僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

04 │2017/05│ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
口紅3
僕が卑猥な口紅を発見してから数日後。

流石に発見当日は断固拒否したので
何もしてこなかったんだが
あの執念深い変態野郎がそう簡単に
引き下がるとも思えず、僕は日々戦々恐々。

と思ってたらやっぱりだよ。
案の定だよ予想通りだよこんちくしょう。
もぉ~ヤダって言ったのに。

世間で言う、いわゆる夜の営み。
夜仕事の僕らはどうしても朝から昼になってしまう。
時間帯もさることながら我が家の壁の薄さを考慮し
更に近所の公園には昼前にちびっこが群れを成して遊ぶ。

どう考えてもHに不利な悪条件てんこ盛り。
家の中だからカーテン閉めときゃ見られることは無いが
声がね、どうしてもね、僕ら2人とも出ちゃう派なので。
これを抑えるのも大変なんですよぉ。

「ねぇ~使ってみようよ~いいでしょ?」
「ヤダよ。」

一体何が「いいでしょ?」なんだか。
あれだけ散々嫌だって言っただろうが。
シカトですか、そうですか。

「絶対そんな痛くない、気持ちいいかもしれないじゃん。」
「気持ちの問題で抵抗感が強いんだよ。」

そこまで言うならお前が使えよと言いたいけども
どうせヤダの一言で終わるんだろうなと
考えなくてもわかるのでそれは言わない。

やだなぁやだなぁ、どうせやるなら折角やるなら
余計なこと考えずに楽しくやりたいよ僕は。
こんなことしたって楽しいのはお前だけじゃん、
やだなぁやだなぁ。

重い溜息が零れた。肩も落ちまくりだ。
大変気が進まないのだが、これ以上逆らっても
また面倒臭い言い争いに発展するだけじゃないか。
そうだよね、減るもんじゃないしね、今更だよね。
これまでだって散々、色々やってきたじゃないか。

「気が進まないねぇ。」
「まぁまぁ、試してみようよ♪」

それを言うなら試させて下さいだろうが。
あぁ気が乗らない、気が乗らないよ。
果たしてこんなテンションで使い物になるんだろうか?
いっそのことダメんなったら、諦めてくれるかな。

己の若い身体がこんなに憎いと思ったことは無い。
てかさ、改めて思ったけどもさとぴフェラ上手。
舌のうねり加減が絶妙でございます。

そう言えば最近あんまりしてなかったし
してもらってもなかったっけ。
いつもちょっと触るだけですぐ挿れちゃってたもんな、
やっぱ長く付き合ってくとそうなるよね。

で、そのまま挿れんの?舐めながら。口紅風のブツを。
ちゃんとぬるぬるにしといてね、全体的に。
痛いのは絶対に嫌だからね。
それぐらいの大きさなら大したこと無いと思うが。

スイッチ入れた状態からだと上手く挿入出来ないね、
ほい一旦止めます、挿れます。スイッチオン。
あ~なんか振動でそこだけ痺れてるみたいな感覚。
痛くは無いよ全然、でも気持ち良くも無いよ。

ぱくっ、再び咥えます。おぉ気持ち良いかも。
あれっ?あれあれ?
もしかしていつもより、気持ち良いかも?!
なんか振動の痺れと異物感が絶妙なスパイスに?

「どぉ?」
「痛くはない。」

「気持ち良い?」
「う~ん。」

考えてるフリして実はこの時点で相当気持ち良かった。
でもあっさり認めちゃったら更に要求増えそうで怖い。
でも素直に反応示したらバレバレですけどね、
もう舐められてるだけであふあふしちゃうし。

ところでこれ、口紅全部入ってんの?それとも半分くらい?
電池式だからコード無いんだよね、全部入っちゃったら
後で出すの大変じゃね?もし出せなくなったら一大事?
やだそれ怖い。

どうやらさとぴ、8割入ぐらいで
上手いこと調節してくれてた。
ちゃんと端っこ掴んでね、それでぐりぐり攻撃。
甘い痺れと舌のうねりのコンボで鈍い電流が走る。

やばいやばい、なにコレなにコレ!
新しい世界の扉全開なんですけどいいんですか?
ここ入っちゃっていいの?あうあう。

ふと思い出した、まだ昼間じゃないかと。
あうあうしてる場合じゃないのではと。
因みにこの時の体勢はいわゆるM字開脚状態。

咄嗟に手元にあった枕を握り締め顔を埋めて抱き締めた。
すると「顔が見えない」という理由であっさり枕を奪われた。
やると思ったけどね、それ。
でも現実問題、声出しは色々とマズイんじゃないか。

2人の妥協案、いやほぼ強制的なサトルの譲歩が
うつ伏せになることだった。
うつ伏せってお前、そりゃ枕に顔埋められるだろうけど
言い方変えればただの四つん這いじゃないか。

「いいじゃんバック好きなんでしょ?」
「いや、見るのは好きだけど。」

「いつもやってんだからたまにはお前もやれ。」

四つん這いだと器用に舐めてもらえないじゃん、
と思ってたら華麗な車検スタイルでぱくぱくしてる。
やだこの人、今更だけど床上手。

しかも四つん這いになった途端、ぐりぐり攻撃だけでなく
ずぼずぼと吸引まで繰り出すとか完全に声出るじゃん。
もうわざとやってんだな、我慢させない気なんだな。
近所迷惑とか考えようぜ少しは。

しかしなんだコレ、不思議な感覚。
凄く気持ち良いんだけど何て言うんだろう、
絶妙に鈍い?だから全然いくって感じはしない。
でもひたすら気持ち良い。すんごい気持ち良い。

もしや噂の前立腺とやらを刺激されてるんですかね?
どうなんだろう、よくわからん、これが前立腺なのかどうか。
前のデカイやつは全然気持ち良くなかったのにね。

口紅サイズが僕には丁度いいんだろうか。
で、慣れていくと徐々に大きいサイズを
求めるようになるんだろうか。
外国人のエロ動画とか凄いもんなぁ、
あそこまでガバガバになったら色々と困りそうだ。

「このまま挿れていい?」
「ダメ。」

「なんで?」
「バックは腰に響く。」

「いいからいいから、あんま激しくやんないから。」

何が「いいからいいから」なんだよ!
てかシカトすんなら最初から聞くな。
ううう、バック怖いよぅ、腰がミシミシ軋んでるよぅ、
四つん這いの状態から既に痛かったんだからさ。

しかもさ、あんま激しくやんないとか言ってたクセに
随分と勢いよく突いてくるじゃないか。
なんならいつもの3割増ぐらいの勢いじゃないか。
挙句の果てに背中から降り注ぐ声が

「眺め最っ高~、エロいね~」

ついにお前もケツフェチになっちゃったか。あぁ元からか。
因みに僕はケツ肉とケツ穴のダブルフェチだけど
お前は肉にはあまり興味無いんだもんな。
毛の無い穴が綺麗だとかってさ、好きなんだもんな。
このド変態が。

僕はケツ毛ちょっとある方がエロくて好きですけど。

テーマ:男同士の恋愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

昨日の時点でまだ続きそうな予感と思っていたら、オチは、、、新たな扉でしたか;;
それだけよかったなら、まだ、口紅さんはご活躍でしょうか??
で、toyoさん、お尻ツルツルなんねwww
【2010/10/22 01:48】 URL | マー坊 #R/T0D4oQ [ 編集]


新世界へようこそ?
さとぴは、、、すごいね。妥協知らず!
toyoくん、とっても優しいって思うわ。
【2010/10/22 07:49】 URL | なよ #3SDog/2w [ 編集]


イイお話だったわ。
toyo君あれだね、やだやだと言いながら
最終的にさとぴぃの言うことを聞いてあげるところが、その、覚悟を決めるあたりが
やっぱり男、いや「漢」です。(余談ですが最近三国志ネタが全然なくてちょっと寂しいです)
お二人とも『声出ちゃう派』なんだ。いいなあ…男性の思わず出ちゃう感じで出ちゃう声って好きなんだけどうちの旦那様は滅多に出さないんだよね(私のテク不足ですかね…)。toyo家に盗聴器仕掛けたくなっちゃうわ。
あ、おうちの前の公園に遊びに行けば聞こえるか?
じゃあベビーシッターでもやりながら公園デビューしなくちゃ。
【2010/10/22 08:48】 URL | toma #mQop/nM. [ 編集]

>マー坊さん
マー坊さんこんばんは。
ツルツルっていうか、なかなか生えてこないのです。
そもそも全体的に毛が少ないし。
実は僕、それが普通だと思ってたんですよ、ずっと。
見る機会がそんなに無いものだから仕方ないけど
高校ぐらいまでケツ毛なんてごく一部の毛深い人しか
生えないものだと思ってて。みんな無いでしょ?みたいな。

大学ぐらいからそれなりに遊ぶようにもなって
動画も見るようになって、段々わかってきたんですけど。
男は生えてる方が普通なのね!と。結構ショックでした。
ケツ毛が珍しいと勘違いしてたお陰で
やたらエロいと思えるようにもなったんですけど。

え~と、以来2回程使用しましたが毎回ではありません。
感覚に慣れたら勿体無いので小出しに。
【2010/10/23 16:10】 URL | toyo #- [ 編集]

>なよさん
なよさんこんばんは。
そうでしょ、優しいでしょ。僕もそう思いますよ。
【2010/10/23 16:10】 URL | toyo #- [ 編集]

>tomaさん
tomaさんこんばんは。
イイ話ですか、これ。わからん…
奴隷属性高めなんですかね、いつの間にか
気が付いたら調教されてたかもしれません。
何故か言うこと聞いちゃう。甘いなぁと自分でも思う。
全部わかってても「お願い」と言われると
「もうしょうがないなぁ」になりますよねぇ。

完全にブログの都合なのですが
実はかなり記事遅れてるんです、予定よりも。
溜まりに溜まって。
最初から1ヶ月程度に少し遅らせるつもりだったのが
気が付いたら3ヶ月以上とかザラなんです。
なので三国志ネタをUPする余裕が無いというか…
それ出すなら先にこっち出しておかないと
今起きてるこの件を記事に出来ないぞ、みたいな。

普通は声あまり出さないもんじゃないですかね?
僕もタチの時はそんなに出ないし、出す理由が無いというか
声が出るタイプの快感とは違うタイプのような。
あまりオススメしませんが旦那様を掘っちゃうのが確実かと。
掘られたら大体出るでしょ、喘ぎか呻きか微妙だけど。

このコメント書きながら見知らぬ旦那様の悲劇を
想像するとつい半笑いになってしまいます。
【2010/10/23 16:11】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。