僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
修羅場5
前記事の続き。


その後タクの部屋に戻ってまだ少し片付けが残っていたので
これは3人でやってしまおう、ということに。
そんなこんなで完全に片付けが終わったのは
深夜を回った頃だった。

片付けが終わっても何故か僕もサトルも
「帰ろう」とは言い出さなかった。
僕は彼が言うだろうと思ってたんだけど、
彼が言わなかったからいいのかな、って。

タクが気を遣ってくれて大量にビールとつまみを買ってきた。
サトルはこれに大喜び。誰よりも早く缶を開けぐびっといって
つまみも片っ端から封を開けて口に運んだ。
大変な一日だったからなぁ、ちょっとした打ち上げだね。

彼女と2人で何してたの?と聞かれた。
僕はありのままを語り2人の笑いを取った後に
そっちは2人で何してたの?と質問返し。

サトルの説教の後、基本的には黙々と作業をこなしてたけど
でもちょっと喋ったんだって。おぉ~いいじゃないの、どんな話?

「サトルがベタ惚れだって話をね、ずっとしてたよ。」
「そりゃお気の毒に。」

あははは何が悲しくて自分が修羅場った直後に
他人の惚気を強制的に聞かされなきゃならないんだ。
さとぴぃ、そこもうちょっと配慮してあげてYO!
でもこっちもしんどかったからね、そんなに同情してやらん。

もういつ帰ってもいい感じだったんだけど、
何となくタクから帰って欲しくないような
独りになりたくないようなオーラを感じて
結局その日は朝まで3人で飲み明かすことにした。
サトルも文句言ってこないからきっと大丈夫なんだろう。

タクは翌日も仕事だから本当は寝たいんだけども
こんなことがあったんじゃ眠れる気がしないとかで
一睡もしないで仕事に行くつもりらしい。
翌日も仕込み担当で早く帰れるからそれから寝るって。
ん~折角だから朝飯作ってやろうかな?

「明日の朝ってもう今日だけど、本当は何時起き?」
「朝7時に起きて、8時半に店行く。」

「じゃあ朝飯作ろうか、簡単なのでいいなら。」
「マジで!」

財布持って僕だけ24時間スーパーに行こうとしたら
結局2人共ついてくるって。寂しがりかよ。
すっげぇ久し振りだよね、3人で買い物なんか。
懐かしいなぁ~ちょっと楽しくなってきた。

さて何にしようかな~おぉ秋刀魚が安いな、
タク家で焼けるか?やっぱ無難に鮭の切り身にしとこ。
後は豚汁でも作っておくかな~夜も食えるし。

と思ったら後ろでタクが鼻くすんくすんさせてた。
号泣ではないけど、え、なんで涙目?!

「どしたの?」
「うん、ね、今日さ~あんなことあって、飯作ってくれるって
 トヨがすっげぇ優しいなって思ったら涙出てきた。」

あんな強烈な女と同棲出来てたお前の方が優しいよ。

「飯なんていつも作ってんじゃん。」
「うん、そうなんだけど、なんかね、」

鼻水をずずーっと勢いよく啜ってヘラヘラと
力ない笑顔を振り撒いていた。
やっぱり今は独りになりたくなかったのかな、
そんな本音が読み取れそうな空元気。
この直後タクがアホな発言かましたのも印象的。

「どうしよ俺、トヨのこと好きになっちゃいそう。」

ん~~~~!ちょっと待てと。前の僕だったら
絶対この後の展開とか考えたと思うよ。
でもどーせ本気じゃないんだろ?そんで僕が傷付くの。
冗談でも言っていいことダメなことあるんじゃないですかね。

一体何なの最近、僕が好きだったってこと
完全に無かったことにしてんのか?したいのか?
てゆかサトルも一緒にいる場面でこの手の冗談も
ある意味いい度胸してるね。
あ、タクが今それに気付いた顔した。

「ごめんサトルいるの忘れてた。」

素で忘れてたんかい。いなかったら何なのさ~
疲れてるんだよね、そうだよね。
明日はゆっくり休むといいよ。
一方忘れられた男サトルは

「こんなバカで不細工で貧乏な奴に
 俺が負けるはずがねぇ。」

いつも通りハッキリ言い切った。
でも、あの、こんなこと言ったら怒りそうだけど
不細工どころか僕の好みどストライクなんだけどな、
収入も僕の方が少ないしついでにちんこもデカイのよ?
でもでも、今は負けてないよ!圧勝圧勝♪

タク家に戻った後、僕だけ朝食の下ごしらえをしながら
他2人は飲み直しで再び酒を手に盛り上がっていた。
でも決して凄く仲良し、とは見えない雰囲気。
どこか少し他人行儀。

サトルは気に入った人と話す時、やたら距離を詰めて
相手の顔をじっと見ながら話す癖がある。
その時気に入ってるレベルによって
スキンシップの頻度にも差が出てくる。

会話は普通に滞りなく進んでるんだけど
サトルの密着癖が全く出てないからある意味
“営業モード”みたいになってるんじゃないかな。
むぅ、サトルなりに壁作ってるのか、タクに。
タクは気付いてるのかな、気付いてても気にしないかな?

朝まで飲み明かし語り明かしたことと言えば
やっぱりタク元彼女の話を含んだ恋話。
最初は気を遣って敢えて避けてた話題だったのに
寧ろタク本人が積極的に語ってた。

俺等も何気に若いっすねぇ~
ガールズトークってこんな感じなんだろうか?
こっちはボーイズトークですけども。
野郎3人で愛とか恋とか語っちゃってんの~!ぎゃああ
甘酸っぱ過ぎるYO!僕多分こういうの苦手っぽい。

でもタクとサトルはこういうの好きっぽいね、なんかね。
えらい盛り上がりようだもんなぁ、特にサトルが暑苦しい。
いや、黙って聞いてりゃサトルのは殆ど惚気だな~

俺達はこうだよあーだよ、みたいな。で、
3回に1回の割合で僕に「ねっ♪」って確認を求めるような。
これ鬱陶しくないですか?タクさん。

「うるせーよバカップル。」

どうやらそれなりに鬱陶しいらしい。

朝になり、皆で朝飯を食べてから
タクを仕事に送り出し僕らはtoyo家で寝直すことに。
帰り道は僕のチャリで2人乗り。
本当はやっちゃいけないことなのでなるべく
人目につかぬよう住宅街の狭い裏路地を行く。

背中から彼の声がする。

「今日俺頑張ったでしょ?偉くない?」
「うん、手伝ってくれてありがとね。」

「それだけじゃなくて、ちゃんとあいつと
 仲良くしてたでしょ?」
「うん、偉いなぁと思ってたよ。」

彼は褒めて欲しくて堪らない時も隠そうとはしない。
そういう子供っぽい所も慣れれば可愛くてしょうがない。
家に帰ったら寝る前に絶対Hしよっ♪♪
僕の頭の中はもう、そのプランで一杯です。

「仲良くした方がトヨが喜ぶと思って頑張った。」
「うん、嬉しいよ~惚れ直した!」

おぅ、背中からぎゅって抱きつかれたぜ。
でも坂道上りでぎゅってされると立ち漕ぎが出来ない。
うおおおお太腿が辛い!筋肉の悲鳴が聞こえそうだ。
これから家に帰ったらが本番なのに~
こんな所で疲れてたまるか!

しかし頑張る程のことなのか、これは。
これサトルじゃなかったら恩着せがましく言いやがって
うぜぇな~とか絶対思ってそうなんだけど、
やっぱり彼は特別なんだ。全然うざくない寧ろ可愛い。
ていうか何したってエロカッコ可愛いんだこいつは。

ううう、近いはずなのに家が遠く感じる。
早く家帰りたいよ~一刻も早くHしたいんだよぉ~
チャリ遅ぇし坂道&信号邪魔臭ぇしムラムラが止まらない。
いっぱいちゅーしていっぱい舐めてアレもコレも!
淫らな夢と希望で僕の股間もいっぱいです。家はまだか!

僕もなかなかのベタ惚れ具合。いいじゃないバカップル。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
いいなぁ~☆
男同士の友情と愛情
両方手にしてるtoyoが羨ましいよ
頑張ったサトル君、かわいいよね~
これなら帰ってからのHは盛り上がっただろうね
そこんとこもよろしく!
【2009/11/03 01:20】 URL | ユージ #- [ 編集]


すーごい癒されてしまった。バカップルに。

ありがとーーーーーーーーーーーーーーー!

バカップルよ永遠なれ!!!笑
【2009/11/03 03:39】 URL | なよ #3SDog/2w [ 編集]

こんにちは。
とりあえず、お疲れさまでした!
マジきつすぎる一日だったね…その後なんも無かったのかが気になるとこだけど(汗;)
最初読みながら、なんで修羅場?!と思ったけど…
彼呼んでよかったんじゃない?
トヨ君とタクさんだけじゃ完璧出て行くまでならなかったかもだから(苦笑)
彼本当にたくさん頑張ったね。ラブラブ仲良しいいことやん♪
【2009/11/03 16:13】 URL | ミサ #- [ 編集]


toyoさん、こんばんは&お邪魔します!

とりあえず。このバカップル!!(笑)
最近の記事はニヤける内容ばっかで、ホントにもうー
良かったと言うか何と言うか・・!感動してますw

三人ともお仕事大変だと思いますが、病気や怪我などにお気をつけて~!
【2009/11/03 20:33】 URL | ぽあん #- [ 編集]

初めましてです。
TOYOさん、初めましてハロと申します。

TOYOさんの文章の魅力に惹きこまれてここ数日ずっと過去の日記も含めて拝読していました。TOYOさんの文章の上手さもさることながら、どうでしょうネタや横山三国志ネタはコアとはいえない範囲ですがファンなのでツボにはまってます、今では、もう日参が日課になってしまいましたw

僕はノンケの友人に10年片思い中なので、TOYOさんの当時の日記の切なさには他人事には思えず心に来るものがありました。でも、今はとてもお幸せな様子を拝見して自分の事のように嬉しいです(いきなり馴れ馴れしい文章ですいません(^^;)。

「修羅場」迷惑をかけたりかけられたりが出来ちゃうのが親友の醍醐味だと思います。そういうことが出来ちゃうTOYOさんたちの関係は理想的なんじゃないかなと思えました。

これからもTOYOさんの日記楽しみにしています(^_^)。
【2009/11/04 00:32】 URL | ハロ #zd2NwEL6 [ 編集]

>ユージさん
ユージさんこんばんは。
普通のHって書くこと何もないんですよね~
というわけでこの記事の日のHも至って普通の
いつも通り過ぎて何を書けばいいのやら…
でもうちリバ×リバなんで最後だけ交代でネコって
最近2人のブームになりつつある生中出で終わる
っていうのが他所カポと違うとこかもしれない。
リバって超便利です。
【2009/11/04 03:24】 URL | toyo #- [ 編集]

>なよさん
なよさんこんばんは。
自分でこんな記事書いといて言うなよって話ですが
僕はこういう話嫌いです、人のなんか絶対
読みたくないですね~ぺっ!唾吐いちゃう。
他人の幸せ大嫌い。
こんなクズでも幸せになれるこの国が大好きです。
【2009/11/04 03:24】 URL | toyo #- [ 編集]

>ミサさん
ミサさんこんばんは。
今のところ、特に後日談的な話もないですね。
多分彼女さんもどっかで無事に生きてるんじゃないかと。

呼んでよかったかどうか…
ん~僕もタクもどうしても女は殴れないタイプなので
それを彼がやっちゃったのは
ぶっちゃけマズかったかなーと思ってます。
彼はそんなに抵抗無いみたいなんですよねぇ、
僕なんか見るだけでも「うわぁ」って引いちゃうのに。
でも追い出しの成功には彼の功績は大きいです。
【2009/11/04 03:25】 URL | toyo #- [ 編集]

>ぽあんさん
ぽあんさんこんばんは。
最近僕も抵抗が弱くなったのか慣れが出てきたのか
バカップル度が物凄く上がりまして…
2人で夜道歩こうものなら手繋ぎーの腰抱きーので
いちゃいちゃベタベタで歩くの異様に遅いです。
近所のコンビニだともう、人目も憚らずに
後ろから抱きつきながら雑誌見てたりするから…
もしかしたらご近所さんにはバレバレかもしれないす。

なんかでもね、最近はそういうのもアリかもな?って
思えるようになってきたのは本当なんですよ。
慎みも偽りも大事かもしんないけどさー
今しか出来ないかもしれないし、後悔したくないじゃん?
【2009/11/04 03:26】 URL | toyo #- [ 編集]

>ハロさん
ハロさん初めましてこんばんは。
あんまり過去に遡ると今と随分人違うじゃねーか疑惑が
浮かびそうなので熟読も読破もオススメ出来ません。
今からだとかなり文章量多そうだなぁ~
自分で書いてきたクセに他人事のように言いますが。

文章はね、下手なんですよぉ?だって本読めない子だし。
表現の言葉も上手な繋げ方も流し方も知らんのです。
どうでしょうと横山三国志とエヴァらへんが
たま~に出てきますね。リアルでもこんな感じです。

クソまずい食物に出会ったら必ず「おみまいするぞ」て言うし。
シカトしてる時は「ATフィールド全開」って言うし。
チャリ2人乗りの時パトカー見かけると「げぇっ!関羽だ!」だし。

最近は更新頻度急激に増えてますが11月は
更新少ないかもしれないですよ~そうなったらいいなぁ~
更新多い=彼氏に会ってない なので。
この幸せに水を注すような仕事が憎いです。

人生どう転ぶかわからないを地でいってるような僕ですが
でも本当にどういう形で幸せになれるかわかんないすね、
とりあえず幸せになれるのは間違いないんだけど。
【2009/11/04 03:27】 URL | toyo #- [ 編集]

これはひどい
とある田舎に大層きれいな少女がおりました。
少女は都会から来た勤労青年に見初められ、
青年の熱心なアプローチの末二人はめでたく恋人同士になりました。
やがて青年が都会に戻ることになったとき、少女は青年の傍にいることを選び、
見ず知らずの都会で青年と一緒に暮らすことを決めました。
しかしその少女は次第にその青年から疎まれるようになり
ある日、なんと青年とその友人達の手によって
都会の寒空の下に放り出されてしまったのでした…。

…というお話のはずなのに、
そんな少女をこれっぽっちも可哀想だと思えないところとか、
寒空の下に放り出した青年と友人達を極悪非道と思うどころか
力を合わせて立派なことをやり遂げたようだとさえ思えてしまうところが
なんともひどいものだと思いました。
努力の末元カノさんを手に入れたときの、
そして一緒に東京に戻り同棲すると決まったときの
タクさんの心境を考えると、この結末はあまりにも…。

toyoさんもサトルさんも本当にお疲れ様でした。
二人仲良くもげるがいいと思いますよ。
【2009/11/04 21:58】 URL | まさみ #/BxImROg [ 編集]

>まさみさん
まさみさんこんばんは。
勤労青年!あはははは勤労青年!!妙にツボ。
もう少年じゃなくなったんですね~僕ら。しみじみ。
彼女にもう少しだけ賢さと慎みがあれば
こっちが完全に悪者でしょう。
てゆか突き飛ばし&ビンタの時点で僕はやべぇ!と思いました。

恐らく僕がアホだと思っちゃって同情出来なかったので
その感情が文面にも出ちゃったとか…
彼氏側が付き合いの長い親友って時点で
多少の贔屓目は避けられないんでしょうかね、
なるべく冷静に客観的な立場で見ようと思ってたんだけど。
顔が可愛いだけの女の子には興味無いので残念でしたね。

いや、あー、でも、よーく考えたら
田舎から上京してまだ1年経ってないかもしれなくて
僕らより年下(だったはず)と考えたら
世間知らずもしょうがないのかなぁ…
そう考えたら彼女が気の毒な気がしてきた。
連れてきた彼氏が責任持って
常識を教えても良かったのかも?
いやいや、だからって浮気、家から閉め出し、
家主の知らない男を勝手に連れ込み、は
ちょっとやりすぎな気が…うーんやっぱり同情しにくい。

確か、略奪愛かまして元彼に殴られたりして
この結果なんですよねぇ…切なすぎー
略奪は良くないという教訓でしょうか。

幸せ過ぎて怖いのでもげるぐらいで調度良い、寧ろ本望ですが何か
【2009/11/05 06:51】 URL | toyo #- [ 編集]

うわぁ~!!
家のパソコンが壊れて、ずっとご無沙汰してました。
今はインターネットカフェから読ませていただいてます。
すごい!
前回の水ぷっかけ修羅場も驚いたけど、そんなの比にならないくらいですねぇ。
ビンタも凄いけど、懲りない彼女のパワーも凄い!!
タクちゃんもいい加減学習しろよ~と、部外者の私さえ思いました。

toyoくんたちは相変わらずのラブラブモード全開で安心しました。
タクちゃんも惜しいことしたね~。
気づくのが遅すぎだよ。

まだ読めてない記事がたくさんあるのに、帰らなければなりません。
う~、悔しい!
また、来ますから、サトル君と仲良くしててね!
【2009/11/14 18:44】 URL | R #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんばんは。
ご無沙汰してましたか、お久しゅうございます。
最初読んだ時はネカフェまで来てこんなしょうもないブログ
読んじゃってるRさんが凄いのかと思いました。
確かに凄いですが。
もうちょっと有意義な時間と金の使い方が…

前回の水ぶっかけってなんでしたっけ?
僕VSタク彼女のでしたっけ?僕が全力でおしぼり投げたやつ。
全力でも所詮柔らかいおしぼりですからねぇ、
大したダメージは与えられんのですが
サトくんガチでビンタしたんでびっくりしました。

あの、もしよろしければこのブログ
ネット出来る携帯でも閲覧可能だったりしますけど…
PCほど見易くはないですけどね、字も画面も小さいし。
只今何のキャンペーンか血迷ったのか
期間限定で携帯ブログのデザインが
これでもかってぐらいの幸せ仕様になってます。
デザインは綺麗なんだけど文章がtoyoなんで
キモさが半端無いっす。
【2009/11/15 23:37】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。