FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2018/10│ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
呟歌
なんでこんなことしてるのかって。


自分で思う時もあるよ、沢山。
どうしてだろうね、今更後には引けないのか。
折角ここまでやってきたんだしと、勿体無いからか。
好きでやりたくてやってるのか。

もうよくわからない、わからなくなってる。
考えてもしょうがないことだから
考えてはいけないことだからわからないのか。
考えようとしても脳が働かなくなることの1つ。

好きなのか?うん、好きか嫌いかと問われれば
好きかもしれない。のびのび出来れば苦痛は感じない。
窮屈が嫌い。自由と権利を声高に主張したくなる。
主張の行為自体が馬鹿げてると感じて虚しくなる。

自分で取り付けた枷は好きだったりする。
自分でいつでも外せる安心感が軽い、重くない。
でも外さない、意地で自分に負けたくない。
それでも苦しくはないんだよ、達成感があるくらい。

いつも性格のせいにしてるけど、僕の選択肢は常に少ない。
頑固で意地っ張りだからと他人は言う、その通りだと思う。
融通が利かないのは自分だけでいい。
小さなワンルームに思いっきり自分の世界を広げて閉じて
立って半畳寝て一畳、僕の手の届く範囲に全てがある。

ノイズに耳を塞ぎ、同時にメロディに合わせて歌う。
気持ち良く歌いながらノイズに心を蝕まれ続ける。
僕の歌は誰にも聴こえない。
今はまだ僕にしか聴こえない音でしか歌えない。
人に聴こえる歌い方がまだよくわからないから。

遠くの方で沢山の人が歌ってる、みんなバラバラ。
それぞれが思い思いの歌を歌い、悦に浸りながら
己を纏め仕上げて先に進む。僕もその1人だ。
人の歌の大半は僕のノイズ。
僕の歌も誰かのノイズになるだろう。

こんなに近くにいるのに、見えてるはずなのに
顔を背けて視界に入れないようにしてるけど
目以外の全身で存在を確認している。
この温かさは結構好きだ。見えなくても大丈夫。
そこにいるのはわかってる。

少し振り回したぐらいじゃ逃げない人だね、
敢えて追いかけてこない所も好きだ。
少し牙をチラつかせただけで逃げた人のことを
時折思い出しては嘲笑する。そんなに怖いか?と。
色々な意味で気の毒な心。

仕事で愛想を振り撒いてるお陰で
プライベートの僕は冷たくなった。
ただでさえ少なかった愛想のストックを
仕事に全投入しているからだ。
反比例の法則から逃れられない。

何を考えているのかわからないとよく言われたけど
自分のことは今はわかる。
人のことこそ、僕もわからないよ。何を考えているのか。
今何考えてんの?今どう思ってるの?
訊けるものなら訊いてみたいね、僕も知りたい。

声を張り上げて通り過ぎてみた。
反応はなくてもきっと何かを感じてくれただろう、
僕も感じたこと全てを語る人間じゃないから
黙ったままでもいい、わかってるから心地良い。
反応してくれなんて言える立場じゃないからね。

明日は早い、もう寝なきゃ。明日はとても忙しくなりそうだ。
排泄してからの就寝はいいもんだ、暗闇の中で惑わされずに済む。
文章が僕の精神的排泄法、よく出会えたと思うよこの手段。
明日になったらまた毒素が溜まる。

君の届かない遥か遠くで、僕は聴こえない歌を歌う。

テーマ:つぶやき - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。