僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

10 │2017/11│ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
彼姉5
後日談的な。

翌日お姉さんが愛しの我が子を迎えに来た、
までは良かったが実は予定より5時間の遅刻。
仕事に遅刻はしなかったからいいんですよ、
僕の睡眠時間が5時間削られただけですから。

迎えに来たお姉さんの最初の台詞がまた凄いの。

「アンタ達思ったより使えるじゃないの。」

うわぁこの姉弟そっくりだ、と思いました。
すぐ人を「使える」とか言っちゃうの、
僕はもう慣れましたけどね、弟で。
サトルのお母さん、いい人そうなのに一体どんな教育を?

お姉さん、これ以来軽く味を占めたっぽくて
「また頼んじゃおうかな」とか言ってんの。
いや、もう「その時はよろしくね」とか言ってんの。
ある意味宣戦布告ということですよね、わかります。

それでバカ弟がまた「いいよ」なんて
2つ返事で安請け合いしやがって。
ちょっと待てと、お前何もしてねぇじゃねぇかと。
殆ど、いや全て僕に押し付けてただろと。

「お前何もしねーのに安請け合いすんなよ。」

僕は言ってやりましたとも。
そしたらサトル、ひとっっっつも悪びれる様子もなく

「いいじゃん別に、子供好きでしょ?」
「だから、好きでも責任持てねぇから!」

ここまでは僕らの会話でいいんですけれども。

「toyoは嫌だったの?ちょっとぉ弟!どういうこと?」

まさかのお姉さん参戦。え?そうなっちゃうの?
いや、まさか面と向かって嫌だなんて言えるはずもなく
僕はしどろもどろで弁解。

「いえ、チビ君と一緒にいるのは全然いいんです、
 可愛いし楽しかったです。でももうちょっとサトル君も
 手を貸してくれてたら良かったなぁということで、」
「そんなの2人で話せばいいことじゃないの。」

はい、そうですね、すみません。
てか弟に「お前も手伝えよ」的なことは
一切言わないんですよね。
僕も段々サトル家のことがわかってきましたよ。

「じゃあまた何かあったらよろしくね。」

これは明らかにピンポイントで僕に言ってますよね、
オイオイ、それでいいのか。
こりゃ早い段階で色々と確認しとかないといかんぞ。
よし、お姉さんにちゃんと言おう!言うんだtoyo!

「そもそも僕みたいな他人に預けて大丈夫なんですか?
 しかも僕、子育てとか子守の経験も全然無いのに。」
「赤ちゃんじゃないから大丈夫でしょ、それに弟もいるし。」

いや、だからね、その弟は全く役に立ってませんよと。
あぁ、僕がちゃんとやればいい、なるほど。
ってこの姉弟は揃いも揃って僕をコキ使うのね。
ある意味他人と思ってないよ、もう身内だよ、てことなのかな。
そう思えばちょっと嬉しいかも。こうして僕はハメられるんだな。

「このオバサン(お姉さん)に逆らっても無駄だよ。」

弟サトルがこっそり零した呟き。これで何となく理解出来た。
そうか、このお姉さんはサトルの手にも負えないのか。
君より姫レベルが上なんだね、そういうことなんだね。
だから珍しく従順だったんだね。

オバサンと言われてちょっとムッとしたのか
はたまたこれくらいは序の口なのか、
お姉さんのターンがまた強烈で。

「そんなに嫌ならもういいけどぉ~」

この時、言葉だけ書けば普通なんだけど
実際はね、目が全く微笑んでいなかった。
いわゆる「目は口ほどに物を言う」状態のお姉さんの目。
しかも明らかに立場が最も弱い僕にね、ビシッと。

アタシの頼みを聞けないんだったらアンタのことなんか
認めてあげなくても全然いいんだけど?
なんなら存在そのものを全否定して差し上げてもよろしくてよ?

的な脅迫めいた鋭い光を感じたの!
実際本当にこんなこと思ってたかはわからんけども、
僕の被害妄想かもしれないけども、怖かったんだよ。
全面的に僕が悪うございましたすみませんでした。

きっとお姉さんから見たらさ、弟がまず
手下とか舎弟とかそういうものなんだろう。
そのパートナーも他人じゃなくて弟2号みたいな。
多分僕へのこの扱いは、サトルと同じなんだ。

サトルの表情とか態度とか見てたらなんとなくわかるもの、
昔からずっとこんな感じの人なのかな?お姉さんは。
サトル曰く「そう」だって、なるほど。
お前も苦労してたんだな。

これはある意味弟と同じ扱いをすることで
僕も身内扱いだと、受け入れてもらってるとか
そういう解釈でもいいのかな?

サトル曰く「そういう意味もある」だって、なるほど。
そっか、じゃあ無理矢理喜んでみるよ僕。
他人と思われてないのは素敵なことだよね!

お姉さんの悪口を言うつもりは無いけども、
サトル家の人って凄く変わってるよね。
お母さんは普通っぽく見えたけども
こんな小悪魔量産してんだ、きっとどこかがユニークなはず。

へぇ~お母さん天然なの、そう、だから娘と息子が
しっかりしなきゃ!てなっちゃったの、ふぅん。
それ本気で言ってんの?ギャグじゃないの?

うちも大概おかしいけどもね、主に母が。
どっちの家もおかしいのは女だってのも奇妙な一致。
そりゃ僕もサトルも男と付き合っちゃいますよねぇ。

女が強い家庭は安泰だーなんて話もあるがね、
強過ぎるのもいかがなものかと。
お姉さんの僕を見る目に宿った光はまさしく
「何かと便利なパシリ2号発見」きらりん☆だったよ。

あ、もしかしてお姉さんてさ、そもそも男を下に見るタイプの
高飛車属性な人、だったりするのかな?
ついでに年下=格下みたいなヤンキーや体育会系に
ありがちな年功序列至上主義者?

サトル曰く「その通り」だって、なるほど。
それなら実際僕も年下なわけだし、
しょうがないっちゃしょうがないのかな、うん。
美人なのに、あんなにすこぶる美人なのに、
昔は何気にちょっと憧れてたのに。

嫁姑問題ってこんな感じで始まるのかな。ふっ

テーマ:わぁ~んヽ(;´Д`)ノ - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
ふっ
最後の「ふっ」に全てが凝縮されていたような....。
姉弟の関係は、「女王様と下僕」になってしまう家庭が多いみたいですね~。
ウチもそうでした。
でも、弟が使えなさ過ぎて、「私が全部やるから、あんたは黙って言うこと聞いてなさい。」っていうスタンスでしたが....。

嫁、小姑問題にまで発展したんですね。
嫁っていうのは女性ですから、実家で女王様だった可能性があるんですよね。
だからバトルになるんですが、toyoくんの場合は心優しい男の子だから、最初から勝負にならないのかも....。
っていうか、男の人はグチグチとバトルくらいだったら、黙ってやってあげた方が楽だと考えるのかもしれませんね。
女性の場合、「ここでやってあげたら、私の負けだ。」なんて、あくまで勝負にこだわったりしますから。

しかし、toyoくん、やっぱり良い嫁ですね~。
ウチにも欲しい♪
【2010/11/05 01:16】 URL | R #- [ 編集]

お疲れ様でした
よくぞ我侭に付き合ってあげました。
自分なら面倒くさい事は却下するなあ。
どんなに子供好きでも相性って有るような気がするんですが、toyoさんの場合、我侭に振り回されながらも、幼少期のサトル君見てるようで楽しかったのでは?
親子で味をしめなきゃいいですね(笑)
【2010/11/05 13:52】 URL | ジウ #B5JZ5H5E [ 編集]


ほんまに大変でしたね(汗)ちゃんと労って貰いましたか?私からもお疲れ様です!
私ならただでさえ子どもが苦手なのでちび君をどついてると思います。
度々思うのですが、toyoさんに私のお嫁さんになって欲しかったー!!
【2010/11/05 22:44】 URL | 薫 #- [ 編集]


toyoさんこんにちは。

いやぁ~大変でしたね、お疲れ様です(^^;)
オレも甥っ子・姪っ子を相手にしてきたので大変さは何となく分かります・・・でもチビちゃんの方がウチのに比べると何倍もウワテそうですが(笑)
チビちゃんの無邪気な(?)可愛さに、読んでるこちらまでほっこりしてしまいました。

それにしてもお姉さん、只者ではありませんね・・・でもtoyoさん達が本当にピンチの時にきっとこういう人が助けてくれるのかなぁ~なんて勝手に憶測してみたり(^^;)
まぁでもtoyoさんにも仕事があるので、そう毎回毎回って訳にはいかないだろうけど・・・。

風邪には注意してくださいねー。
【2010/11/07 11:16】 URL | あくる #9L.cY0cg [ 編集]

>Rさん
Rさんこんばんは。
そうですか、お姉さん=優しくて可愛いくて頼れる
というイメージはとてつもない幻想なのですね。
でも「私が全部やるから、あんたは黙って…」は
そんなに嫌いじゃないかも。寧ろ好きかも。
尻に敷かれるって何気に楽なんですよ、
だって何も考えなくていいんだもん。これスゴイ楽。
ただ言われたことだけやってればOKで
考えるのは全部上の人がやってくれるわけでしょ。
そんなに重たくない人なら尚のこと大歓迎です。

今気付きましたが嫁姑問題って
僕は自分で自分のことを嫁と言っちゃってるんですね。
我ながら情けない…
勝負?する気にすらなれません。勝てるわけがない。
そう、そうなんですよ、正面から立ち向かうなんて
よっぽどのことなんですよ。
大抵は大人しく従った方が楽だし損害も少ない
「楽だから」の一言に尽きます。本当にそう思ってます。

僕は自分を嫁と言ったり彼氏を女に見立てたりと
どっちがどっちなのか忙しいですね。
【2010/11/07 17:29】 URL | toyo #- [ 編集]

>ジウさん
ジウさんこんばんは。
相性あるんですか、今回は何気に悪くないかも?と
思いました。叔父で随分免疫鍛えられてましたし。
後で聞いたらチビくんも結構気に入ってくれてたみたいで~
「おにぃちゃんのおうちまたいきたい」とか言ってて~
「こんどしんかんせん(玩具)もってく」とか言ってて~
それで本当に来てくれまして、えぇ。早くも第二弾かと。
やっぱり可愛かったですよ、子供って懐いてくれると
マジ可愛いすね、超絶愛くるしい。

どうやら親子で味を占められた模様です。
【2010/11/07 17:30】 URL | toyo #- [ 編集]

>薫さん
薫さんこんばんは。
苦手ですか、そうですか、僕もちょっと前まで
食わず嫌いで苦手意識あったのでわかります。
好きと思ったのもある日突然いつの間にかだし。

今更ながら、自分で自分を嫁と言ってしまったことに
軽く後悔しております。自覚してんのかよみたいな。
せめて婿だろみたいな。
【2010/11/07 17:31】 URL | toyo #- [ 編集]

>あくるさん
あくるさんこんばんは。
助けてくれる…自己中でも憎めない所があるので
心底薄情な人ではないと思います。そこが弟そっくり。
味方になってくれたらかなり心強い、頼りになるかも。
そういう雰囲気も姉弟でよく似てるなと思いました。
毎回は無理ですが、今度はチビくんの強い希望により
早くも第二次子守大戦勃発しました。
でも第二次はごくごく普通に楽しかったんですよぅ~
顔がまん丸でお目目がくりっくりでお肌すべすべで
きゃっきゃしてて超絶愛くるしかったんですよぉ~
【2010/11/07 17:31】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。