僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
秋葉原2
真夏の秋葉原へ冒険の旅に出た僕ら。


休日たっぷり遊び倒してやろうと思って
夜型なりに早起きしてみたものの
真夏の昼間にドア開けて出て2秒で激しく後悔。
陽射に挫けて涼しくなる夕方から出ようと作戦変更。
だって夜型ですもの。

そして夕焼けがほんわりしてきた時間帯にいざ出陣。
僕の家から秋葉原はちょい面倒臭い距離だったりするんだよね、
電車1本じゃ済まないし。これで昼間の猛暑攻撃も食らったら
僕らマジで死んじゃってたね♪なんて暢気に電車で喋ってたり。

ところが。

無事秋葉原に着いたものの、僕の調査不足のせいで
噂の場所が全くわからず、ていうか秋葉原なんて
2人共全然来た事無いから地理もさっぱりだわ
土地勘も全く無いわで2人で完全に迷ってしまった。
冒険は計画的に。

「ルイーダどこぉ~」
「やべぇわっかんねぇ~てか秋葉原わかんねぇ!」

「駅があっちにあって~こっち側がオタクの聖地でいいの?」
「なんか聖地って言うほどオタオタしてなくない?」

「うん、普通の会社とか普通の電器屋とか多いよね。」
「だよね、普通だよね。なんで?」

こんな調子で完全に2人で迷子状態で歩き続けて数時間、
ていうかこの歳で大人2人で迷子とか恥ずかしー!
足も疲れて気分も沈んで何とか勘だけを頼りに
駅に向かう途中、2人が同時にある店を発見。

「こんな所にもパチンコ屋が。」
「嫌だよ、俺は等価の店じゃないとやりたくない。」

「えぇ~いいじゃんちょっとだけ!」
「えぇ~じゃあちょっとだけ。」

最近サトルの「いいじゃんちょっとだけ」に滅法弱くなったなぁ、
どうせ言っても聞かないしね、いつも根負けしちゃうしね。
しかしマジで僕逆らわなくなってきたんだけどどうなの?
いいの?僕はこのままで大丈夫なのか?

でもなぁ、パチは長丁場になることもあるし
腹も減ってきたしなぁ、喉も渇いたしなぁ、
わざわざ秋葉原まで来てパチだけやるってどうよ?
もし負けたら僕は絶対涙出る展開。

「いや、やっぱ後にしようよ。ルイーダは諦めて
 とりあえず先に飯食おう、腹減った。」
「わかった、じゃあ飯の後パチね。」

どうやら彼はパチる気満々らしい。
そこだけは譲る気が無いってことはよくわかった。
これもまた最近気付いたことだけど
サトルは物事にハマるってこと自体が珍しいんだけど
一度ハマるとブームの火が長いっていうか。

一言で言えば熱しにくく冷めにくい、みたいな。
そして一度火がつくと一途に燃え続けちゃう感じ。
恋愛もそうだったらいいんだけどなぁ~どうだろ?

僕も程度の差はあれそんなに飽きっぽい方じゃないから
2人で足並み揃えてまったり長続きがいいなと思う今日この頃。
しかしドラクエはいいとしてパチはギャンブルだからなぁ、
ハマるっていかがなものかと。

「サトル、最近パチとかゲームとか随分ハマってないかい?」
「そぉ?1人の時は全くやらないよ?どっちも。」

「あれ、そうなの?」
「そうだよ、お前と一緒の時だけ。トヨなんかもっとじゃん、
 お前1人でも打ちに行くし、ドラクエもやり込んでるし。」

どうやら僕の方がダメ人間に近いらしい。ぎゃふん

テーマ:日記 - ジャンル:恋愛

TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。