僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2017/04│ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

彼姉1
彼氏のお姉さんの話。

夏のある日、僕が仕事から帰って来ると
家にお姉さんが来ていた。
「お久し振りです」と挨拶をしたら急ぐ様子で
「じゃ、よろしくね!」と足早に出て行ってしまった。
平たく言えばすれ違い。

このヨロシクネは恐らく弟のサトルに向けられたものだろう、
特に気にせずいつも通り「ただいま」と家に入ったら
家の中に見慣れない生き物が。

「お姉さんの子だっけ?」
「うん、明日まで預かってくれって。」

えっ?
ええええっ?!
ちょっとお姉さん、嘘でしょう?冗談ですよね?

「誰が面倒見るの?」
「俺達しかいないじゃん。」

ちょっと待て。僕は無理だぞ?
明日までって、今夜も仕事だぞ?
お前それわかってて引き受けたんだよな、勿論。
てことはお前は今日休みなのか?

「俺も仕事だったんだけど、さっき休むって店に言った。」
「そっか、ならいいんだ。」

「トヨも店休んでよ。」
「は?なんでだよ。」

「俺1人で面倒見られるわけないじゃん、やったことないもん。」
「俺だって子守の経験ねぇよ、由緒正しい一人っ子だぞ。」

お姉さんの一人息子でありサトルの甥っ子、仮名チビくん。
玄関で立ち話を続ける僕らを下からじっと見上げている。
チビくんの手にはお気に入りらしきぬいぐるみが
ぎゅっと握られていた。もしかして、不安を感じてるのか?

サトルの話を詳しく聞くと、いつもなら実家のお母さんに
面倒を見てもらっていたが今日はどうしても
お母さんの用事を外せなくて保育所もダメで
仕方なくサトルを頼って来たらしい。

しかしサトルもサトルで「トヨが子供好きだから大丈夫」と
物凄く人任せな安請け合いをかましてこうなった、と。
なんでまず自分でやることを考えないんだよ、
そもそもお前の血縁者だろうが。

「こんな小さい子に何かあったらどうすんだよ!
 俺達だけで責任取れると思ってんのか?
 大体若過ぎるし経験不足だしそもそも俺なんて他人じゃん、
 こんなどこの馬の骨とも知れん奴に子供を、ありえん!
 姉弟揃って非常識にも程があんじゃねぇの?」

あまりの出来事に一気に捲し立ててしまった。
ふぅ、落ち着け俺。こんなのは今に始まったことじゃない。
冷静に冷静に、これからどうするか作戦会議を始めよう。
現実的な具体案を捻り出すにはまず正確な現状把握だ。

「で?お姉さんはどこ行ったの?」
「なんか、旅行?ライブとかなんか?大阪で?
 とりあえず関西方面で何かあるんだって。」

要約したら殆ど「どこかで何かがあるらしい」じゃないか。
どんだけ情報ふわっとしてんだよ。

「お前、なんでちゃんとそういうこと詳しく聞かないんだよ!」
「だってすげぇ急いでたんだもん、強引だったんだし。」

なるほど、お姉さんは半ば強引にこのチビくんを
我が家に置いて行く形で出掛けたんだな。
チビくんさっきからずっとぬいぐるみをぎゅっとしてる。
あぁ、心細いんだろうな。でも泣いてないってことは
慣れっこなのかな、お姉さんも普段は働いてるし。

一瞬自分の幼少時代が頭を過ぎった。
うぅ、見てるだけで心が痛い。
そうだよね、そうだよね、チビくんは何も悪くない。

ひとまず作戦会議は後回しだ。
チビくんの緊張を解すのを先にしよう。
なんかもう、じっと我慢してる子供の表情は見てられん。

「チビくん何か食べた?」

チビくん無言で首を横にふるふる。

「じゃ一緒に何か食べよう、何食べたい?」
「すてーき。」

ちょ、朝からステーキ!開いてる店なんか無いだろ。
ファミレスだってモーニングセットの時間だぞ。
初っ端から躓いたんだけどどうしよう、あぁもう、
僕だってさ、子供は好きだけど慣れてないんだよ。

「う~ん、ステーキかぁ、今やってるお店がねぇ、
 この辺には無いんだよ。他に何かある?」
「すてーき。」

今この子からサトル家の血筋を垣間見た。
甥っ子でもこんなに似るもんなのか、
僕は兄弟も従兄弟も親戚自体1人もいなくて
今後も増える予定が無いのでわからんけど。

「チビくん、ステーキはまだ食べられないんだよ~」

チビくん、無言でぷぃっとそっぽを向いてしまった。
う~わ~拗ねた時のリアクションがサトルと同じだ。
てかなんで俺嫌われてんの?まだ何もしてないよ?

「サトル君、24時間スーパーで一番いい肉買ってきて。」
「俺のも買っていい?トヨが作るんでしょ?」

もうそれしか無いじゃないの。先が思いやられる。

テーマ:わぁ~んヽ(;´Д`)ノ - ジャンル:恋愛

TOP

検索