僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

07 │2017/08│ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

好きなんだ
人間にはバイオリズムがあるらしい。

科学的に証明されたわけではないらしいけど、
僕はあると信じてる。
僕の中にも一種のバイオリズムが存在する。
君を忘れよう、諦めようという気持ちが強く出る時と、
やっぱり好き、諦めきれないという気持ちが強く出る時。

そして今日は好きな気持ちが強い時。
昨日まで忘れようとしていた僕はどこかに隠れた。

やっぱ好きなんだよね、どうしても。
大好きなんだよね、物凄く。
全部自分のものにしたいくらい好き。
君が欲しいって素直な表現。

君は誰のものでもない、君自身のものなんだけど、
ましてやものでは決してないんだけど、
どうにかして手に入れたい。
僕のものにしたい。
誰にも渡したくない。触らせたくない。

僕だけを見て欲しいし、僕だけを考えて欲しいし、
僕だけを同じだけ欲しがってほしい。
「お前が欲しい」と言われたい。

別に恋愛感情抜きでも、そう言われてしまえば
僕はそれだけで凄く嬉しくなれる。
友達としてでも「お前が必要だ」と言われれば
それだけでも喜べる。

以前言ってくれたことがあった。
僕が腕を切った時。
君はある程度冷静になったところで

「お前が消えたら困る奴がここにいるんだよ」

と言ってくれた。
その時少し口調は怒っていたけど、顔は優しかった。
昔のことを少しずつ振り返る度に
好きな気持ちが沸々と湧き出る。

あれは嬉しかったなとか、あれは感動したなとか、
あの時は惚れ直したなとか、かっこよかったなとか、
楽しかったとか、切なかったとか、
留まる事無く無限に溢れ出す。

どうしよう、すげー好きなんだけど。
胸を掻き毟りたくなるくらい好きなんだけど。
上手く言葉に出来ないくらい好きです。
とことん吐き出してどこかにぶつけて
それですっきり出来ないか。

マッチポンプのように自分で処理出来れば楽なのに
今日はそうもいかなくて。
自分で勝手に燃え上がって、消火出来なくなった。
仕方なく、君に助けを求めてしまった。

台詞も全然思いつかなくて、勢いだけでメールを送った。
「今何してるの?」と、当たり障りの無い文章だった。
君からすぐに返信が来た。
「漫画読んでた。もうすぐ風呂入るよ。」
どうしよう、続きが思いつかない。
しかも会話の内容に驚くほど全く意味が無い。

それでも何とかして続きが欲しかった。
会話下手な自分に腹が立つ。引き出しが少な過ぎる。
結局僕が送った文は「そっか」の一言。
そりゃないだろ俺。一体何がしたいんだ俺は。

君もどういうわけかその辺を察したらしく、
返信で「どした?」の一言。そりゃ心配するよな。
こんなわけのわからんメール送られても困るよね。
これじゃ僕は紛れも無い「構ってちゃん」だ。

どした?と聞かれても、上手く答えられない。
僕の携帯画面は変化も無く、親指はボタンの間を
うろうろするばかり。刻々と時間だけが過ぎていく。

どれくらい時間が過ぎたか、突然の着信に驚いて
携帯を手から落とし足の小指にぶつけて苦悶する僕。
画面を見たら君からだった。久々の電話だった。
今までのことを忘れて、自然に通話ボタンを押した。

「どしたの?」
「ん、何でもない。暇すぎてメールしたくなった。」

「受験生がそんなこと言ってていいのかー?」
「もう勉強飽きたよ、今更だけどつまんねーなこれ。」

「やっと気付いたか。俺の気持ちわかった?」
「お前は気付くの早過ぎだよ。教える俺の身にもなれ。」

全く意味の無い会話が続き、自然と僕のテンションも上がる。
内容はどれも記憶する価値も無いくらいのものばかり。
会話の内容に意味は無くても、話は途切れない。
今まで培ってきた呼吸は、こういう場面で本領発揮する。

会話の間が開いても、全然怖くない。
どんなに無意味な話をしても、どんな会話でも
全く緊張しない話相手はそうはいない。
君は貴重な存在。とても大事な存在。

会話の合間にうっかり「好きだよ」と言いそうになる。
油断するとすぐにそうなってしまう癖は
未だになかなか抜けない。

そこそこ長い付き合いなのに、会話が無くなることは無い。
趣味も好みも全然違うのに、共通点も少ないのに、
どうでもいい雑談は途切れること無く続いてしまう。
僕が現実世界で唯一自分を解放出来る場所。

およそ2時間の雑談を経て、君が風呂に入ると言って電話を切った。
やっぱり、君に告白なんてしないほうがいいと悟った。
君と話して少しすっきりしたせいもあるけど、
どうしても失いたくないから、欲しくても我慢しようと思った。

その代わりどこか防音設備が完璧な、
誰もいない、とてつもなく広い場所が欲しい。
そこで思いっきり叫んでみたい。
喉が涸れるまで叫んでみたい台詞がある。

テーマ:同性愛・両性愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

今日のタイトル、ちょっとドキッとしちゃいました。
「欲しい」ってすごく正直な気持ちですね。自分だけのものにしたい。どうして人には独占欲ってものがあるんだろうって思ってしまいます。苦しいだけなのにって。
【2006/01/29 23:53】 URL | 冬 #- [ 編集]

>to.冬さん
冬さんこんばんは。
それは本当に僕も不思議に思いますね~
地位や名誉や金や物なら自分の力で所有可能だから
欲が出るのはわかるんですけど、人は物とは違うのに何故割り切れないのかと。
傲慢ですよね、人を所有したいって。
手に入らないとわかる物だと諦めもつきやすいのに
人の心だと何故か諦めきれないのも不思議ですね。
【2006/01/30 18:01】 URL | toyo #- [ 編集]

ある意味幸せ?
 こんなにも欲しいと想える対象があるって幸せなことなのではないかと思います。そこまで恋うる人と出会える人はそうそういないかと思うから。ちなみに私も出会っています。
【2006/06/04 11:42】 URL | 鈴虫 #- [ 編集]

>鈴虫さん
鈴虫さんこんばんは。
もうあまりにも過去の記事なので直視出来ません。
恥ずかしいなぁ~しかしタイトル見ただけで
内容全部憶えてるって、自分の中に根強く
残ってるんですね。
僕も自分ではかなり幸せな人だと思ってるんですけど、
今なんて特に。自分で言うのもどうかって感じですが。
この頃はまだちょっと不幸だと思ってたのかな?
流石にそこまでは憶えてませんでした。
【2006/06/05 01:41】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索