僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

07 │2017/08│ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

彼姉3
toyoの初子守奮闘記。

叔父さんに泣かされて物凄く凹んだチビくんを
元気付ける為にお菓子を買いに近所のスーパーへ。
そこに行くまでずっと手繋いでたんだけどさ、
いやぁ子供の手ってちっちゃいな~!
ちっちゃ過ぎて繋げないの。

だから僕の人差し指を、チビくんが手全部使って
ぎゅってする感じで。か、可愛い。
でもやっぱりまだ心細かったのかな、
お気に入りのぬいぐるみも抱っこして連れて行くって。

チビくんのお気に入りのぬいぐるみ、
日本人なら誰もがその名前を知るであろう
某ヒゲオヤジ土管工ゲームに登場する緑色の爬虫類。
チビくんはそのぬいぐるみを「よちぃ」と呼んでいた。

どうも舌足らずでサ行とラ行と一部の濁音が苦手みたい。
確かに言われてみると、この2つは発音時に
舌を使ってる感が強い気がする。

スーパーでお菓子を買う際、チビくんから
真っ直ぐで純真で一片の曇りも無い
うるうる瞳でお願いされた。

「よちぃのお菓子も買っていい?」
「えっ、ヨッシーもお菓子食べるの?」

「うん。」

この時の「うん」がさ、凄いんだ。
君はそれをどこで覚えたんだ?てぐらいの
極上の上目遣い。つまりわかってて甘えてるってこと。
何なんだこの家系は。男の子でもこうなのか。

「ヨッシーは何のお菓子が好きなの?」
「よちぃはねぇ、よちぃはねぇ、ん~とぉ~
 あ、おもいだした!いちごのけーき!」

そんなのスーパーにあるかぁ!と思ったらあった。
てかさ、それってヨッシーが好きなものじゃなくて
確実に君が好きなものだよね。どうせ君が食うんでしょ?
小さいショートケーキだけど2個入で380円か、
ケーキ屋より安いからいっか。

「このケーキでいいのね?」
「ううん、もっとおっきいの。もっといちごいっぱいの。」

そんなもんあるかぁ!

オイなんだ、ケーキ屋連れてけってか。
ここから歩くと相当あるぞ?2km以上は絶対だ。
僕は構わないがチビくん、君は歩けるのかい?
言っておくが僕のバイクに2ケツは恐過ぎて無理だ。

叔父曰く「甘やかされてる」が身に沁みたね。
あ、そっか、だから朝飯の肉も赤身の柔らかい
一番美味しいとこしか食べなかったんだな。
筋はまだわかるが脂身全否定だったもんね。
24hスーパーの早朝では無名国産牛肉が限界だよ。

マグロもピンク色だと思ってそうだな、
もしかしたら大トロしか知らないんじゃないか。
赤いの?ナニソレ?みたいな。

結局僕1人で買いに行ったんだけどさ、
ケーキ屋までね、バイクでね。
苺のショートケーキでいいんだよな?
む、2種類あるぞ?

てっぺんの苺変わらないけど中に挟んであるのが
なんだこれ黄色いの、桃?蜜柑?と、苺のやつ。
苺の方が60円高いんすか。
僕は迷わず苺入りの苺ショートケーキを買った。

ケーキを買ってあげてから、少しずつ
喋ってくれるようになったチビくん。
勿論ぬいぐるみのヨッシーが食べるはずもなく
チビくん当然のように何食わぬ顔でケーキをぱくぱく。

あ、やっぱり苺と生クリームだけなのね。
食べかけのスポンジは僕が食えと、ほほぅ。
そして新しいケーキ(僕の分)を指差し華麗な一言。

「いちごたべたいなぁ(上目遣い)」

マジデスカ?

いいけどさ、僕ケーキそんなに好きじゃないし!
わざわざバイクで買いに行ったけどそんなに好きじゃないし!
甘いの苦手だし寧ろスポンジ一番好きだし!
スポンジにうっすら残った生クリームの甘味が涙を誘う。

自らの幼き日々を鑑みて物思いに耽る。
他人の僕が言えた義理じゃないのは重々承知だが
サトル家の教育は何かが間違っている気がしてならない。
いや、そもそも教育が存在しないのではないか?

それとも僕の家がおかしかったのか?厳しすぎたか?
世間じゃこれは普通レベルかい?教えてばーちゃん。
この子まだ1回もありがとう&ごめんなさい言えてないよ。
僕が教えてもいいのかい?
唯一の肉親、叔父さんは同じ属性で役立たずだYO!

「この子、このまま成長したらサトル以上の
 とんでもないモンスターになりそうな気がするな。」
「だから言ったじゃん、甘やかしてんだって。」

「いっぺんお姉さんと膝突き合わしてみたいもんだな。」
「膝カックンするの?」

「じっくり話をしてみたいって意味です。」
「やめとけ、自己中の塊だからアイツ。」

お前が言うか。

テーマ:わぁ~んヽ(;´Д`)ノ - ジャンル:恋愛

TOP

検索