僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2017/07│ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

色恋1
彼の仕事の話。


サトルが復帰してからおよそ1ヶ月が過ぎて
「仕事の調子はどう?」
と何気なしに聞いてみたら、さらりと

「いつも通り~」

半年以上休んだクセに復帰1ヶ月で
トップに上り詰めたってかお前は。
でも、本当にいるんだよね、そういう人。
山を登る時の気持ちの強さが常人とは全然違うんだ。

勿論気持ちの問題だけじゃない、彼と見てるとよくわかる。
圧倒的な気持ちの強さに策略を乗せて、センスで操舵。
自分自身の全てを、目的に向かって。

ぶっちゃけ僕なんてさ、何やったって全部ソコソコで
どう頑張っても1番になれたことなんてなくて、
いつも2番か5番あたりをウロウロしててさ。
全く頑張ったことが無いワケじゃないんだけどね。
でも、ダメなんだよなぁ、僕では。

眩し過ぎて嫉妬する気にもなれない。
やっぱり仕事に戻った彼は眩い、僕の思った通りだ。
そんなに活き活きしておいて仕事が嫌いとか
どのクチがほざいてんだと、今までが嘘みたいだ。

「半年以上も休んでてよくお客さん切れなかったね。」
「復帰は絶対するつもりだったから。」

それにしたって、普通なら切れてもおかしくないだろう。
水商売なんてその名の通り、流れやすいものなんだから。
やっぱり才能の賜物なんだろうか、
僕も彼の魅力に堕ちた1人だから理解出来なくもないけど。

と思ったら、どうやらそうでもないらしい。
平たく言えばちゃんとコツがあるんだと。
え、コツ?

まず自分の中で客に優先順位を決める、ほぅ。
そして彼は太客よりも古客を優先させてるらしい。
でもお前の客の殆どは古くて太い客じゃないか。

休暇中もマメに連絡は当たり前、主にメール。
最大のコツは“友達と恋人の間ぐらいの感覚”
という微妙な距離感。
うん、僕には無理だ、ようわからん。

連絡のペースは1日1回を1週間ぐらい続けたり~
いきなり3日に1回にしてみたり~
また1日1回に戻してみたり~緩急をつけることが大事、ほぅ。
うん、僕だと月1くらいかな、論外?デスヨネ。

客のメール内容で愚痴ってたり凹んでる的な内容だったら
何通もやりとりしまくるとか、電話してあげるとか、
大サービスでわざわざ会いに行って
一緒に飯食うとか酒飲むとか?え、お前から誘うの?!

それ、殆ど彼氏じゃないですか。
しかもかなり優しめの王子様風味の、
白馬+白タイツ+カボチャパンツでお馴染みの。
僕にだってそんなに優しくしてくれないのに。
いや、僕もそんなに優しくしてないけども。

へぇ~こういうことやっとくだけでいいの、
ずっと惚れさせておけるんですか。
そんな簡単に言い切っちゃっていいのかい?
女心の攻略簡単過ぎじゃね?そんな単純なもんなのかい。

しかも本人はこの作戦で半年は持つだろうと考えてたそうで。
半年休む気満々だったのかよ、そういうことは先に言え。
僕は終わりの無いマラソンを走らされてる気分だったのに。

しかし女心ってよくわからんね、彼氏じゃないのにさ、
なんでそんなに惚れ込めるんだろうか。
しかもホストってわかっててさ、
自分にしてくれることを他の女にもしてるってことじゃん?
それで嫌になったりしないの?嫉妬しないの?

「そういう女は最初からホストクラブに来ないだろ。」

デスヨネー。
てかさ、その嫉妬心も上手く利用しちゃったりすんでしょ?
客同士の嫉妬心煽って高いボトル入れさせたりするんでしょ?
基本デスカ、ソウデスカ。

そんでさ、どーせさ、キスしてとか頼まれたらしちゃうんだろ?

「時と場合と相手によるねぇ。」

じゃあ時と場合と相手が上手く重なればHしちゃうのか!

「するねぇ。でも高いよー」

もうヤダこの人。僕はタダでいいんだよね?
でも、何て言うのかな、僕この時
自分が男で良かったと思ったんだ。
女だったら物凄く嫉妬してそうでしんどいんじゃないかと。

何となく、上手く言えないけど
今の自分だからあまり気にならずに済んでるのかな、と。
何だろう、同性だから対等な気がするからか?
それとも心のどこかで同性で独占は無理だと諦めてるのか。

その前に女だったら絶対コイツと付き合ってないと思うけどー
でも好きになっちゃったらわかんないもんね、
そんなことも言ってらんない、それが恋ってモノでしょう。

なんかさ、なんかさぁ、すっごく魅力的なのはわかるんだけどさ、
こういうの全部全部ぜぇぇぇえええんぶ計算でやってるってとこが
怖いっつーか信用出来ねぇっつーか人としてどうよ?っつーか。
正直に言うとね、お前のそういうとこ、昔は嫌いでした。

「しょうがねぇじゃん、そういう仕事なんだもん。」

う、うん、まぁ、そうだよね、デスヨネー。改めて今更な感じだけども。
仕事なんだから計算して当たり前、ミスしない為に、だって。
でもさ、サトルの周りの他のホストさん達?後輩さんとかさ、
そこまでしてないんじゃないかと思うんだけど、どうよ。

「だからアイツら成績伸びないのー稼げないのー」

こういうの“色恋営業”って言うんだよね。
僕は“枕営業”しか知らなかったけども
それとは微妙に違うんだよね。

ホストの基本、本来あるべき姿、ではあるよね。

テーマ:複雑な心。 - ジャンル:恋愛

TOP

検索