僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
没記
※没記シリーズについて

このブログの主は書ける時に書けるだけ
記事を書いて、ある程度記事をストックしてから
多くても1日に1記事のみUPというスタイルなので
当然、日の目を見ずに流れてしまう記事も出てきます。

そんな記事達を「没(ボツ)になった記事」略して
「没記」と呼んでいます。読みは「ぼつき」ですが何か。
真ん中の「つ」を小さく読むのはお好みでどうぞ。

没記全般の傾向と特徴として
・タイムリーの真逆をいく旬をとっくに過ぎた話
・大体解決済
・全体的に意味不明なまま無修正
・若気の至り炸裂
・記事制作時期は基本、記事の出来事の当時

です。時代はエコです。ビバ再利用。


魔が差した時の話。

その日は特に異常も無い普通の日だった。
親友は居候を卒業し自宅に帰り、
僕は人知れず彼氏と破局を迎え、
サトルは相変わらず居候王子のままだった。

灯油が高いので石油ストーブの使用を控え
エアコンの暖房だけで乗り切ろうとしていた寒い夜。
僕の家は1階が筒抜けになっている鉄筋構造なので
底冷えが半端じゃない。
当然ベッドも床伝いに冷却されてしまう。

いつも隣に寝る彼がバイセクシャルだとは
かなり前に本人から聞かされた話。
僕がするような深刻な告白ではなかった。
「気持ち良ければどっちでもいいかな」程度の告白。

先に手を出したのは僕からだった。
背中を向けて横たわる彼の肩に手を置いた。
肩を痛くない程度の力でしっかり掴んだ後に緩めて
二の腕の筋肉を確かめるように撫でた。

「何?」と彼が振り返る。
仰向けになった彼の両肩を掴み、僕の上半身を
密着させるように被せて抱きついた。

「寒い。」
「何だよ、気持ち悪いな。」

「お前男でも平気って言ってたじゃん。」

彼は何も答えなくなった。
真っ暗な部屋で顔は見えない。
2人共動かないままだから音も時計の針のものだけ。
衣擦れの音ですら部屋に響くような緊張感と静寂。

僕の顔は彼の顔の横に伏せてあった。
彼の耳元や彼の枕に埋まる様な位置。
彼の顔は僕の耳元に僅かに息がかかるぐらいの距離。
とても近いけど目線は決して交わらない。

彼の背中に腕を通してぎゅっと抱き締めた。
背中とベッドの間に強引に割り入るつもりだったのに
彼の方から少し身体を浮かせて腕が通る隙間を作ってくれた。
この時「いける」と確信した。

唇に一番近い場所、耳と首筋に食い付いてみた。
この時は流石に彼も慌てて「ちょっと待て」と僕を呼び、
勢いを削がれ面倒臭そうに「何」と愛想の無い返事。

「マジで?」
「うん。」

彼は断らなかった。僕も何故か強気だった。
当たって砕ける勢いだけど、砕けるなんて思ってない。
僕はもうその先しか考えてなかったから
計算も何も無い、性欲と妙な自信だけが原動力。

彼の手が下から伸びて、僕の頭を後ろから
抱え込むように押さえつける。
真っ暗な中で僕の舌は彼の舌の感触を感じ取った。
暗過ぎて何が何だかわからないのが勿体無く感じた。

僕の手の1つは自分の身体を支える為、
彼の手の1つはキスの為、残る2つの手は
お互いの身体の隙間を忙しく行き来していた。

好きなように好きなだけ触りまくる2つの手が
途中でぶつかることもあった。
明かりが無い世界で闇雲に感触を拾う、
手の感覚だけが頼りの勝ち負けの無い勝負。

この時点で既に相当気持ち良かった。
相手はどうだか知らない、僕だけはやたら興奮してた。
いつもと違う、と自分でもわかるくらい。

多分、昔から知ってる奴だからだ。
幼い頃から知ってて昔のイメージもあるような、
昼の顔に慣れ親しんだ人が見せる特別な時の裏の顔、
夜限定の姿というものに僕は異常な執着があるらしい。

最中もずっとそんなことばかり考えては
興奮を滾らせ続けていた。
ガキの頃はあんなだったのに、今じゃこんなことに、
昔はこんなことしてたのに、普段はこうなのに、等々。
このギャップが好きなのは何フェチと呼ぶんだろう。

彼は上にいた僕を横に寝かせ、僕のパンツと
寝巻きのスウェットを一気に引き摺り下ろした。
先に舐めてもらえるのは素直にラッキーだと思った。

相変わらずの暗闇。口の中の温かさや柔らかさは
感じられるけど、やっぱりこれは勿体無い気がした。

「TVつけていい?」
「見えないのも面白くない?」

「う~ん、出来れば見えた方が。」
「どうぞ。」

暗闇を切り開いた深夜の陽気な通販番組。
内容も商品もどうでもいいから音だけは消して
照明器具としての役割をTVに求めた。

TV独特の青白い光の中に照らし出された
男前の幼馴染が見慣れたちんぽをしゃぶってた。
昨日まで考えられなかった、異常な光景に
更に興奮が高まっていく。

うわぁ、舐められてる!しかもこいつに!
こんなエロいことする癖に普段はあんな普通で、
というのが僕は何よりも好きで興奮するんだと
この時初めて気付いた。

一線越えたついでに新しい性癖の発見までしちゃったか。
しかし何とも表現し難い性癖、何フェチ?
ギャップフェチと言っても微妙に何かが違う。

ずっと舐めてもらうのも申し訳無いので交代した。
こんな状況になっても、どんなに興奮しても
この時の僕は1つの大きな理性を抱え手離さなかった。

あくまでノンケを演じなきゃ、少しでも。
最初からゲイだったとバレてはいけない、
ノンケが人肌恋しさから血迷った的な
シチュエーションで貫き通す。

だから今までの経験は全部意図的に忘れた。
まるでフェラなんて初めてですよ、的な雰囲気を
忘れないように意識していた。
不慣れを装うような小細工は演技過剰だろうと思って
なるべく自然に、普通にって。

僕はノンケなんだよ、それが今
未知の世界の扉を開けてます、みたいな。
これを自分に強く言い聞かせていた。
こんな時でもこうなのは、笑えるけど僕らしいと思う。

どんなにフェラの上手い女がいても、
やっぱり男には敵わないと思う。
女の達人が男の普通くらい?
でも、僕も彼も口と手だけじゃ終われそうになかった。

流れの指揮は全て彼に委ねていた。
だって僕はノンケってことにしてるもん、
これが初めてってことにしてるもん、
初体験の子が率先して動いたらおかしいでしょ。

最後はお互いセルフで抜くことにした。
片手で相手の身体を抱き支えながら
抱き寄せながら、キスをしながら。

ティッシュが見当たらなかったので
枕カバーの代わりに使っていたボロいタオルを
ちんぽの上に被せて発射準備OK。
このタオルは使用後に即洗濯機の中へ。

「えぇ~捨てない?普通」と彼は文句を言った。
正直捨てたいけど勿体無いじゃないか。
洗った後は雑巾にでも使えばいいじゃないか。

僕の貧乏性に、彼は呆れながら笑ってた。
この日の夜はそのまま普通にすっきり就寝。
朝起きても2人の態度はあっさりしたものだった。
翌日の夜、今度は彼から僕に手を伸ばした。

2度目は本番アリだった。
僕はノンケで未経験という嘘設定を頑なに通したので
彼が気を利かせてタチ役を譲ってくれた。

まさか幼馴染のカマを掘れるなんて、
昔の僕が知ったらびっくりするだろうな。
この時、ネコ役を艶やかに務めた彼にハマった。
とても気持ち良さそうに快楽を欲する彼が眩しかった。

3度目は僕がネコになった。
「大丈夫、痛くないから」という彼の言葉を
素直に信じてノンケらしく全てを委ねた。
確かに痛くなかったけど、まだ気持ち良くはなかった。

4度目のネコ役で、ついに開発されちゃった。

テーマ:ちょこっとエッチ - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

開発て…。ビデオのキャッチコピーですか(笑)

ギャップフェチって言うかギャップ萌え?

しかし人生どう転ぶか分からんね。
昔馴染みとそういう関係になっちゃったら、興奮するか逆に冷めるかのどっちかしかないかもね。
経験してみたいような、みたくないような…。

でも、入れた経験のある人はアソコの具合で経験済みかどうか分かるらしいから、もしかしたらノンケ設定もばれてたかも?


【2008/12/02 12:52】 URL | 輝 #- [ 編集]


そんなことがあったんですか!
結構な衝撃でしたw
僕にとっては没にするのはもったいない記事のような気もしますね
【2008/12/02 15:44】 URL | 吏人 #- [ 編集]


やっと追いつきました....。
PCの前で泣いたり、爆笑したり、ちょっと危ない人になりながら。

>思い切って1年くらい飛ばして...
飛ばしませんよ。勿体無くて。

>暇潰しにはいいかもしれないけど…
暇じゃないです。睡眠時間削りました。

私も一人息子とすごい確執があるから、感情移入してしまうんです。
幸せになって欲しいって切に思ってるんだけど、優しいお母さんになれないんですよ。
本当に難しいです。

さて、ようやく辿り着いたのがココっていうのも、ビックリでした。
あの記事とあの記事とあの記事とあの記事が繋がって、こうなるのねと.....。
昨日、おととい、と読んだ記事が鮮明に蘇りました。
読者の方々、鋭いですね。
私は分かんなかった。

彼は、とってもドライな方って印象があり、toyo君はちょっとウェット(絶対にトイレって思ってないんじゃないかと....)って気がするので、toyo君が傷つかないといいなと思います。

たくちゃん(←スミマセン、馴れ馴れしくて)にバレても....って、コメントがありましたが。
u----できれば知らせないであげてほしいです。
慣れない土地で凹んでるところに、ダブルパンチは キツイ。
toyo君に依存してる部分が大きいけれど、「toyoも俺じゃなきゃダメだ。」って思ってるんじゃないでしょうか。
疎外感とか、無力感とか、矛盾とか、すごく悩んで葛藤して、のたうちまわっちゃうような気がします。(杞憂だといいのですが。)

toyo君にも絶対に幸せになってほしいです。
とりあえず、お仕事頑張ってください。

長々とお邪魔して、申し訳ありませんでした。
素敵な人生の一コマを読ませていただいて感謝してます。
また、過去ブログに訪問させていただきたいと思ってますが、適当にスルーしてください。

【2008/12/02 18:55】 URL | R #H9HwI7aA [ 編集]


やっぱりそうだったか(笑)
なんとなくそうなんだろーなーって思ってたw

toyoくん意外と大胆!
意外とはよけいかな?

そっか、そっか、開発か。
されたいなぁ~(笑)
【2008/12/02 21:54】 URL | なよ #3SDog/2w [ 編集]


やっとこの話が日の目を見る日が来たのですね。
といっても知ってたわけじゃなくて想像してただけですが。

恋愛や一夜限りとかそういうのじゃなくて
もともと知っていた人、幼馴染とか本当にただの「友達」だった人と
関係性がくるりと変わってしまった体験
ありますね~
だから、その「ギャップ萌え」ってなんかわかる気がする。

この人ってこういうときこんな顔するんだ~って言う秘密を知ってしまったような
探究心とか好奇心が満足させられるような快感。
興奮。


いや、もちろん結婚前の話ですけど。

【2008/12/03 00:03】 URL | toma #mQop/nM. [ 編集]

やっと・・・
サトル君との関係がアップされたね(笑)
ずっと前から絶対こんな関係になってるって確信してたよ(^^)
ギャップフェチかぁ・・・
toyo君の気持ち、よく分かるな~☆
俺も普段の姿を良く知ってる奴と一人だけそんな関係になったけど、奴とのSexが一番燃えたよ(笑)
ぜひ続きを!
【2008/12/03 00:56】 URL | 洋介 #74xukW82 [ 編集]


正直、気持ち悪いです。
こんな記事を読むと、貴女に腐女子疑惑があるのは、あながち嘘じゃないのかな?と思ってしまいます。
【2008/12/03 01:20】 URL | サル #dS5vVngc [ 編集]


はじめまして!
毎回楽しく読ませてもらってます。

前回の記事の他の方へのコメで
プライベートの友人がバイト先に来るのはイヤっていう意見、私も賛成です!
その場所によって自分のキャラって微妙に違う気がするので…
自分にしかわからない些細な変化ですけど(笑)
ちなみに私も外で会ったら絶対自分から話かけない派です!これは単に自分から話しかけるのがめんどくさいからです…

友達と寝てもそのまま友人関係続くならそれも良い関係だと思いました。






【2008/12/03 02:14】 URL | サオリ #- [ 編集]

んー?
最初この記事よんだとき頭に?がいっぱいになりました。

どーゆうこと?
まさかサトルさんとそんなことあったの?

皆さんのコメント読んで改めて真意が分かり(本当はtoyoさんの文章で察すれば良かった…理解力なくてすいません汗)
思い返してみたらなんとなくそんなこと過去に書いてたかも…と実感。まぁサトルさんは男もいけそうだなって思ってたなぁ…。再会読んでおぉっ!久々だっ!って興奮してた私ですが実は2人共内心ドキドキ、バクバクだったんじゃないですか?!


恐るべし、没記。

(ちなみに私は小さい「つ」で読ませてもらってます笑)
【2008/12/03 10:20】 URL | りさ #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんにちは。
すみません、貧困なキャッチコピーしか浮かびませんで。
約1年前のtoyoさんに厳しく言っておきます。
でも本当に開発って感じだったんだYO!

多分ギャップフェチだと思います、昔からそれは薄々
自覚はしてたと言いますか。もう一つ言うと秘密フェチもあるかと。
人には色んな顔があって、みんな日常で使い分けてて、
その中でも知る人の少ない顔=秘密を見た時にこう…
グッとくるようです。その人を支配した気分になれるのかな。
反面、冷めるっていうのもちょっとわかります。
極端にいきそうですよね、これは。

どう転ぶかわかんないものだと思います、人生本当に。
でも話の流れで普通に「気持ち良ければどっちでもいい派」
なんて教えてもらっちゃったらねぇ…
「これいけんじゃね?転がるんじゃね?」とか思うはず!
最初は絶対バレたくないと考えてた記憶がありますが
確か2回目くらいからどうでも良くなってた気がしますね、
今なんてもうバレバレでもいいですよぐらい。ビバ開き直り。
もうね、気にしてもしょうがないなと。僕も1つ悟りました。
【2008/12/06 10:49】 URL | toyo #- [ 編集]

>吏人さん
吏人さんこんにちは。
これ多分、去年の話だと思うんです。
出来事は覚えてるんだけど、時期がもう
ハッキリしないと言うか覚えてないというか。
どんだけ放置してたんだよって話ですね~

当時も確か、ここまでハッキリ書いてはいないけど
どっかでちょいちょいうっすら書いてたような気が
しないでもないけど、自分で確認する気はナッシング。
完全に終わった話だからぶっちゃけられるんですよね、
今だから言えるけど的な。
【2008/12/06 10:50】 URL | toyo #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんにちは。
追いついた時の挨拶で適切なものってなんでしょうか?
とりあえず「お帰りなさい」で。
そして睡眠時間は削っちゃダメなのです、寝てください。
暗い所で読むのもダメですよ?目に優しくないのです。

僕は両親に対して「優しい」という印象は殆ど無いですが
それでも悪くないと思ってますよ。今だからそう思うのかも。
優しくなくてもいいよ、人一人を大人にするのに絶対
莫大な時間と金がかかってる、それだけで充分親だ。
て、僕は思ってたりします。

彼は人懐っこい顔してウルトラドライだと僕は見ています。
対する僕はかなりウェッティな性格という自己分析。
そんで結果的に傷付くことが多かったので
全部無かったことにして流して時を経て今に至る、て感じ。

タクに知らせないであげて、とは…
「アイツとやっちゃいましたが何か?」的なこと?
それなら少なくとも僕から教えることは絶対ありえません。
言う必要も無いし、出来れば知られたくないし。
気マズ過ぎます。どんな顔して同窓会に行けばいいのかと。

過去記事へのコメントもスルーはしませんのでどぞどぞ~
一応今のところ、全部チェックして返信してるはず、です。
今更スルーとか僕的に不可能なんです。気が済まない!
【2008/12/06 10:51】 URL | toyo #- [ 編集]

>なよさん
なよさんこんにちは。
うん、えっと、この時は大胆だったようですね。
もうハッキリとは覚えてませんが当時書いた記事
(上参照)チラ見したら、なんかそんな雰囲気っぽい。
ダメ元っていうか、半分ヤケクソっぽいですね。
そりゃ横に好みのタイプが無防備に寝てて
アウトじゃないって知ったらねぇ、いくでしょ。

この記事書いた時点では確か、まだそんな、そこまで
相手のこと好きとか思ってなかったと思うんですよね~
精神的にも開発されちゃって後々僕が困るわけですね。
受身に対する苦手意識を吹っ飛ばされて開発です。
【2008/12/06 10:53】 URL | toyo #- [ 編集]

>tomaさん
tomaさんこんにちは。
わかりますか、そうですか、ですよね~
秘密萌え、もわかります。わかりますとも!
わかるわかるばっかで他に言うこと無くなっちゃったとか
どうしよ、困った困った。

この記事自体、書いたの全然最近じゃなくて
記事に書かれてる出来事当時にリアルタイムに、
だったと思うんです。多分、それくらい。
だから約1年くらい?熟成させちゃってるので
若干腐りかけてますね~よく見たら今じゃ
出てこなさそうな表現とかしてるもん。
【2008/12/06 10:53】 URL | toyo #- [ 編集]

>洋介さん
洋介さん初めましてこんにちは。
そこまでがっちり隠す気も当時はなかったようで
気付く人は気付いてるって感じみたいですね。
もうずっと前なんですよね~
僕も親の病気とか仕事があったりして忘れてました。

久々に相手と再会してちょっと思い出したけども
もうこういう展開にはならないんじゃないかなぁ…と。
なので続きはかなり無理があるかと思います。
僕も今は何とも思ってないし、さらっと流し終えちゃってるし。
ただ、この時書いた似たような記事がわんさかたんまり
記事倉庫的な場所に眠ってたりします、これまだマシな方。
在庫処分、どうしよ…みたいな。
エロや鬱の記事は没にしたくなるものです。

普段の姿を知ってる人、イイですよね~燃え萌えです。
何となく悪いことしてる気分になれるのがまたイイわけで。
しかし不倫のように訴えられる相手はナシ!お得です。
【2008/12/06 10:54】 URL | toyo #- [ 編集]

>サルさん
サルさん初めましてこんにちは。
気持ち悪いですか、そうですか。
で?
【2008/12/06 10:54】 URL | toyo #- [ 編集]

>サオリさん
サオリさん初めましてこんにちは。
僕の変化も恐らくそうだと思います、本人にしか
わからないような些細な変化、程度だと。
他人なんてそこまで自分を観察してるものでもないし
自意識過剰かな~とも言えるんですが、
でも気になりますよねぇ…こちらとしては。
めんどくさいのもわかります、僕も同じです。
それが一番大きな理由です。
だからいつまで経っても友達少ないんです。
【2008/12/06 10:55】 URL | toyo #- [ 編集]

>りささん
りささんこんにちは。
多分去年の記事ですからわけわかんなくて当然かと。
こちらも申し訳ないです、読む方も1年も前の話なんて
覚えてねーよって話ですよね!僕も忘れてましたし!
どーせみんな忘れてるだろうと思って気楽にUPしたんです。
今現在、再会していきなりこんな関係に
発展したわけじゃありません。

僕とは種類違うけど、バイだって本人から聞きました。
僕は全然教えてないんですけど、ずっと嘘吐いたまま。
それ聞いた瞬間、内心「チャンス!」と思ったのも
今だから言える話ですね~

再会した時も実は今から1ヶ月近く前になるんですけど
ん~なんかどっちもHのことは無かったことにしてたような…
そんな雰囲気だった気がします。
それより金の話ばっかされてた気がします。

僕は気まずくてちょいドキバクでしたが
あっちはどうだったんだろう?話してて気まずさは
感じられなかったんだけど、そういうの隠すのも上手そう。
今だからここで言えますが、
僕はカツアゲされるかもと思ってビビってました。
更に今だからここで言えますが、
没記の9割がエロと鬱仕様でございます。
【2008/12/06 10:55】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。