僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
正面1
ある日少し酒を含ませながら2人で話をしていた。


最初はお互いの仕事についてだった。
主にサトルが暑苦しく語り、僕はこくこくと頷いて。
最近になってわかったことがまた1つ。
僕の彼氏は意外に熱血漢だったということ。

僕は自分のことを一見クールだけど
内側で地味に燃えてるような炭火系かな?
なんて思ってたけど、いやいや全然!
サトルの熱さに比べたら僕なんて人肌でしたすみません。

彼は仕事の話になると一番熱くなるようだ。
その次は恋愛観や人間関係の話?
いや、将来の話や夢の話もかなり熱いね。
普段はなかなか見せないけど、酔った時ぐらいか?
情熱がこんなにわかりやすい男だったなんて知らなかった。

最初は彼が自分の仕事の話を熱く語ってて、
その後彼の将来の夢みたいな話だったかな、
この時の彼はまた一段と暑苦しくてちょっと可愛い。

将来の明確なビジョンも無く野心も無い僕は
ここでいつも無口になってしまい
彼に「男としてなっとらん!」とダメ出しを受ける。
ここまではほぼ恒例。

彼は「男に生まれたなら常に高い所を目指すべき」的な
いわゆるビッグ志向だから、ん~暑苦しい。
野心の無い男は男の風上にも置けない!ってか~

だらしない奴なのかと思ったら、仕事に関しては
そうでも無いらしくプロ意識に拘ってるように見える。
彼の後輩さん達もちょろっと言ってたもんね、
「サトルさんは仕事が丁寧だけど、その分厳しい」って。

彼に言わせると僕は向上心競争心闘争心が
著しく乏しくとにかく「男としてダメ」から始まる。
もう同業とか全然関係無く普通の全否定。
こんなときの僕は黙って頷くだけの完全聞きモード。
そして笑顔でさらりと受け流す。

「トヨは自分の長所と短所ちゃんとわかってる?全部言える?」

う~ん、短所は言えると思うが正直ちょっと自信無い。
彼曰く、これが出来ない奴は水商売やめちまえ!らしい。
きっとそうやって後輩を説教してるんだ、
その光景が目に浮かびそうだ。

「短所なら言えると思う、多分。」

「じゃあ言ってみて、今。」
「え、えっとぉ~」

暗い、華が無い、面白く無い、短気、面倒臭がり、
厳しい、協調性が無い、人の輪が嫌い、口が悪い、
頑固、薄情、無愛想、仕事以外で時間にルーズ、
背が低い、ちょっと神経質、声が小さい、覇気が無い、
えっと、えーっとぉ~これくらいでいいすか?

「他には?」
「他?」

「そういうのも全部ひっくるめて、一番ダメなとこは?」

えぇ~全部ひっくるめて?ナゾナゾかよ、わかんねぇ~

「ダメだわかんね!てか普通、自分のことなんて
 自分じゃわからないもんじゃない?灯台下暗し的な。」
「水商売は普通の人レベルじゃまともに出来ない仕事だから
 お金が沢山貰えるんです!」

おおぅ言い返せない。

「人気商売なんだから売り物の自分ぐらい把握しとけ、
 自分の何が良くて何がダメなのかぐらい
 説明出来ないようじゃプロ意識足りてない。」

ぐはぁ言い返せない。

「お前は何だかよくわかんないモノをあんな高値で
 客に売ってんのか?て話になるでしょ。」

はいごめんなさい。

うぅ、そう言われるとぐぅの音も出ません。
食品や製品なんかだとん、売り手が売り物を
よくわかってないとか無責任だって言われるね、うん。
お金を貰ってる以上はそれと同じって話ね、なるほどね。

あぁ~言い訳してぇ!俺はホストじゃないんでー
バーテンダーだからあくまで酒作るのが仕事でー
技術がメインの売り物なのでーみたいな。
でもこれ言ったら絶対倍返しを食らいそうだから黙っとこ。

「どうせホストとバーテンじゃ違うとか思ってんだろうけど
 トヨの存在を目当てに来る客がいるんだから同じなんだ。」

ほらね!良かった黙ってて!でも黙ってたのに倍返しかよ。
なんなの?なんでわかった?エスパーかお前は。
もう謝っちゃおうかな、とりあえず謝っちゃおうかな。
余計説教増えるかな、でも自分のことなんかわかんねぇし。

「ごめん、よくわからん、自分のこととか。」

「トヨの1番悪い所は素直じゃない所。
 2番目が自分をよくわかってない所。
 3番目は自信無さ過ぎ、すぐ諦める、メンタルが弱すぎる。」

3つも教えてなんて頼んでませんけどね、僕。
よく見たら3つ目はお得な3セットになってるし。
掘り下げたらもっと言われそうな気がするくらい
スラスラッと3つ答えてくれちゃってさぁ、
普段から考えてたんですか?僕の欠点を。

素直じゃないから人に褒められても否定するだけで認めないし
欠点を教えてもらってもちゃんと聞かずに
実は自分好みの欠点しか認めないとか!
うわぁ、俺が一番嫌いなタイプの人間そのまま~

人嫌いも本当は好きなのに「好きじゃない」と言い切って逃げて
追いかけてもらうのを待って、追いかけてもらえなくても
「好きじゃない」と思い込むからそんなに傷付かないとか!
うわぁ、俺が一番バカにしてきたタイプその(以下略)

本当はそんなにダメじゃないかもしれないのに
やる前から勝手にダメだと思い込んで何もしない。
負けるのが絶対嫌だから勝負は全て逃げるとか!
うわぁ、情けないけどこれは認める。

そんな自分を情けないと思わないなんて
自慢気なニートと大して変わらないとか!
うわぁ、俺が一番生きてて恥ずかしいと思うタ(以下略)

本当は自分でも情けないと思ってるしわかってるけど
それを認めたフリして自虐的なギャグにして逃げてるとか!
ついでに自分で自分のことわかってるつもりになって
勘違いしてるとか!
うわぁ、俺が一番(以下略)

説教は続くよどこまでも。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。