僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

07 │2017/08│ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

DV
女友達の話。

ある日、僕の女友達の顔が青く腫れていた。
目の上、頬骨、口元、顔だけじゃなく身体も。
鼻の頭や唇の端には生々しい小さな瘡蓋まであった。
原因は同棲中の彼氏による暴力。

こんな顔にされたのは初めてじゃないと言っていた。
付き合い始めて1年経って初めて平手打ちをされ、
ほんの1ヵ月半でここまで急速にエスカレートしたんだと。

彼女はまず女友達に相談をした。
匿ってもらったことも助けてもらったこともあった。
でも、女友達は誰もが皆口を揃えて
同じようなことを彼女に言った。

「早く別れればいいのに。」
「どうしていつまでも別れないの?」
「このままじゃ殺されるよ、それでいいの?」
「本当は別れる気なんか無いんじゃないの?」
「死にたいの?」

彼女はこんな正論の叱咤に疲れてしまった。
彼女も全てわかってる、友人に言われたことは全て
言われる前から全部わかりきっていた。
でも、そう出来ないのがDVの恐ろしさ。

彼女の顔を見ても彼女の話を聞いても
僕はたまたま彼女の友人と同じことを言わなかった。
黙るでもなく、同調するでもなく、ただ頷いていただけ。
一応、話は1つも零さず聞いていたけど。

僕は別にDVの奥深い恐ろしさを知ってるわけじゃない、
彼女の気持ちも出来ない仕組みも知ってるわけじゃない。
僕が理解出来ることなんて、全て僕の想像の範囲。
わからないことだから、迂闊なことを言わないようにと
口数を減らしただけだった。

彼女はそれを楽だと喜び、僕に語り続けた。
こんな偶然で喜ばれたっていうのも少し複雑な気分。
確かに他人からわかりきった正論を突きつけられて
疲れる気持ちなら僕でもよくわかる。

僕には知りようもない、計り知れない気持ちと経験。
でも、別れられないのも離れられないのも
ぼんやりとわかるような気がしていた。

別れる離れるって、とても気力がいることで
身体的にも精神的にもある程度の力が
備わってないと行動に出せない。
これは間違いないだろう。

きっと彼女は心身共に疲れきってしまっていたんだろう。
だから正しいとわかることでも出来ない。
歩き方を知ってる大人でも、重い病気の時は
立つことすら出来ないんだから、それと同じではないか。
別れも離れも歩くよりずっとパワーが必要なんだ。

疲れって外からじゃ見えにくいからね、
そんな時に正論を振り翳されても余計に疲れる。
見えないわけじゃないんだよね、見えにくいだけ。
振り翳す奴は見る力が低いってことだよ。

正論は強さを感じるからね、声に出して主張したいんだろ。
人に言ってみたいだけなんだろうな、正義ってやつを。
それで自分を正しく強く感じたいのかな。
その気持ちはわからなくもないけど、何も今
疲れきって助けを求めてる人を相手に言う必要は無い。

毎日些細なことで殴られて、立ち向かえば倍返し。
自然と秒単位で彼氏の顔色と機嫌を窺う癖が身に付き
常に緊張し続け起きてるだけで身を削り心を削り、
磨り減って草臥れてボロボロになった彼女。
そんな彼女を更に疲れさせる周囲。

彼女はもう、自力では逃げられなかった。
逃げるだけの力がもう残ってないのだから。
誰かが力を貸して、逃がしてやらなければ無理だった。
身体の力、心の力、どちらが欠けても人は動けない。

女友達に迷惑をかけるのが怖いなら、
親に心配かけたくないなら、うちに来たらいい。
真夜中でも早朝でも困らないよ、
うちなら逃げても迷惑にはならないよ。

今なら活きの良い男が3人もいますから、
彼氏の1人や2人、余裕で追い返せるだろ。
彼氏が軍人や格闘家じゃなければ。

その時はこう言ってみたものの、
僕も結局は彼女を助けたわけじゃない。
力を貸してもいない、逃がす手助けもしていない。
ただ逃げ場を示しただけで、結局自力で来いと言っただけ。
そして彼女が聞き飽きた正論をたまたま口にしなかっただけ。

偽善者にもなれない程、遠い位置にいた僕に
彼女は「ありがとう」と最後に告げた。
「聞いてくれて」なのか、「うちにおいで」なのか、
「余計なこと言わないでくれて」なのか、どれだろう。

一応居候の2人にも話してみた。
こんな女友達がいるんだけど
もしうちに来ることになったらよろしくね、程度に。

親友は「乗り込む?」と少しテンションが上がってた。
サトルは「乗り込んで通報されたらどうする」と逆に冷静。
僕は「もし来ても絶対手出すなよ、特にお前な」と
サトルを指差し念を押す。思考回路にもそれぞれ個性が出てる。

この話をしてから、親友は暫く彼女の安否が
気になって仕方が無い日々が続いた。
大嫌いだもんね、女や子供や動物への暴力が。
持ち前の正義感と嫌悪感で許せないんだろう、
冷静ではいられないくらいに。

僕も嫌いな行為だけど、少しどこかで他人事と考えてる。
どこまで踏み込んでいいのかわからないから
躊躇があって、冷静に慎重になってしまう。
自分では決してやらないけど、やる人の気持ちも理由も
全く見当がつかないわけじゃない。

サトルはもっと冷静で、ドライに他人事と割り切ってる。
一言で言えば「出来れば厄介事は勘弁」てな感じ。
彼自身も女に手を上げた経験もあるし
行為自体を僕や親友のように憎んではない。
まぁね、確かに殴りたくなることもあるからね。

でもさ、男が女を殴るってさ、
僕ら普通の男がヘビー級の格闘家に殴られるぐらい
圧倒的な力の差があるんじゃないかと思うんだよね。
そう考えたらめちゃめちゃ怖い。
こんな恐ろしいこと、人にやるのも怖いと思ってしまう。

怖いだけでも充分疲れる、逃げる力も削れていく。
そんな彼女に「別れればいいのに」と言える人も怖いよ。
出来ないってことがわかってもらえないんだろう。
もう少し想像力、養おうよ。

これだけも結構なストレスだっただろう、
理解されない辛さ。孤独の寂しさ。
一方的な思い込みだけで突きつけられる正論。
わかってることも信じてもらえないもどかしさ。

正論てのはさ、正常な状況でしか使えないんだよな。
異常事態には何の役にも立たない机上の空論。
そして言うのはいつも正常な環境にいる安全な第三者、
言われるのはいつも異常事態の真っ只中にいる当事者。

安全な場所にいる人間は、動かないなら
黙っていた方が無難なのかな。
僕はたまたま黙っていただけで
彼女に喜んでもらえた。沈黙は金とはよく言ったもんだ。

私見は人を救わないってことか、
ぶっちゃけいらないのかもね。
これはただ本人が言いたいだけなんだよね。
ただでさえ疲れてるのに、堪んなかっただろうな。

本当にたまたまの偶然だったからびっくり。
喋らなかっただけで泣かれる程喜ばれた。
「男の人に言ってもわかってもらえないかもしれないけど」
彼女は何度もそう言いながらも、ずっと僕に語り続けてた。

僕が彼女と話してわかっていたことはただ1つ。
今更正論なんて彼女も聞きたく無いだろう、
いちいち他人から聞かされてもうんざりするだろう、
これだけ。
これだけでお礼言われちゃったよ、何も助けてないのに。

無事に逃げられて良かったね。何の役にも立ってないけど。

テーマ:本音 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
なんか
女友達が別れろ、離れろということ、その正論を正義感でって締めくくってしまうのは悲しいかな?
逃げ場所、安堵できる場所をつくることなら女友達だって出来たよね?
傍にいて黙って聞いてるだけでいいの?
それが親友なんかな?
彼女が疲れきってしまってること解らない友人達なんかな?

それで彼女は彼氏のDVやめさせること出来たの?彼氏と別れること出来たの?彼女は今幸せなの?
そんなんわかんないよね

これは彼女の問題、他人がどうこう言ったって彼女が動かなきゃ何もならない。それも分かってること
でも、言わずにいられないのは彼女が好きで、心配でならない親友の女友達なんじゃないかな

DVってあれだね
麻薬みたいね、またはアルコール依存、喫煙
悪い、悪いって思ってんのに離れられないとこ
変わんなきゃなんないのは本人自身なんよね
【2007/12/19 10:32】 URL | 愛貴 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/19 10:50】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/19 15:03】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/21 14:55】 | # [ 編集]

>愛貴さん
愛貴さんこんばんは。
正論を言う=正義感、と締め括った話ではありません。
正論や正義感を主張したくなる時の心理と
主張するのであればTPOと相手を選ぶべき、
と締め括りました。この心理もわからなくはないので
正義感も主張自体も否定はしませんが、
TPOと相手を選ばない主張は批判しています。
この批判がこの記事の総括でありメインです。
批判の根拠は「それが嫌いな人もいるから」です。

記事中にも書きましたが女友達は逃げ場も安堵場も
提供はしてくれたようです、しかし一言余計だった。
女友達が親友だったかどうかは知りませんが
窮地に立たされ疲労困憊な彼女に余計だったのは確か。

>彼女が疲れきってしまってること解らない友人達なんかな?
彼女から話を聞いた限りでは解らない友人だったようですね。
少なくとも彼女はそう感じた。
そして僕はその不満を愚痴として聞いた。

>そんなんわかんないよね
一応延べますが、僕は彼女自身から後日談を
聞いて把握しています。
でも元々他人の話ですから、僕がこの場で
名も知らぬ人達に全てを公表するのも筋おかしいし
ブログ読むだけの人への報告義務もないでしょう?
だから多くを語らず控えただけです。
それでも一応、最後の一行にヒントを含めました。

好きだからこそ小言を言いたくなる、この気持ちはわかります。
でも、これ言われる方は精神的に余裕があれば
愛情として受け止められますが、疲弊してる時は
鬱陶しくて堪りません。この気持ちも僕はわかります。

基本的には愛情の押し売り、押し付けと変わりませんから
余裕のある時じゃないと反発されても無理ないでしょう、
要は受け止める側の状況次第だということです。
僕は寧ろ好きだからって相手の余裕を考慮しないのは
配慮不足だと感じます。例え親友でも恋人でも家族でも。

そうすることでしか愛情表現出来ない人もいますけど
僕はぶっちゃけあまり好きじゃないタイプの人だし
たまたま件の彼女も苦手だったんでしょう、
だから僕と彼女は話が合ったんだと思います。
こう思う人も少なからずいるから愛情表現の手段としては
あまり有効ではないかもよ、という話ですね。

DVについて僕はあまり知らないので記事以上の話は
語れませんので自粛させて戴きます。
【2007/12/21 23:34】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんばんは。
僕もそう考えています、当事者にしかわからない。
だから何も言えないな~と思って黙っていたんですけど。
僕も的外れな私見を一方的に突きつけられた
ウザさぐらいはたまたま経験で知ってましたし。
経験者の私見、経験談ならまだ少しは心にも響きますし
役にも立ちますが、未経験者の想像上の私見は
実はあまり役に立たないとも思ってます。
人一人の視野や経験、想像の深さなんて
たかが知れてますからね。
失望した、に近いニュアンスの言葉も彼女の愚痴から
出てきてました。
そうかもしれませんね、まず自分の状況や辛さを
人に知って欲しかったのかもしれません。
それなら尚更他人の私見なんかいらないっすね。

しかし僕も実は私見言いたがりな面もありまして、
自分が経験したこと、知ってることだったら
押し付けてしまうことも多々あります。
今回はたまたま未知だったので黙っていられただけ。
完璧偶然ですね。
どうやら男性には多い兆候らしいです、私見述べは。
だから男は相談役に向かない、と言われるんでしょう。
人の話を聞く能力は女性の方が上手らしいですから。

バカップルについてですが、僕はあまり
表に出ないタイプのようです。
普段は無口、無表情、無愛想、と言われます。
てか僕の男友達もラブラブオーラを他所でまで放つ人
あまり見かけませんね。今恋人がいるのかどうかも
聞くまでわからない人が多いです。
【2007/12/21 23:35】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんばんは。
そうかもしれませんね、だから正論になりやすいのか。
他人にはなれないからか、なるほどです。
わかんないなら黙ってりゃいいのに、と僕なら
愚痴ってしまいそうです。

正論を述べること自体は僕も間違ってはいないと思います。
本当にわかってない人には寧ろ教えるべきだし
これは指導に当たると思われます。
しかしわかってて出来ない人と出来ない状況、
わかってなくて陥ってる人では明確な違いがありますし
相手の話や様子を見ていれば少しは
判断出来ると思うのですが。
言う必要のある人とそうでない人の違い、でしょうか。
匿名さんと同じものを求めて人に話す人も世の中
少なからずいらっしゃるでしょう、別の対応を求める人も
当然いる、それは会話の中で観察出来ると思います。
それが対話の基本じゃないかと思いますけどね。
対話したいと思ってないなら言いたい放題もアリだし。

Hの最中は気分が盛り上がってしまうものなんでしょうね~
素面じゃ無理でも雰囲気とノリと勢いって大事ですね。
【2007/12/21 23:36】 URL | toyo #- [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんばんは。
僕と似たような経験をされた、との話でしたが
僕も何となくわかった気がしました。
匿名さんの当時の気持ちとか過ぎた今思うこととか。
状況は随分違いますけど、僕も匿名さんと同じように
後悔するかもしれませんね。
僕もその状況なら何も言えないような気がします、
相手を追い詰めるんじゃないかと考えちゃって。
そうそう、言うのは簡単だしな~とも考えます。
これが正解かどうかはわかりませんけど。

ただ言うだけってのが僕は好きじゃないんですよね、
どうせ言うなら自分の手も染めるぐらいには
関わる覚悟を決めて、その上で言えることを言う。
安全地帯からただ言うって凄く無責任な気がするし
説得力も薄い気がするんです。自分が言われてもウザいし。
だから匿名さんが「今ならこう言えるけど」の部分には
共感しました。多分僕も同じことをしますね。
【2007/12/21 23:37】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索