FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2019/04│ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
喋場
僕は誰とも喋らない。

最近そんな日々が続いてる気がする。
会話はするよ、仕事だもの。
一応、社会で生活してるもの。
でもその会話って、別に僕の意思や感情は無いんだよね。

自分で状況を見極めて必要に応じて用意した
適切な台詞をそのまま読み上げてるだけのようなさ、
オリジナルだけどあくまでマニュアルだから、
それを聞く人は僕の言葉だと勘違いしてるだけで。

選んだ仕事のせいか?
そんなことはないだろう、きっとどんな仕事に就いても
僕は今こうなってると思うし。
人と喋ることに疲れた、自分を語ることに疲れた。
人の話だって聞いてるだけで疲れるもん、でも聞かなきゃ。
そっちにパワー費やしちゃってるのかな。

人への興味が薄れてしまったのかな、
そしたら自分への興味も薄れてるはずだ。
「どうでもいいや」の道を一歩ずつ進んでるのかな。
無気力、無感動、無意思、無熱、どこまで当て嵌まるかな。

とても楽なんだけど、でもなんでだろう、
何もしてないのに疲れだけが溜まっていってるような気が。
オラに元気を分けてくれ~

喋ることを忘れそうな僕は自分の意思と感情まで
いつかどこかに置いてきてしまいそうで、
それがちょっと怖いかも。
失くした後で見つけられるとも限らない。
僕の意思と感情はこの世に1つしかないはずだから。

そんな僕にも楽しみは残ってるよ、一応。
今一番の楽しみは水曜どうでしょうとトイレで読む三国志。
三国志の映画も楽しみかも、ちょっとだけ。

映画館に見に行っちゃおうかな、一人で。
誰か誘うのも面倒臭いもん、ちょっと寂しいけど。
レンタル開始まで待ちたくないな、面倒臭がりな僕が
わざわざここまで考えるのも珍しい気がする。

特に孔明役の某日本人俳優が楽しみ♪
実は僕のイメージにぴったりでベストキャストだと思ってたり。
いいんじゃなぁ~い?かっこいいんじゃない?
リアル孔明より物語孔明のイメージの方が楽しみ。

エンターティナーは偉大だね、多くの人間の自分勝手な
都合と理想と期待を一身に浴びせられるんだもん、
そりゃ高額の収入も納得ですよ。
それだけのことをする仕事だよ、エンターティナーは。
あ、僕も一応、エンターティナー側になるのかな。

貧乏ですけどね。

テーマ:ダメ男 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
疲れてるのかね
気持ちが宙に浮いちゃってる感じ、人の言葉が遠くで聞こえる様なの(私はこんなの)
ちゃんと眠れてる?寝不足じゃない?
なにもかも忘れて映画に没頭してみるのはいいかもしれない。
笑える時は大声で笑って、泣ける時にはわんわん泣いてごらん。
大好きな三国志の映画見ておいでよ。
【2008/09/02 09:05】 URL | 愛貴 #- [ 編集]



以前メールしたひかるです(笑)
toyoさんの文章がすきです。思考というか。
ブログが更新されてるとうれしくなります(*^_^*)
これからもマイペースでいいのでリアルもブログもがんばってください☆
応援しています\(^_^)
【2008/09/03 04:02】 URL | ひかる #- [ 編集]


お久しぶりですこんばんは。
的外れかもしれませんが、この記事を読んで
「生き急いでいる」と思えるほどの行動力の反動が来たのかな、
と感じられました。

最低限やるべきことをこなしていて、
ヤバそうなことに首を突っ込んでいないのであれば
そんな現状でもあまり嘆くこともないと僕は思います。
既にそんな生活を何年も・・・って訳でもないですし。
人と係ることに疲れを感じるのであれば本を読むなり何なりして
ひたすら思索の海に漂ってみるのもいいと思いますよ。

で、例の三国志映画の件ですが・・・
「レッドクリフ」、日本で観られるようになるまであと2ヶ月を切りましたね。
内容について今までいろんな噂が流れてきましたが、
史実と演義の両方の要素を取り入れかなり細かい描写にも拘った内容だとか。
赤壁の戦いは三国志の戦いの中で最も有名でありながら謎の多い戦いなだけに
演義をなぞるだけのものではないらしいこの作品は色々期待させられますね。
残念ながら赤壁の戦いが描かれる後編はまだ先になりますが、
その時には是非ともtoyoさんならではのマニアックで熱いレビューを
見てみたいと思いますw

僕としては、史実と演義の要素がどう表現されているかはもとより、
たまたま観たことがある中国製の三国志ドラマとの差がちょっと気になります。
すごいチープだったんですよ・・・DVDも出てるみたいなんですが。
【2008/09/03 19:53】 URL | まさみ #/BxImROg [ 編集]

はじめまして
いつも読んでいたけど、コメント出すのはみんなと似た意見だから、出さなくても同じだと思っていました。
考え方が結構身につまされることもあって、自分に向けられたらばっさり切られそうだから、黙って読者でいました。
でも、反発でもいいからしゃんとして欲しいかなって自分の都合だけでコメント残そうかと。
自分の意見を言葉を発して吐き出せることって、ほとんど稀だと思う。学生じゃなくなったら特に顕著に思うんじゃないかな。だから。ちょと叫びにいくのもありかと。山でも海でも親友のところでも。たった2時間くらいなら、どこも快く迎えてくれるんじゃないかな。元気分けてもらいにさ。
【2008/09/07 00:58】 URL | gaku #- [ 編集]

>愛貴さん
愛貴さんこんにちは。
最近笑うこと減ったなぁ~て思いました。
ずっと前は面白い漫画で爆笑してたり
TV番組でも見て笑ってた気がするんですけど、
最近は全然そういうの無いですね。
世の中が変わったのか自分が変わったのか
わかりませんけど、久々に笑って疲れてみたいなぁ~
泣くのはもうちょっと簡単そうな気がしますね。

話飛びますけど、お笑い芸人さんは偉大な仕事ですね。
思いっきり腹の底から笑わせて欲しいです今。
【2008/09/08 15:11】 URL | toyo #- [ 編集]

>ひかるさん
ひかるさんこんにちは。
一時期からかなり更新頻度落ちてますけど
「マイペースでいい」て言われると実はとても嬉しいです。
ありがとうございます。
自分でも頻度が落ちたの気になってまして、かなり…
かといって無理して頑張ったらダメなんですよね。
絶対止めちゃうから、ゼロになっちゃう。
ゼロにはしたくないから、細々と少しでも長く。
別に自分で決めりゃいいことなんですけどもね、
それを他人から「それでいい」と認めてもらえると、
なんだか安心するみたいですね。不思議~
【2008/09/08 15:12】 URL | toyo #- [ 編集]

>まさみさん
まさみさんこんにちは。
そのドラマ、もしかして僕も同じもの見たかもしれません。
地方のTV局でやってたものだったんですが、
日本語吹き替えで俳優は全て中国人?だと思います。
んでね、僕が見たやつもショボかったんですよ…
それもちょーど赤壁の戦い(が始まる直前あたり)で
周喩と諸葛亮らしき人物が水辺だか船だかにいたんですけど
う~ん、撮影セットがお昼のマダム御用達愛憎ドラマ並!
そもそも兵士の鎧が軽そうでしたね。槍どころか鉛筆でも刺さりそうな。
船もベニヤっぽい感じ。本当に水に浮くのかと。
脚本もかなりまったり気味でした。
あれなら三国志の漫画自分で読んだ方が速いっす。
僕の中でこのドラマの存在は全て無かったことになりました。
もし2人が話してるドラマが同じ作品だったら…
ちょーっとDVDには手を伸ばしにくいですね~
NHKの人形劇の方が僕は見たいです、全編を。
こっちの方が予算も手間も熱意もあるんじゃないかと。

今の落ち着いた感じ、僕も悪くないと思ってます。
あまり面白くは無い日々ですが、楽です。
仕事にも慣れてきましたし、親の病気はまだまだ心配ですが
ひと山越えて一段落はついてるし。
きっとまた精神的に追い詰められたり忙しくなったり
する日が来ると思うんですよね、その時まで
力を温存する時期なんだろうなぁ~みたいな。

本を読む、自分の世界に閉じ篭って楽しむ系もいいですね。
【2008/09/08 15:12】 URL | toyo #- [ 編集]

>gakuさん
gakuさん初めましてこんにちは。
うう、どうしよ、今の僕だとまいっか精神で
反発どころか受け流してしまいそうですが…
色んなことに興味が薄れたせいなのか、
めんどくさがりな面が最前列に来ちゃってます。
この布陣がなかなか崩れないといいますか。
どうしよ、この無気力病。

で、自分の中に生まれた思考や感情、
言葉や行動で表に出すのってまず気力いりますよね。
言葉に出来ない人もいるみたいですけど、僕の場合は
言葉には出来るから出そうと思えば出せるんだけど
まず出す気がない、みたいな。
まいいや、どうでもいいや、めんどくせ、ばっかりで
だったら飲み込んじゃえ、捨てちゃえ、て感じ。
叫びたいことすら無いってどうなんだろう、人として。
こんな人間からは何も生まれないと思う。

これで何となくですが、
自分が大人になったなぁって気がしてます。
決していい意味ではなく。

元気を貰うって今までピンと来ない言葉だったんですが
「え、それって貰うものなの?」みたいな。
でも今はわかりますね、貰うこともあるもんだと。
【2008/09/08 15:13】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。