僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

10 │2017/11│ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
三角4
ドキッ☆男(略)~揺れる男心はキモイの始まり~


タクにとって、友達って物凄く特別なんだろね。
多分世間一般や僕なんかが考えてるよりも
ずっとずっと深く強い意味を持つ存在、なんだろね。
彼自身はそれを「友達依存症」と自称していた。
自分で言っちゃうぐらいだからガチなんだろうな。

彼女に言えないことは沢山あったけど
友達に言えないことなんて彼には1つも無くて、
もっと言っちゃうと家族の前よりも自分らしくいられるとか。
随分前にそういうこと言ってた気がする。

何気に僕は真逆だったりするんだけどね、
今は彼氏の前の方が自分らしさ満点。
家族の前でとか僕には論外だし。

でも僕とは生活軸が完全にズレちゃってんだよね、そもそも。
だから他に親友を作れたらそっちの方が確実なんだけど
やっぱさぁ、仕事始めちゃうと“友達”ってなかなか出来ないよね。

それは僕もすっごいわかるし、サトルだってわかってること。
同じようなことサトルも言ってたことあるもん。
だからもう少し理解してあげても良さそうなんだけどさ、
許せないってんだから、そうは言えませんね。

いくら仕事で出会いがあっても仕事を通した時点で
客だろうと同僚だろうと友達とはなかなか思えない。
こっちの仕事の顔を先に見られてるとさ、
それを崩しちゃいけないかなって考えたりさ、他にも色々。

プライベートの少ない時間で全くの偶然で
気の合う他人と出会えたとしても、
恋愛はすぐ出来るけど友情はなぁ~もう難しいよね。
信頼出来ないわけじゃないんだけども、
限りなく100%に近く腹を割るって厳しいよ。

仕事のせいか歳のせいかわかんないけど
これ一体なんなんだろうね?
大人になったからかなぁ、純粋に人と接することが
難しくなっちゃったんですかね。

僕だって仕事してる中でふと思ったことがある、
この仕事をどれだけ長くやってもこの先何年生きても
どれだけ沢山の人と出会っても、
タクと同じような存在になれる人はいないだろうな、とか。

もしかしたら今タクと出会っても今のような関係には
届いてないかもしれない、とか。
お互い何も知らないアホな子供時代に出会えたから
出来ることって地味だけど沢山ある。

僕は独りでも割と平気で我慢出来るとこあるし
敢えて自ら独りになろうとすることもあるから
本当はタクの寂しさ辛さ、わからない。
若干恋愛体質かと自覚してるけど、依存する程でもないしね。

彼には生きていく上で必要なんだろうな、友情パワー。
僕らが酸素を必要とするように彼の精神にとっては
それくらい重要なものなのかもしれない。
確かめられないからそうかもって考えるしかない。
タクの気持ちはわからないなりに想像力を働かせるしかない。

僕がずっと黙ってたのは良くなかったかな、
頑固で強情なサトルが許可なんてするわけがない。
あぁでもそしたらタクの味方すんのかーとかって
怒らせてこっちも喧嘩の大炎上?もうどうしよう。
まさにあちらを勃てればこちらが勃たずな。

でも、独りぼっちなタクはやっぱり可哀想だよ。
こういう時こそ慰めたり支えになったりするのが
友達の役目だよねってタクは考えてそうだしさ。
そしたら尚更寂しいんじゃないかね。

あ、1つ昔のこと思い出した。
タクに彼女がいて僕がフリーだった時、
あいつ何気にちゃんと僕のことも遊びに誘ってくれてたわ。
頻度は減ってたけどゼロにはしなかった。
一方今の僕はほぼゼロっていう、うわぁダメじゃん俺。

負けを認めたタクがしょんぼり帰っていって、
僕もその後仕事に向かって、
帰ってからもう一度サトルに話してみた。
脳裏に焼き付いたタクの哀愁漂う背中に胸が痛んだ。

あれはちょっと可哀想なんじゃないか?
ちょっとくらいいいんじゃない?もう許してあげたら?
この前タクと仲良くしてくれた時は凄く嬉しかったなぁ~
サトルの優しいとこ結構好きだなぁ~とかナントカ色々。

「そんなこと言っても無駄だからね。」

全く引っ掛かりませんでした。
うぅ、取り付くシマが無いぜ、タクも大変だったろうな。
くそぅ、この頑固者!石頭!強情!意地っ張り!
相変わらず優しくないな、人情をどこに置いてきたんだ。

「なんかそういうのしんどいんだけどなぁ~俺も。
 恋愛と友情どっちが大事なの?!みたいなの。」

この発言、一応僕の本音ではあったけども
決して喧嘩売るつもりでも嫌味のつもりでもなくて、
なのにサトルにも何らかの鬱憤が溜まっていたらしく、
早い話が僕は地雷を踏んだらしい、どかーんと。

今までもちょいちょい喧嘩はしてたけども
久々に見たよ、サトルのマジギレ。いやぁびっくりした!
こっちはどこで地雷踏んだかもよくわかってなかったから。
まさかこの数日後に更にデカいマジギレを見せられるとは
この時の僕はまだ知る由も無かった。

でも一応気は遣ってくれたのかね、
拳で殴るのは抑えてクッションとかリモコンとか
全力で投げつけるだけにしてくれた。
お陰でリモコンぶっ壊れましたけど。

サトルは自分を一番扱いにしてくんなきゃ嫌なんだってさ。
自分が特別扱いしてる人なら同等かそれ以上じゃないと
心底我慢ならないんだってさ。苛々してしょーがないんだと。
更に嫌いな奴に負けるのはモア心底我慢ならないんだってさ。
なんかもう、そのジャイアニズム色々と突き抜けた感があるね。

そして強烈な一言を貰いました。
「てめぇはいつまで優柔不断なんだよぉ!」
ですって。僕のことだそうですよ、コレ。

もう知らんがな。喧嘩すんな。

テーマ:同性愛・両性愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

toyoさんこんばんは。

私も、恋人との方が自分らしくいられる側です。

なんか、恋人には他人には見せない恥ずかしい部分(体とかHとか)も見せたから、内面もホントの自分を見せちゃえ~みたいな感じですかね、私は。

隠しとく部分も必要とも聞きますが、そうすると疲れちゃうので。

圧倒的に、過ごす時間は友達よりも多いし。




**********

確かに、友情は短期間で築けるものじゃないから、作ろうと思ってもなかなかできるものじゃないですよね~

そうやって作れるのは、『学校』に行ってるときだけだなぁって。

まわりがみんな同い年ってだけで、壁はかなり取り払われてたし。


でも社会に出ると、年が違う人の方が多いし、はじめの話しかけの言葉遣いから気を使ったりして、めんどくさがりの私は『友達なんかいらないもんね』って思うことはしょっちゅうでした(コレはかなり屈折してますけどね)


だからやっぱり、『学生時代を一緒に過ごしてきた友達』ってすごく貴重ですよ。

なので、今回はタク君にかなり同情してしまいました;;

でも、サトル君もどう転んでも折れそうにないですね~



それにしても、toyoさんのポジションがまさしく

ケンカをやめて~♪

(この歌、toyoさん世代に伝わるかはわかりませんが)
だったことに、思わずクスリでした(苦笑)
【2010/05/19 02:20】 URL | ちさ #- [ 編集]

>ちささん
ちささんこんばんは。
わかりますよその歌。凄く有名でしょう?ある意味ネタ的にも。
僕もその歌を連想しましたから。
そんな色っぽい話でもありませんが。

恋人だからこそカッコつけるってのもわからなくもないんですよ、
僕は違うけど、気持ちはわかることはわかる。
そうですねー僕も疲れちゃうから自然体を選びます。
てか多分、僕何気に恋人と四六時中一緒にいたい派
なんだろうと思うんですよ。そういう人はもれなく
曝け出しちゃうんじゃないかなぁと。
寧ろそうせざるを得ないでしょう。

意識して四六時中一緒にを選んでるつもりは無いけど
今までを振り返ると、割りと自然にそうなってるような。
なんでだろう、独りが好きとか言ってるクセに
実は寂しがり屋なのか。
好きだと一緒にいるのが当たり前感覚があります。

屈折ですか、言わずもがな僕もそうですが。
やっぱどうしても入りからして変わりますよねぇ…
貴重どころか唯一無二だと思いました。時間は戻せないから。
大事な存在だと心底感じているんだけども
配分というか、付き合い方というか、
どうしたら調度良くなるのかが難しいなと最近感じています。

勿論僕もタクちゃんに同情してます。が、それと同時に
過去のサトルにも同情してしまうんですよー
仲良くしたいなと思った人と親しくなるのを
何度も妨害された挙句に仲を引き裂かれたら
それで傷付かない人はいないでしょう。
本人と仲違いしたならまだしも、第三者でしかもいけ好かない奴に。
僕とサトルが再会出来たのも運だったし。

というように話が長年ぐるぐる回るのです。
【2010/05/19 02:51】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。