僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

05 │2017/06│ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

正月
「明けましておめでとう」

元旦未明に送った今年の初メール。
他に言うことが見つからなかった。
クリスマスも逢えない、元旦も逢えない、
社会人って大変ですね。

気持ちを切り替えて自宅に引き篭もる正月を
思う存分満喫堪能してやろうと思った。
男が3人もいれば寂しさは感じないだろう、
そう思っていたら女友達のサヤカまで我が家に乱入。

地元を離れて比較的近所で暮らす
男3人と女1人の同級生達が集って
ちょっとした同窓会のような雰囲気になってた。
サヤカは学校も地元もちょっと違うけど、
全員面識あったから地元仲間に等しい存在。

御節料理は面倒だから作らないし買わない。
その代わり大量にお雑煮を作ってみた。
それから近所に初詣へ行こうと話が持ち上がり
初詣に行く途中、成人式と同窓会の話になった。

クリスマスも正月も、思えば毎年親友とは一緒だ。
親友は僕と一緒が自然で当たり前だと思っているみたいだ、
これからもずっと続くと疑うことなく信じてる。

僕は毎年クリスマスや正月や誕生日等の記念日を
親友と過ごす度に違うことを考える。
今年で最後かもな、来年はそれぞれ違う人と
この日を過ごすことになるかもな。寂しいけど喜ばなきゃな。

親友だけじゃない、サトルだってその内結婚でも
するかもしれない。サヤカだって可能性が無いわけじゃない。
寧ろそっちの方がいい、僕は多分、ずっと独りでいるだろう。
僕が知る限り、結婚の可能性が無い奴は僕しかいない。

皆いつか、僕を置いていくように
それぞれ歩みを進めて行くんだろうな。
寂しいけど喜べるようにならないといけない。

そして何年後か、先を歩む皆と再会した時
「お前は変わってないな」「相変わらずだな」と
独身を貫く僕に声をかけてくれそうだ。

1年の節目になる日には、いつもこんなことを考える。
節目の日には必ず傍に親友がいるから
最初に親友のことを考える。

無性に切なくなる。変化を恐れ思考を閉ざす。
皆結婚なんかしないでよ、子供なんて作らないでよ、
暇な時寂しい時にふらっとうち来てさ、集まったりしてさ、
飲んで食べて愚痴って遊んで、金を使わなくても
これだけで僕は充分楽しくて幸せだと思える。

この日集った仲間の唯一の共通点は
"寂しがり屋"ということだろう。
そして誰よりもこの僕が、最も寂しがり屋。
他の3人にはしっかりしてるとか寧ろ孤独が好きそうとか
全然寂しがり屋だと思われていないみたいだけどさ。

誰よりも寂しがり屋だから、いつ家に人が来ても
大丈夫なように毎日適度に掃除したりしてるんだよ。
いつでも準備OKな状態。

遠い先を見据えれば、僕はいつでも寂しくなれる。
誰か1人でもいい、僕を置いていかないで欲しい。
来年を意識しやすい節目日はいつもこんな感じ。

平和な今がずっと、このまま続いて、だったらいいなぁ。

テーマ:今日のヒトリゴト。 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索