僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

10 │2017/11│ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
告白
女の子に告白された時のこと。

ずっと前からちょっと噂で聞いていた。
あの子は僕を気に入っているんじゃないかと、
親友から指摘されたこともあった。
その時の僕はさらっと流した。

「あの子絶対お前のこと好きだって~」
「本人から聞いたわけじゃないでしょ?」

「ハッキリとは聞いてないけどさ、
 でも見てたらわかるよ誰でも。」
「お前の洞察力もアテになる時ならない時
 あるからなぁ、どうだか、特に恋愛は。」

親友の洞察力の鋭さが証明されたわけだ。
でもまだ、親友には事実を伝えていない。
きっと直接聞かれでもしない限り、僕から
伝えることはしないだろう。

以前のバイト先で知り合った子だった。
歳は僕より下で、まだ高校生の女の子。
真面目で大人しくて、飾り気も化粧気も無い
絵に描いた様な素朴な女子高生。

僕が持つ彼女の印象は至って好印象。
嫌いになる理由が無いぐらい、人柄は認めてる。
本音を言えば女としての魅力も少しは感じてた。
色気は感じてなかったけど、それも寧ろ好印象に繋がった。

可愛い子だな、この子と付き合えた男は幸せだろうな、
性質の悪い男に引っかからなければいいけどな、
そんな風に思ってた。まるで他人事のように。
これじゃ男としてと言うより兄貴の目線に近い。

バイトの送別会で、彼女は泣いていた。
僕と親友が抜けることが寂しくて
もっと一緒に働きたかったですと言いながら。
その送別会から数週間後、彼女は僕の自宅を訪れた。

彼女が僕の家に来たのは休日の昼頃。
この突然の訪問に僕の姿は全く追いついていなかった。
寝起きでボサボサの長髪、当然顔もだらしない寝呆け顔。
毛玉だらけでヨレヨレの安物スウェットは
ゴムも緩んでパンツも半分出ちゃってる。これは酷い。

あまりの僕の汚さに、流石の彼女も開口一番
「いきなり来ちゃってすみません!」
いやいや、そっちが謝ることじゃないって、こっちがすまん。
とりあえず髪だけでも手櫛で無理矢理整える振り。

「どしたの?とりあえず入りなよ。」
「あぁ、いいです、玄関で大丈夫です!」

「いや、ドア開けておくとうちの猫が脱走するから。」
「じゃあすぐに終わらせます、これ届けに来たんです。」

彼女は一通の封筒を僕の手に渡し、
「本当にそれだけです、すみませんでした」と
頭を下げて自ら玄関の扉を閉めた。
それから間もなくコンコンと階段を早足で降りる音が響いた。

封筒の中には手紙が入ってた。
これがまさかのラブレター!うわぁあああ!
見るからに純真無垢そのままの、僕の汚い手で
触るのも憚られる様なピュアな手紙が何故今僕の手に?

内容の要約は、以前から好きでしたという告白と
携帯番号もメアドも調べればすぐにわかるけど
直接聞かずに調べるのは失礼だと考えて、
住所も知らないから自宅に直接届けに行きました、
と言うものだった。

そう言えば、僕が唯一彼女に直接教えていたのは、
自宅だけだった。この日初めて気がついた自分にもびっくり。
実はとっくに知ってるんじゃないかと思い込んでいたから。
それにしても手書きのラブレターなんて生まれて初めてだよ。
今時珍しいんじゃないか?

一緒に働いていた時からずっと
彼女は僕の連絡先を知らなかったらしい。
確かに連絡の必要も無く聞く機会も無かった。
彼女から1度だけメールを貰ったけど、
それは親友の携帯を通して送られたものだった。

ずっと聞きたいと思っていたけどどうしても聞けなくて、
あっという間に僕の辞める日が来て後悔したらしい。
手紙の中にはそんな彼女の可愛らしい揺れる乙女心と
僕の長所?彼女から見えた僕の魅力らしき部分が
盛り沢山に綴られていた。かなり恥ずかしい。

いきなり自宅も手紙も相当驚いたけど、
彼女の律儀さ礼儀正しさにますます好印象を抱いた。
あぁ、なんていい子なんでしょうねこの子は。
どうしよう、ここまでの人間性は完璧僕好み。

つか何で俺なの?ダメだよもっといい男選ばないと!
お兄さんは説教したくなっちゃうよ、そこに座れと。
何で勝手に兄貴みたいな気持ちになってんだろうか。

前からいい子だと思ってたし可愛いとも思ってたけど
いい子過ぎてほっとけない?そんな気持ちが強かった。
歳も僕の方が少し上だから兄気分になってたけど、
本当は彼女の方がずっとしっかりしてるだろうと思ってた。

この際自分がゲイだってことは忘れてみる。
そこに縛られずに考えれば、彼女のことはかなり好き。
この告白で僕の中の女NO.1に一気に昇り詰めたのも確か。
でも、僕は彼女を必要以上に泣かせてしまう気がする。

ゲイではなくバイなんだと割り切って考えてみても
僕は彼女に釣り合わない気がする。
彼女はとてもいい子だから、僕みたいな奴は
彼女に相応しくない。そんな風にも考えた。

カッコつけてるわけじゃなくて、僕が彼女の隣にいたら
自分の自信を失いそうだから。それが怖いから。
劣等感の塊にはなりたくない。

彼女は手紙の最後でにこう綴ってた。
もし良かったら、私はオタで腐女子ですけど
これからも友情でも何でもいいから
交流を続けさせてもらえると嬉しい、みたいな。
う~ん、どこまで謙虚なんでしょう、素敵です。

で、肝心の連絡先がね、あの、書いてないんですけど。
しかもお互いにまだ知らないままなんですけど。
僕はどうすりゃいいんだ?相変わらずマイペースな子だなぁ。

とりあえず、前のバイト先に顔出してみたりして。

テーマ:つぶやき - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

お久しぶりです。
僕もそういう人と出逢ってみたいです。

僕は以前女の子と付き合ってた時に、とても悲しい思いをさせてしまった事があるのですが、それでもトヨさんならうまくいくような気もします。
根拠は無いですが。
【2008/05/06 21:11】 URL | 吏人 #- [ 編集]

すごい
トヨさんの女性評価としては最高じゃないですか?
同性からみても若いのに配慮ある言動がとれる素敵な女性だと思います。
ただ…その確かな評価が恋愛可能な対象としてなのか?がちょっと疑問な感じが…。
人間としての評価っていうか…まあ私の勝手な印象なんですが。
【2008/05/06 23:15】 URL | 美羽 #- [ 編集]


難しいですね…。toyoさんがストレートなら『付き合ってみれば?』ってことでいいかもしれないけど、今後男のNo.1が出てこないとも限らないし。
そうなった場合彼女がどこまで耐えられるかですよね。『腐女子だからどんと来い!寧ろ萌え~』ってなるなら女子の親友としてのお付き合いもあるでしょうが…

ふさわしいかどうかは別にしても、いい子だからこそ傷つけたくないって気持ちもあるのかな?
とりあえずは兄貴的立場として今までより距離を詰めて自分の気持ちを様子見するのが無難なのかなぁ…
【2008/05/07 14:45】 URL | 輝 #- [ 編集]

書いては消して
書いては消して、頭ん中ぐるぐる言いたいこと解んなくなった。
わかってんのはね、男とか女とかじゃあなくて、人としてその人を好きになれるんならそれがいちばんてことで、俺ゲイだからで女性を拒否ることはしないでいいよねってことで。
前記事で付き合ってる女性がいるとあるのは彼女のこと?その前にもtoyo君がいい子だと誉めてた子?記事からでもその子がどれだけいい子かわかる。
私は、彼女との仲を応援していきたいな。
【2008/05/08 16:40】 URL | 愛貴 #- [ 編集]

>吏人さん
吏人さんこんばんは。
いやいやいや!僕も過去の経験から言って
最後が円満だったこと一度もありませんから!
どうもね、僕は放置してしまうみたいなんですよね、
女の子に対して嫉妬もしないので付き合ってても
好かれてるとは思えない、と思われるらしいので。
その辺の配慮というか、演技力が足りないというか。
そんなもんですよ。
【2008/05/15 01:07】 URL | toyo #- [ 編集]

>美羽さん
美羽さんこんばんは。
はい、ぶっちゃけ最高かもしれないです。
強いて言うなら…もうちょっと気が強いタイプだと
更に良かったかも?と思いますけど好みと
実際の相性って違いますから、相性的には最高かと。
人間としての評価と恋愛対象としての評価。
全くその通りだと思います。

【2008/05/15 01:07】 URL | toyo #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんばんは。
彼女に萌えられるってなんか微妙~!
でもこれもアリなんかなぁ、ううう~ん、想像出来ない…
まず僕がどう反応していいのかわかりません。
萌えられた時に。

僕が見知った女性の中で、一番人間出来てるなと思いました。
女としても出来てる方かなと思います、とにかく
優しい性格なのが誰にでも伝わるって感じで。
僕でも流石にそんな人をわかってて傷つけるのは
抵抗があるみたいですね、罪悪感はモリモリです。
なんか、自分が物凄い悪党に思えてしまいそうなので。
自分で自分が嫌になるくらいに。
【2008/05/15 01:07】 URL | toyo #- [ 編集]

>愛貴さん
愛貴さんこんばんは。
特に詳しく書いてなかったですね、はい、そうです。
性格にケチのつけようが無い人っているんですね~
稀ですけど。僕なんてケチの付け所沢山ありすぎなので
そんな僕から見ると存在してるだけで奇跡のような人。
ゲイだからって最初から拒否ることもないかな、
僕もそう思ってます。てか女は絶対ダメってわけじゃないから。
可能性はある、と自分でもちょっとどっかで未だに
信じている部分があります。

意外と長く続いたりするかもしれないし、もしかしたら
超円満な方向に展開するかもしれないですよね。
そういうのって、なってみないとわからないと思うんですよ。

【2008/05/15 01:08】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。