僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

07 │2017/08│ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

教育
僕が授かった教育。

僕を育ててくれたのは祖父母だった。
しかし祖父のことはあまり憶えていない、
僕が小学校に上がってすぐに亡くなってしまったから。
当時から早過ぎる死だと感じていた。

それから数年で祖母も亡くなってしまった。
しかしこの数年で、僕は祖母から多くの哲学と真理を
教育という形で授かった。

祖父は人にはあまり言わなかったが、実は異国との混血。
祖父は古き良き時代の日本男児を連想させる
生まれも育ちも生粋の九州男児だったが、
異国の血のお陰か異国異文化に慣れていた人だった。
だから祖母と惹かれ合い、上手くやっていけたんだろう。


祖母は日本人じゃない、文化も歴史も全く異なる国の人。
僕はたった1人のちっぽけな若僧に過ぎないけど、
僕の中にはいくつかのアイデンティティが混在してる。
たった1人の中に存在するグローバル。

幼い頃はこれでイジメを受けたこともあった。
昨今でも差別的な扱いを受けることもある。
昔はあまり好ましく思えなかった自分の本質だったけど
今では誇らしくてたまらない、僕の自慢。

幼稚園や保育園には通わずに育ち、
かつ祖母に似た顔立ちや考え方の違いや
日本語が少し苦手だったこともあって、
小学校では結構イジメられていた。

そんな時、祖母が僕に授けた教育は「戦え」だった。
戦って、自分を守れ。自分を守るためならば、
相手に何をしようと構わない。
自分がされたことを、そっくりそのままやり返せ。

「自分がされて嫌なことを人にしてはならない」
それを相手が僕にしたのなら、僕も同じことをしていい。
僕がするのは間違っていない。
責任とは何なのか、相手に思い知らせてやるといい。

規則なんかに惑わされるな、規則は自分を守ってくれない。
狭い枠に捉われるな、真っ直ぐ世界の中心を見つめたら
自分を守れるのは自分しかないんだとわかるから。
それがこの世の全て、世界の真実。

これを子供の僕にもわかるように、たどたどしい日本語で
僕に強く言い聞かせてくれた。
お陰でイジメに負けるような子にはならなかった。
泣くこともなかった。

こんな結果が出てしまったお陰で、僕の中で祖母の教えは
正解としか思えなくなった。これが正しいんだ。
今でも揺らぐことなく強く強く信じてる。

祖父は幼い僕から見ても、厳格で男らしい精神の人だった。
見た目こそ平凡な初老の男に見えたが、
まだ「威厳」という言葉も存在も知らない幼い僕でさえ
祖父には威厳があると感じられた。

そんな祖父が僕に授けてくれた教えは
「疲れるまで真剣に遊べ」だった。
遊びで手を抜いてはいけない、
ムキになれ、夢中になれ、集中しろ、全力を出せ。

遊びを遊びと軽く捉え真剣にならない子供は
大人になっても大成出来ない。
遊びを真剣にやれる子は、自分に必要な勉強も
真剣に出来る子に必ずなる。

そういう子は将来、必ず才を手に入れる。
そしてその才を活かし、生きていける。
中途半端が一番悪い、極めてこそ男の人生。
とにかく遊びの中から「真剣になること」を覚えろ、
ここで僕の人生と僕がどんな人間になるかが決まると。

物心ついた頃から、2人にこんな哲学を叩き込まれてきた。
教えを授けてくれた祖父母は共に、僕の将来を見る前に
逝ってしまった。

結果が見られない志半ばの死はさぞ悔いるだろう。
祖父母に結果を見せてあげられないのなら、
せめて忠実に守ろう、独りになった時、そう決めた。
必ず結果を出す、それなら見られなくても安心だろうと。

今の僕はどうでしょう。

テーマ:つぶやき - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
toyoさん、こんばんわ
>今の僕はどうでしょう

私見だと、
外側の壁は鉄壁の防御といつでも放てる大砲が備えてあるのに、
内側の部屋には炬燵と蜜柑が置いてあってお母さんが料理しながら待ってる感じ。

それで心を許した人に対しては
後ろの勝手口ががらあきのイメージかな>toyoさん

【2008/03/26 03:31】 URL | ユキ #3/2tU3w2 [ 編集]


toyoさん、こんにちは。
お祖母さんの言いたいことは、何となく分かる気がします。
でも、お祖父さんの言葉が、凄く胸に響きました。
私自身がこの生き方を実践することは無さそうだけど、
でも絶対知ってなきゃいけない事だと感じました。

同じような言葉を聞いた事はあるけれど、
全然重みが違います。
ちゃんと知ってる人の言葉だと思いました。
凄く大切なものを読ませてくれて、有難うございます。

今のtoyoさんは、どうなんでしょうね。
確実に実践しているように見えますよ。
【2008/03/26 14:11】 URL | 鳥 #- [ 編集]

>ユキさん
ユキさんおはようございます。
言い得て妙と言いますか…面白い分析と表現ですね。
ほほぉ~鉄壁ですか、大砲も備えてますか、
随分重装備だなぁ…しかし反論は出来ず。
僕的には拳銃くらいのつもりですけど
脆い人には大砲と同じに見えるかも。

炬燵と蜜柑かぁ、僕は炬燵結構好きなんですよね。
でも僕の家に炬燵がなくて、あまり馴染みがなくて
ちょっと憧れてます。てか鉄壁の防御があるからこその
中の平和ってのもありそう、面白いなぁ。

後ろの勝手口、ていうと勝手にその、変態ちっくな
連想をしてしまって一人で笑ってしまいました。
俺ヤリ○ンじゃん、みたいな。しかし反論出来ず。
【2008/03/27 09:49】 URL | toyo #- [ 編集]

>鳥さん
鳥さんおはようございます。
僕の祖母は何度もここで書いてますが
イスラムの宗教が色濃く根付いた国の出身なんです。
だから簡単に言えば「目には目を歯には歯を」の
ハムラビ法典万歳的な考え方を普通にするのです。
日本じゃ馴染み薄いだろうし、反感も買いそうだけど
僕はとてもシンプルでわかりやすくて好きなんですね。
逆に日本人の価値観とか、わかりにくかったりします。

祖父の言うことって幼い僕のイメージでは
少し変わったことを言う人だな、と思ってたんです。
何でもハッキリ断言する癖があるっていうのか…
「これはこう!だからこれはこうなる!」みたいな
今思えばちょっと固定観念の強い人。
でも、その観念が今思い返してもユニークでした。

こんな断言していた祖父は一体どんな人生だったのか?
と言うと、有言実行でしたまさに。
職業も自分の関心を追求した結果、
一分野の専門家になりましてその技術と知識で
飯を食って僕らを養ってきたので。

とりあえず説得力があった、と今でも感じてます僕は。
口だけじゃないとこがかっこいいから言うことも
素直に信じられて受け入れられて、
育てられる側もある意味精神的に楽でしたよ。
不信感て精神的負担になるでしょ?それが無かったです。
【2008/03/27 09:50】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索