僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
コマツ
割と最近の話。


バーのお客さんで来店頻度は中の下?
くらいのホストの男の子。
僕より2つ年下で、僕は早生まれだから
学年で言えば3つ下、になるのかな?
とりあえず今18歳らしい。

顔が某若手芸人?のコマツに似てたので
勝手に仮名コマツ君。
年下だからと一応僕にも敬語を使ってくれるナイスガイ。
性格は割と控えめで聞き上手なんだけど、
酒が入ると気が強くなるトラブルメイカー系。

僕とマスターとコマツ君とコマツ君の先輩ホストと
バーに長く通ってくれてる常連のおっさんという
男5人で日が昇るまでバーでぐだぐだ飲み続け
店を閉めた後でもファミレスで飲み続けた。

ゴールの見えない飲み会地獄が終わったのは
朝の11時。てかもう昼ですよね、すみません。
その日の夜にはみんな仕事あるクセにね、
てか常連おっさんなんて昼2時から仕事て言ってたよ。

解散時、常連おっさんはそのまま仕事場に向かい
マスターと先輩ホストさんは家の方向が一緒だからと
マスターのチャリに2人乗りで帰ろうとして
運悪く即効でパトカーに出くわしマイクで叱られてた。

その音声を聞いて大ウケしてた僕とコマツ君。
コマツ君の家、実は僕の地元に近くて
毎日お勤めご苦労様です的な距離。
どんだけ遠いのさ!

そんなわけで「じゃあうち泊まってく?」て話になったのね。
別に下心なんて無いですよ?別に飢えてないし~
てゆかもう、店のお客さんに手出すとか懲り懲りだし~
ぶっちゃけそんな好みでもないし~みたいな。

普通に家入れて風呂場を教えてテキトーに
着替えを渡して僕も素早くいつでも寝られる準備をして。

コマツ君のことは少し前にも同じように
うちに泊めたことが1回あって、この日は2回目だから
僕にもある程度安心感があった。
多分あっちもそうじゃないかなぁ~と
寛ぐ姿から窺い知れた。

ところが、この日はなんかちょっと違ったみたいで。

「うち相変わらずベッド1つで客布団も無いけどいい?」
「あぁ、全然いいっす!床でもソファでも!」

「キングサイズだから広さはまぁ、余裕だけど。」
「じゃあ、大丈夫なら、一緒で。」

「てか前もベッドで寝てたよね?」
「ん~多分。酔ってたからちょっと覚えてないです。」

下心なんか無かったですよ?ほんとに。
ノンケ好きだし年下嫌いでも無いけど、
でも本当に「お客さん」てのと「彼女持ち」という
2つの条件が僕の理性をガッチリ支えてくれてたわけで。
彼女いる男には興味ありませんので。

そんなこんなで帰宅から1時間も経たないうちに就寝。
外は思いっきり明るく賑やかな昼真っ只中だけど
僕の家の寝室のカーテン、分厚い遮光素材だから
部屋の中は薄暗くて眠りの妨げにはならない。
夜仕事の人間には必須インテリアの1つだと思うね、これ。

それでさ、キングサイズのベッドってさ、物凄くデカイの。
ちょいメタボな男が2人並んでも寝返り込みで
まぁ寝られるだろってくらいの広さなの。
僕なんかかなり細身で背も低いし、コマツも背は普通だけど
どちらかと言えば細身の体型。

なのにどうして僕の真後ろにコマツがいるんだと。
どうして僕の背中にコマツが密着するんだと。
おかしいでしょ?これ。おかしいよね?

そしたら僕はちょっとずつ動くわけじゃない、
密着してたら寝返りもままならないじゃん?
広い方にちょっとずつ移動するよね、寝にくいから。

どうして僕はこんな壁際に追いやられているんだと。
壁紙の凸凹が思いっきり目視出来るとか
どんだけ近いんだよ。
尚且つ背中では人の体温感じられちゃうっていう。

とりあえずじっと黙って大人しくしてるけどさ。
華麗にスルーは大人の嗜み。
って、うわぁ、ついに後ろから抱きついてきた!
これ絶対抱きついてる!ぎゃー!!

これには流石の僕も疲れた身体を起こして
超至近距離で寝てるっぽいコマツ君の頭を
「オイ、起きろ、オイ!」と言いながらバシバシ引っ叩いた。
起きたコマツ君の開口一番が「すみません」だって。

「狭すぎ。寝れねぇ。」
「すみません。」

「後ろから抱きつくのも勘弁して。」
「あぁ、すみません、なんか夢が」

ふ~ん、夢ねぇ。言うと思ったけどさ。

「そういうことは彼女にしとけよなー。」
「そうっすね、すみません。」

で、また2人で就寝。今度はもう大丈夫みたい。
てか僕がノンケにこんな説教するとは思いませんでしたよ、
コマツの彼女に実際会ったことはないけどさ、
話聞く限りじゃそこそこ長い付き合いで仲もいいらしいじゃん。

接してても普通にノンケとしか思えないから
これ以上疑いはしないけども、
あ~でもたまにわかりにくい人もいるけどさ。
ん~やっぱ本当に寝呆けてたとか間違えただけな気がする。
他に疑わしい行動も無いし、うん、やっぱ違うよね。

漫画の世界じゃあるまいし、こんな簡単に据え膳とか
そこら中にゴロゴロいてたまるかっつの。
たまたま疲れもあって理性が強くて飢えてもいなかったから
良かったけどさ~もしこっちがその気になっちゃったら
どうなってたんだろ?ちょっと気になるかも。

据え膳をひっくり返してちょっと大人になった気分。

テーマ:日記 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

案外、性欲処理できたらどっちでもいいみたいな人って多いのかもね。最近の子はドライみたいだし。
もしくは、抱き枕が無いとなかなか寝付けないタイプだったのかも(笑)
【2008/11/04 13:57】 URL | 輝 #- [ 編集]


うちの子供達みたいだww
平気でダンナに抱きついて寝てたりするんで
心中複雑になりつつ剥がしています。
男子も女子も無防備過ぎ!
まあ小中学生とホストさんでは
意味が違うかもですけど。
「屈託のない」人なのかも?
【2008/11/04 22:37】 URL | toma #mQop/nM. [ 編集]

こんばんわ☆


ノンケの人って本当にそういうとこあるんですねぇ!?
なんだか無意識に…みたいな?


自分的にコマツ君を可愛がってあげてほしいです(^ω^)
多分toyoさんの雰囲気にいい感じに飲み込まれちゃった一人だと思いますよ☆


正直全然知らないし、初登場ですがなんか親友さんに似てる気するんですよねぇ…いや、本当どこがとか言われるとわかんないんですけどっ!違ったらすいませ
ん!!



とりあえず、またコマツ君の話、聞きたいです(´∀`)
彼は楽しそうです★
【2008/11/05 23:19】 URL | りさ #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんにちは。
そういう人はいますよね、てか僕もそっち系だし
僕以外にもそういう人と出逢ったこともあったし。
気持ち良ければやりたいことが出来れば
性別に拘らない雑食的な、アバウトな人。
抱き枕もねぇ、わかるんですよね、僕のベッドも
クッションだらけなので。寂がりの癖だって聞きましたけど。
【2008/11/06 12:48】 URL | toyo #- [ 編集]

>tomaさん
tomaさんこんにちは。
僕も子供の頃から何かに絡み付いて寝てましたよ。
とりあえず股の間に何か挟んでないと眠れない。
子供の頃は一緒に寝てるばあちゃんの太い足に絡まってました。
でも寝る時の癖って人間だけじゃなく、動物にもあるんですよね。
うちの猫は枕的な物に頭を乗せていつも寝てたり
身体を丸める向きがいつも時計回りの方向だったり。
【2008/11/06 12:49】 URL | toyo #- [ 編集]

>りささん
りささんこんにちは。
ん~多分他人と同じ場所で眠る経験が少ない人だと
こういうことってあまりないと思うんですけど、
僕は昔から友達がよく家に泊まりに来てたので
結構ありますよ。男でも女でも。
本気で夢見て寝呆けて彼女と間違えられたこととか
何の夢見てたのか知らんけどいきなり髪鷲掴みされたりとか。
僕は寝相が優等生なのでそゆことしないらしいんですが…
夢の中で唾吐いて、それが自分の顔にかかってびっくりして
起きたことがありましたが人に迷惑はかけてませんね。

コマツ君、元々人懐っこくて先輩に可愛がられるタイプぽいです。
人懐っこいとこは確かに似てるかも、基本いい奴だし。
でもタクほどバカっぽくは無いかな…て印象です。
あいつはバカっぽいじゃなくて本当にちょっとアレですけども。
さっきも電話で「ねートントンて英語でなんて書くの?」とか
意味不明なこと聞かれて「TONTONだ」て答えたんですけど…
【2008/11/06 12:50】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。