僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

04 │2017/05│ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
怒坊2
さとぴの怒りん坊シリーズその2。

僕の働く店に時折来る若い女の子2人組のお客。
実は彼氏の女友達で、彼氏の働く店の近くで働く
キャバクラ嬢2人組。僕も一緒に遊んだこともある。

巻き毛で派手目な仮名アユちゃんと
ポリシー黒髪でクールな美人系、仮名メイサちゃん。
由来は某歌姫と某極悪目付き女優に似てるから。

キャラは正反対だけどぶっちゃけ相当可愛い2人、
女の子2人組で両方当たりって神懸り的。
しかも2人揃って性格良いとか、
しかも2人揃って彼氏イナイとか、
君達実はレズなんじゃないの?と専らの噂。

で、この2人、僕とサトルのことを知ってる。
元々サトルの女友達だし、
僕とそんなに縁が深いワケでもなかったから
教えても構わないよと言ったのは確かに僕だけど。

まさかうちの客になるなんて聞いてませんでしたよ。
うちの店ではそんなにね、私達知ってます的な雰囲気
微塵も出さないでいてくれますけどね、
僕的に気マズイことこの上ない客なのは間違い無い。

とある日、アユちゃんとメイサちゃんがご来店。
確か深夜の2時頃だった。
「熱いガールズトークして始発で一緒に帰るのぉ~♪」
と微笑ましいことを言いながらカウンターの端に2人着席。
正直レズってちょっと萌えるかもしれない。

この2人に接客トークは不要かな、と見込んで
先にいたお客さんの相手に専念すると決めた僕。
その相手は何故か僕をお気に召してくれている
セクハラ大好きオネエ様。言わずもがな元男。

と、オネエ様の店で最近働き出したであろう若きオネエ様の卵。
うちの店に来る時は私服で女装も化粧もしていないが
恐らく仕事中は女装したり化粧したりしてるんだろうが、
相当相当そぉおおおお~とおおおおお可愛い男の子。

もう男じゃないよ、男の子だよ。
いや、男の娘と書いてオトコノコと呼ぶレベル。
この男の娘くん、僕より年下だそうで。
まだ19歳になったばかりだそうで。うわぁぴっちぴち!
きっとケツもプリプリですよね。

てかこの子さぁ、すっぴんでもかなり可愛いんだよ。
色白でさ、肌もツルツルでさ、でもそのまま男としてもイケメン。
これで化粧とかすんだろ?その辺の女より可愛いのは明らか。
もうなんだか恵まれ過ぎててムカつきますねー

こんな恵まれ小僧はアレだ、うちのクソホストもだが
一生パンスト被り続ける呪いとか食らえばいいんだ。
そうだ、折角だから仮名をパンスト君にしてしまおう。

つい最近、無実の罪で強制女装の刑に処された僕なら
これくらいは許されるはずだ。
しかし真の男の娘になると声や喋り方まで
そんなに可愛くなれるものなのかね。

というワケで、見た目も服装も殆ど男のままでありながら
顔や性格や仕草や言動、喋り方、その全てが可愛らしいので
店に通い始めて間もなくちょっとしたアイドルキャラに。
特に女性客に可愛がられる感じ。
特に特に、彼を最も気に入ってるのがマスタの奥さん。

さて本題、このパンスト君、勿論好きなのは男のみ。
女の子と付き合ったこともあるけど全然続かなくて~と
う~ん、どこかで聞いたような話。
しかし男の経験はまだナイ、とのこと。

ここで軽くトキメキポイント加算。
え、だってなんか可愛いじゃん、ピュアって。
僕なんていつちんぽ腐り落ちるかわかりませんよ?
それくらい穢れきってるから彼がキラキラに見えたんだ。

そんなこんなで接客中の僕のテンションも
ふわっと上がってくるワケですよ。
そして僕の悪い癖が炸裂、悪ノリスイッチオン。

「パンスト君の好みのタイプ、どういう感じですか?」
「年上が好きぃ♪でもあんまりオジ様だとぉ~
 パンが子供過ぎてついていけない気がするの。」

自分のこと僕でも俺でも私でもなく、自分の名前で呼ぶ!
実際は名前の最初の2文字だけなんで
パンスト→パン、みたいな感じ。
ヒロシをヒロとか、タケシをタケとか、そんな感じ。

男でこういう一人称の人には今まで会ったことが無いけど
彼の場合男じゃない気がするし何より似合ってるからOK!
てか何気に彼のことはかなり前から
ほぼ女の子扱いしてたから今更だね。

「どれくらい上ですか?」
「5ことか~3こくらい、かなぁ?」

この「かなぁ?」で首を傾げたあたりでトキメキポイント加算。
しかもパンストくん、すげぇいつもニコニコしてんの。
その人懐っこい笑顔もまた可愛さ倍増させてんの。

そしてこっそり自分の年齢で引き算はお約束。
22-19=3、よしっ!さりげなくガッツポーズ。
横からオネエ様の声が
「やぁだトヨちゃんも入ってるじゃなぁい♪」
うっさい、わかっとるわ、ちょっと黙っとけ。

「あはは、ギリギリ入ってますねぇ。」
「優しいお兄さん、みたいな~雰囲気のぉ~
 人が好きなんですよぉ」

チッ、お兄さんキャラかい。
となるとタクみたいな感じか、あいつ長男だしな。
てことはだ、僕は圏外ということですかねー
独りっ子だしねーチッ!チッ!チッ!つまんねぇえええ。

この流れでのテンション下降の勢いったらないね。
滝のごとく止まらねぇ、あーもうどーでもいいやー
仕事とはいえプロフェッショナルとはいえ
内心こんなもんですよね、みんなこうだよね、ね?

「お兄さんですかぁ、僕の友達に1人そういうのいますけど、」
「えっ!紹介してくれるの?ほんとにぃ?」

こうなったら友達をダシに使うっていうね、
極めて姑息なトークが始まったわけですが。
ノンケ?そんなもん知らん!

カッコイイ奴ですよー背も高いしースポーツ万能ですよー
とかたっぷり宣伝しといてね、
じゃ今度紹介するんで、飲み行きましょう的な。
ナチュラルに番号ゲットみたいな。俺ラッキーみたいな。

この時はしょうがないよ、だってこう思ってしまったんだもの。
思ったことに嘘は吐けない、それがブログの掟だもの。
しかし話は僕が描いていたのとは違う方向に進んだ。

えーと、オネエ様の話を簡単に纏めると、
パンスト君は僕が、好みのタイプど真ん中なのだと。
はて、僕はいつお兄さんキャラになったんだろうか?

え?僕なの?

僕は全く信じてなかったけども、パンスト君の照れ方が
尋常じゃないのでこりゃマジか?と薄々信じるように。
ドッキリとか何かの冗談とかではなく?またまたぁ~

え?俺でいいんすか?

心の中で大きなガッツポーズを組んだのは言うまでもなく。
奈落の底から這い上がったテンションの
上がりっぷりたるや昇竜のごとし!
そこで更に僕の悪い癖が炸裂で爆発。

細かい会話は忘れてしまったが、
簡単に言うと軽く口説き入ってた、かもしれない。
もうノンケの演技なんてすっかり忘れて
「パンスト君なら可愛いと思うし、満更でも無いかも」的なノリ。

実際「可愛い」って言っちゃったしね!最悪デスネ!
でもこの時のパンスト君の反応がまたピュアで可愛くて。
色白だと顔赤くなるとすぐわかるよね、耳が真っ赤で。
首とか鎖骨の辺りまで赤くなるって微妙にエロい。

こんなしょぼくれたおっさんの卵みたいなバーテンダーに
可愛いと言われただけで「やだもぉ~照れるぅ~♥」と
頬を赤らめる初心い19歳とかトキメかない奴いるんですか?
この子は絶対、Hでもエロ可愛いはず!夢は膨らむばかりです。

そしてさりげなくパンスト君からメアド聞いてくれないかなーと
華麗なトークパスを送り続けるという暴挙に出る。
いや、傍から見れば相当あからさまだったかもしれない。
この辺りではもう、他のお客さんのことは何も憶えていない。

そして話は盛り上がり、外は明るい早朝4時頃。
ガチャッと店のドアの開く音。

「いらっしゃい、あれ、どしたの?」

こんな時間に客の来店なんてうちじゃ珍しくもないが
サトルはまだ仕事してる時間じゃないかと。

「トヨ、ちょっと来い。」
「何?」

「いいからちょっと来て。」

呼ばれて外に出て店の裏に行ったら全力ビンタ。
店に来た時のお前の顔でわかったけどさー
なんかイヤな予感してたからさー
どーせそんなことだろうとは思ってたけどさー

でも、なんで?

「アユとメイサがメールくれたから。
 あの2人には言ってあるし。」
「付き合ってるってことを、でしょ?」

「それだけじゃない、お前の店行くって言ってたから
 お前が調子乗ってたら教えてって頼んであった。」

うへぇマジかよ!

てか、そこまでするか?普通。
いや、そりゃ確かに調子に乗りましたよ、自覚してましたとも。
でもそれくらいはさぁ、仕事なんだし
これもサービスの一環としてだなぁ、僕の給料にも含まれてさ。

とりあえずこの場はビンタで収めて続きは家で。

の予定だったが案の定、家に着く前に喧嘩勃発。
実際は僕が一方的に怒られてるだけでしたが。
だからって何も、家の目の前の公園で始めなくても。

てめぇはまだ懲りてねぇのか!懲りたんじゃねぇのかよ!
反省したんじゃないの?してねーの?ブチ殺されたいの?
あのオカマの番号聞いてどうするつもりだったんだよ言ってみろ!

とかなんとか、こんな感じのことを怒鳴られた。
酷いねぇ、オカマだなんて。あんなに可愛いのに。
せめてオカマちゃんと呼んであげてよ。
てか彼、いや彼女は何も悪くないんだからさ。

「番号貰ったの?」
「いや、貰ってない。」

メアドは貰ったけど番号は貰ってないから
嘘は吐いてないんだぜ。

「あっそう、じゃ携帯貸して?」
「えっ、」

しまったそう来たか!あ、いや、どうしよ。
まぁ、多分大丈夫だろう、メモリー全部チェックされても
そんなにわかりやすい登録名にはしてないし、
そもそもサトルはパンスト君の名前も知らない、はず!
ここであまり間を空けても逆に怪しまれるだけだ。

「はい。」

バキッ!

携帯出したら2秒でバキッって、サトウのゴハンかよ。
ちょっとは中身確認するとかそういうの無いのかよ、
問答無用で真顔でへし折るとかどんな鬼嫁?

てかそれ買ったばっかでまだローン残ってるのに!
今携帯高いのに!もぉおおお~
またかよぉおおお!ヤダもう凄い泣きそう。
やべぇちょっと涙出てきた。公園で泣くって何年振りだろ。

「まだローンも残ってるのに、」
「新しいの買ってあげるし、ローンも払ってあげるから。」

きっと次の携帯はGPS搭載であの手この手で
常時居所確認されるに違いない。
コイツならやりかねない。
僕はそんなに信用無いですか?

さようなら、携帯さん。

テーマ:男同士の恋愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

涙出た。お、鬼嫁?さとぴぃ鬼嫁???涙
【2010/09/22 20:12】 URL | なよ #3SDog/2w [ 編集]

( ゚д゚)
『下駄箱に不審物が入っているようなので確実な処理のため爆破した』
というネタに通じるものを感じてしまったというか何というか。

携帯がゴミのようだ…。
【2010/09/23 00:21】 URL | まさみ #/BxImROg [ 編集]


まぁ、仕方ないですねしかし、メールするなよって感じですが、それほど浮かれてたってことですかね。
【2010/09/23 09:54】 URL | ぶり #NqNw5XB. [ 編集]

初めまして
何日もかけて最初から読ませていただきましたが、初期は何度も涙したここも、今は「あらあら」と失笑する内容で(笑)
やきもち大変でしょうが、タクさんへの思いに苦しんでいた頃を思えば本当に幸せな日々ではないですか?胡坐をかかないで愛される幸せに浸ってください♪
【2010/09/23 20:25】 URL | ジウ #- [ 編集]


サトルくんって女友達使って偵察までするとか遣り口がほんとに女子っぽいね(笑)

素晴らしい連携プレイです。
【2010/09/24 12:36】 URL | 輝 #- [ 編集]

可哀想な携帯くん
信用は無いでしょう、そりゃぁ、もう全く。
でも、好みのタイプの子(娘)から「好きですビーム」を出されたら、ステディがいても食っちゃう男の人はたくさんいるでしょうね。
ただねぇ、toyoくんのステディは半端ないですから....。
う~ん、間諜を放っていたか!

自分のテリトリーまで自由を奪われてるのはキツイけど、こんなに長く同棲までして付き合ってるイケメンホストが飽きるどころか、いまだに執着してくれてるってところで感謝しないと。

それにしても男の人って、怒ると何で潔く物を破壊しちゃうんでしょうね~。
携帯くんに罪は無いよぅ。
可哀想です!、勿体ないです!
【2010/09/25 10:35】 URL | R #- [ 編集]

>なよさん
なよさんこんにちは。
自業自得と言わない優しさをありがとう。
【2010/09/28 11:18】 URL | toyo #- [ 編集]

>まさみさん
まさみさんこんにちは。
某ラピュタ王家の末裔よりは
楽しくなさそうでしたがある意味インドラの矢。
彼なら下駄箱どころか建物ごと爆破しそうですね、
敵もろとも吹き飛ばせて一石二鳥じゃないですか。
【2010/09/28 11:19】 URL | toyo #- [ 編集]

>ぶりさん
ぶりさんこんにちは。
まったくもってその通りでございます。
普段モテ慣れてない奴に限ってこういう時に
調子に乗ってしまうものなのです。
【2010/09/28 11:20】 URL | toyo #- [ 編集]

>ジウさん
ジウさん初めましてこんにちは。
当ブログは主に視力体力思考力への
悪影響が懸念される為、一気読みは
非推奨でございます、また
数日かけるまったり読みを推奨しております。
理想は1日1記事でございます。

もうすぐ丸5年になるんですかね~
生まれた子供が5歳になる月日であります。
失笑の対象と原因は主に僕ですよねわかります。

日頃からモテ慣れてないショボメンなので
こういう時つい調子に乗ってしまうのですね。
なんで胡坐かいちゃうんでしょうね…
人って、いや、男ってバカですよね。
【2010/09/28 11:21】 URL | toyo #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんにちは。
言動や仕草は全て男的なものなのに
どうして考え方や行動だけが女子的なのか?
とても不思議に思っています。物凄く不思議です。
【2010/09/28 11:21】 URL | toyo #- [ 編集]

>Rさん
Rさんこんにちは。
無いですか、そうですか。
ステディがいても…そうですねぇ、どうしても
自力では断れないんですよねぇ。

確かにイケメンだし好成績のホストだし?
世間的には完全にいい男の部類に入るとは思うのですが
いかんせん、見た目はそんなに僕好みではなく…
とか言ったら贅沢で天罰下りますかね。

僕も八つ当たりで物を破壊したことがありますが
あれは人間に怒りをぶつけてしまうと
怪我をさせてしまうなと理性が警鐘を鳴らすので
つい物に力をぶつけてしまう、ということがあります。
他の人は知りませんけど僕はこんな感じです。
ある意味優しさの顕れだと思ってもらえると嬉しい。
【2010/09/28 11:22】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。