分は日本人ではない"と
 強く思い知らされる。」

これが僕にもぴったり当て嵌まってる。
日本で日本人と同じように日本人の仕事が出来ない、
日本人が出来て考えて当たり前のことが出来ない、
そんな自分に劣等感もあった。
だからずっと、社会に出るのが不安だった。

そして更にゲイってこともあるから、
なるべく世間体に縛られない仕事にしたかった。
精神的に脆弱な僕は世間からの成人男性への
要求や圧力に耐えられそうにないから。

結婚は?彼女は?子供は?もしかしてゲイなの?
なんて勘繰りも詮索も固定観念も考えただけでうんざり。
成人男性は女と結婚して子供を育てて仕事して
当たり前、これも僕は出来ないから。

「そんな風に考えてたんだ。」と親友は理解を示してくれた。
「相変わらず考え過ぎだな。」とも言われたけど、
ちゃんと話せたことと疑わずに聞いてくれたことが
とても嬉しかった。

こいつが親友で本当に良かった。
将来歩む道は違うから、今後の人生で
僕らの道が交わる機会も減るだろう。
電話やメールは出来ても、
こうして会って顔を見て話すのは難しくなりそうだ。

それでも親友が君で良かった。

テーマ:日記 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/04 22:37】 | # [ 編集]


お久しぶりです。
日記はずっと読ませて貰ってます。
どういう仕事なのかはよく分かんなかったですけど。
頑張って下さい。
色々やって見るのもいい事だと思いますし。
どんな事だって何かしらの経験に成りますもんね。


僕も全く向いて無いと思う仕事の就職がほぼ決まって20日から仕事です。
就職とかまだ先の事だと思ってたんですけどねぇ…
【2007/12/05 10:42】 URL | 夜 #0MXaS1o. [ 編集]


職場で私生活のこと聞いたりとかって案外無いもんだよ。
まぁ、体育会系の部署とかは付き合いで風俗へ…
なんてこともあるかも知れんけど。

近くに分かり合える友達が存在してるのはそれだけで心強いもんがあるよね。
社会人になっても意外になんだかんだと会う機会もあるかもよ。
【2007/12/05 12:08】 URL | 輝 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/05 19:16】 | # [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんばんは。
僕はあまり久し振りって感じじゃないですけど、
無理せず病気せず、てのは素直に嬉しかったです。
どうもありがとです。
僕に言うならそっちも無理と病気は禁物ですよ?
血反吐なんか吐いちゃダメでしょう。

夢があるっていいですよね、見つけられて良かった。
匿名さんに影響を受けた部分もありましたから、
重ねてありがとうです。
【2007/12/06 18:59】 URL | toyo #- [ 編集]

>夜さん
夜さんこんばんは。
仕事について詳細を語るのは控えてしまいました、
まだ足も突っ込んでないのに語るのは
ちょっと恥ずかしかったので、でももう決めたから
そのうちちゃんと語れると思います。
僕も、就職ってずっと先のことだと思ってました。
でもずっと何していいのかわからないままで
漠然と不安だったのが、何していいのかが
見つかっただけでも安心出来たみたいです。

世の中には同じように、こうしてスタートラインに
今立ってる若者が沢山いるんですよね…
皆で歯食いしばっていこうぜ!みたいな。
【2007/12/06 19:00】 URL | toyo #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんばんは。
そういう職場もあるでしょうね、最近だと
あまり他人に干渉するのはお節介だと
考える風潮もありますし。
そうそう、その付き合いが僕はどうしても苦手です。
そういうのが無い職場もあるでしょうけど、
それでもやっぱり自由度の高い職種を望みました。
社会人になってからも、縁が切れないことを
今から切に願ってます。
【2007/12/06 19:01】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんばんは。
つい最近まで前見ても何もありませんでしたから
漠然とした不安は強かったです。
そもそも前を見て進むこと自体、親友から
最も影響受けて学んでことですし。
親友に会ってなかったら、今でも後ろ向きな人
だったんじゃないかな~と思います。

人生の幸せって金や時間じゃないですね、
人の縁や出会いに勝るものは無いと思います。
【2007/12/06 19:01】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。