僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

08 │2017/09│ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

相談
恋愛相談。

生まれて初めてかもしれない、
親友を相手に恋愛相談をしてしまった。
酒混じりだが、真剣に語ってしまった。

僕に彼氏がいることを知っているのは
親友ただ1人。他に話せる人はいない。
だけどノンケの親友を相手に男同士の
恋愛相談なんてされても困るだろうと思ってた。

「サトルには言ったの?」
「何を?」

「彼氏のこと。」
「言ってない。」

「そっか。上手くいってる?」
「あんまり逢えてない。」

僕の家で親友と2人きりの時だった。
1人でも真面目に話せる奴がいる、
僕を知ってて、話を聞いてくれる人がいる。
僕に興味を持って、心配してくれる人がいる。

そんな親友の存在はとてもありがたかった。
僕はかなり恵まれてるね、幸せな人間だ。
秘密は誰にでもあるだろうが、やっぱり重い。

居候のサトルが来る前は、僕の自宅が
彼氏との逢瀬の場になってた。
男女のように堂々と外でいちゃつけないから、
禁止されてるわけじゃないが、そんな勇気は無いから。

それが今は僕の家で逢えなくなって、
かといって毎週ホテルに行ける程
僕には余裕が無い。金も時間も。

「彼氏も無理なの?年上なんでしょ?」
「お前は平気なの?毎回ホテル代も
 飯代も奢ってもらうなんてさ。」

「う~ん、俺は自分が金出せる時
 じゃないと、逢えないかなぁ。」
「俺も同じですよ。」

「年上彼女の時はいつも奢ってもらってたクセに。」
「俺も変わったってことだろ。」

そう言えば高校時代、年上の彼女と付き合って
相当面倒を見てもらってたこともあったっけ。
それでよく同級生にその話をして、羨ましがられて
僕も得意気になってた。

きっと今でも女相手なら気にならないかもしれない。
どう見くびられようと甲斐性無しと思われても
僕は気にせず甘えられたかもしれない。

でも男相手ではどうしても出来なかった。
他のことでは甘えられても、どんなに経済力に
差があっても、金で彼氏に甘えることは出来ない。

「男のプライドってやつですか。」
「単純に言えば。」

「男同士の付き合いはまだイマイチわかんないけど、
 そこだけは俺もわかるかな。」
「わかってくれるだけでも嬉しいよ。」

酒が進んで、更に突っ込んだ話にもなった。
親友から「結構マジなの?」なんて聞かれて
僕も誤魔化さずに答えようと思えた。
いよいよこっぱずかしい、甘酸っぱい展開。

「結構マジなの?」
「うん、多分。」

「多分って何だよ、どっちかハッキリしろ。」
「俺はマジになりたいんだけどね。」

「何?遊ばれてんの?」
「そういうんじゃないんだけど。」

まだ誰にも言ったことがない胸中だったから、
僕もすぐには言葉を紡げなかった。
どこから話せばいいのか、どの言葉を組み合わせれば
現状をより正確に把握してもらえるか、
考えながらゆっくりと言葉を吐き出した。

遊ばれてるわけじゃないんだけど、
あっちも真剣だと思うんだけど、
でも、俺の考え方とか気持ちとか、重いって。
多分俺が真面目過ぎるんだと思う、恋愛に対して。

元々男同士ってさ、結婚出来ないじゃん。
子供だって出来ないし、だからずっと、
"ただ付き合うこと"しか出来ないんだよね。

そうなるとさ、少し語弊があるけど軽くなるんだ。
皆軽くなっちゃう、いい加減な付き合いっていうか、
その時その場の今が良ければっていうような
ずっと先まで見通す付き合いって出来なくなるんだ。

「男と女が結婚を前提に~みたいにならないってこと?」
「そういうこと。」

「男と女で言えば、彼氏は結婚する気無い、みたいな?」
「そういうこと。」

「で、お前は結婚したいと思ってる、みたいな?」
「実際は出来ないからちょっと違うけど、
 でもそれに近いような感じ。」

「具体的にどうしたいの?お前は。」
「結婚はあくまで制度上出来ないってだけの話じゃん?
 一生添い遂げる覚悟でずっと一緒にってのは
 気持ちの問題じゃん?俺はそういうのが理想なの。」

なるほどね、と親友は理解を示してくれた。
僕も話す前から「こいつならわかってくれる」と思ってた。
親友と僕は性格も考え方も正反対が多いけど、
その分共通する部分の符合の強さは半端じゃない。
だから正反対でも、今まで上手くいってたんだ。

「お前がそういうこと言うって、何か意外な感じ。」
「変?」

「ううん、変じゃない、気持ちもすげーわかる。
 でも、そこは俺とトヨは正反対だと思ってたから。」
「わかることに驚いてるって感じか。」

違うと思ってたのに、実は通じてたってことか。
僕は最初からわかってたんだけどね、
自分の過去を振り返れば親友のこんな反応も
当然ていうか自然ていうか。

実は共通してた、それを知った親友の顔は
とても満足気で嬉しそうだった。
それなりに暗い話なのに、親友の空気は軽い。
表情も晴れ晴れと明るく、僕もその気持ちがわかる。

どうしよう、相談なんかしなきゃ良かったかな。
親友の喜びが伝わって、こっちまで伝染しちゃって
僕も嬉しくなっちゃって、ぐらぐらと揺れている。
自分の気持ちが大きく揺らいでるのがわかる。

通じ合っちゃうってヤバイね、これが恋の始まりになるのか。
あぁ、ヤバイヤバイ、揺らぐな、治まれ、傾くな!
そっちに行っちゃダメだって、何度泣けば気が済むんだ。
冷静になれよ、現実をちゃんと見ろよ俺。

本当に懲りない奴で、我ながら情けない。

テーマ:日記 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

昔スキだった人と気持ちの共有みたいなのできたらときめいちゃったりするのもよくある事じゃないかなぁ。
それで気持ちが戻ってもうたらそれはそれで仕方ないと言うか…辛かろうが泣きを見ようが恋心なんて自分でもコントロールできないものだしね。

でも、なんだかんだ言って彼氏の事好きなんでしょ?
たまたまちょっとときめいたのが昔の想い人だったから動揺しただけで、別の誰かだったら気にもならない程度のものだったんじゃないでしょーか?

てゆーか、ちょっと先々の事考えすぎなのではないでしょうか?
身も蓋も無い言い方ですけど一生添い遂げる覚悟でも別れる時は別れるし、一生添い遂げてもSEXはパートナー以外の人と持つセックスレスな関係続けてるカップルもいます。そもそも結婚してたって別れる夫婦はいっぱいいるんだし。

彼だって何れは別れる事を考えて付き合いしてるわけでもないだろうし、今どれだけ自分が彼を好きで彼が自分を好きでいてくれるかだけを考えるのは難しいですか?
それはやっぱり軽いのかな…。
【2008/01/16 15:27】 URL | 輝 #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんばんは。
確かに自分でコントロールは無理と言っても
過言ではないでしょう、わかってても抗うのは
無駄の骨頂ですよねぇ。

何だかんだ言っても結局は好きですね、
結局も何も好きか嫌いかどちらでもないかと
聞かれても好きって答えると思うし。

ときめいたのが別の人だったら…うーん、
どうも僕は輝さんが考える以上にどうしようもない
人間かもしれません、とにかく惚れっぽいです。
全く新しい別の人でも動揺してます。

そんなどうしようもない奴のクセに理想と夢だけは
いっちょまえで、一生の覚悟があった先での破局は
アリなんですけど一生の覚悟継続中でセックスは
他所でってのは完全ナシです。僕の中ではありえません。
僕が最も嫌だとするパターンですね、これ。
いわゆる純愛が理想なんです。
結婚してても別れる夫婦は沢山いますが、それはそれ。
別れてない夫婦が理想なのでそこしか見ていません。

もう少し長く生きたら、人生経験や恋愛の場数を踏めば
僕の考えも今とは多分変わると思います。
今はまだ、どうしても「今が良ければいいじゃない」とは
考えられないようです。
これが重いと言われる原因でしょうね、多分。
本当は自分でも面倒臭いし重いし嫌なんですけど
どーーーーーしても変わらないですなかなか。
【2008/01/17 00:12】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索