僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

09 │2017/10│ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
転機
若人の人生の転機はある日突然。

2010年12月3日。
とても大きな衝撃、とても大切な話。
その時の驚きは今も鮮明に憶えてる。

タクが結婚するんだって。

携帯で「あのさ」から始まって次の一言だった。
だけど、あまりに急過ぎやしないか?
僕らぐらいの年齢でこういうことが急に、てのは
やっぱり色々と考えられる理由が浮かぶ。

おめでとうと言うべきなのか?
言っても大丈夫なのか?
少し悩んでやっぱり「おめでとう」と言った。

「うん、まぁ、うん、ありがとう。」

思ったとおりの微妙な反応。

「どしたの?」
「急だと思ったでしょ?」

「そりゃ思うわ。式とかやるの?」
「やらねぇ、金がねぇ。」

後日改めて詳しい話をしたい、と前置きしながら
電話口でさらっと事情を聞かせてもらった。
そもそも相手も経緯も全く知らない、わからない。
でも、もしかして?と少し想像が付いた。

相手はやっぱりメイサちゃんだった。
急な理由もやっぱり妊娠だった。
こりゃ大変なことになりそうだ、
この時の僕の予想は見事的中する。

ここまでは大体予想出来たけども
あれ?といくつか疑問があった。
メイサちゃんがタクを好きってのは聞いてたけども
いつの間に付き合ってたの?

「いや、付き合ってない、まだ。」
「えっ?!」

後日聞いた詳しい話によれば
まだハッキリとそういう段階ではなかったんだって。
彼女は「好き」と言い、彼は「どうしよう?」と考えてた最中。
でもまぁ、やっちゃうよねぇ。わかる、わかるぞ。

その段階だけどまぁ、そういうことに至り、
そのたった1回で見事授かってしまったと。
それもすげぇな。凄腕のスナイパーじゃないですか。
因みに僕が話を聞いた12月3日は妊娠が発覚した
2日後という、ピチピチの新鮮過ぎる報告だった。

う、どうしよう、なんか微妙におめでとうって言い辛い。
最初に言っちゃったけども。手放しには喜べない感じ。
そもそもタクがあんまり喜んでない感じが
電話越しに伝わってくるのが何とも言えん。
しかし黙ってるのも変だ。

「黙ってないで何とか言ってよ~」
「えーと、大変だと思うけど、出来ることがあれば
 全力で協力するから、何でも言えよ?」

「わかった、ありがとう。」

ではまた改めて後日、ということでタクとの電話が終わり
折角だからメイサちゃんにも電話でおめでとうを
言おうかなーと思って電話してみた。

電話口に出たメイサちゃんの最初の声で、
少しおかしいなと思ったんだ。元気ないなぁとか
あれ?テンション低い?とか。

「タクからさっき聞いたんだけど、おめでとう。」
「うん、ありがとう。」

「これもさっきタクに言ったんだけど、家も近くだし
 出来ることあれば何でも手伝うからねー
 サトルもいるけどうちに遊びにもおいでねー」
「うん、ありがとう。」

この時はこれで電話を切った。
そしてまた後日、メイサちゃん本人から聞いた話。
この電話の時、メイサちゃんは両親と
激しい衝突があった直後で、大変だったらしい。
いわゆる修羅場ですね。

「テンション低くてごめんね、でも凄く嬉しかったー」
と本人から改めて感謝された。
そこまで感謝されることでもなかろう、と思っていたら
メイサちゃんにとって、僕が最初で唯一の
「真っ先に祝福してくれた人」だったから、らしい。

誰も喜んでくれない、誰も祝福してくれない、
折角生まれてくる子なのに、この子が可哀想。
ごめんね。メイサちゃんはそう思ったらしい。

それも気の毒な話だけど、そうなるのも当然だと
本人達もわかってるみたいなので愚痴は零してない。
でもメイサちゃんは、凄く悲しかったみたいだ。
一番不安で一番大変な立場なのに、それは可哀想だ。

メイサちゃんも驚いたけど、でも中絶はしたくないって
真っ先に思ったって。
とりあえずタクには話さなきゃ、と思ったけど
その結果がどうなろうとも絶対産むと決めてた。

僕のイメージ通りの子だと思った。
順序が多少狂ったっていいじゃないか、
誰が何と言おうと彼女は子供を殺さないという
選択をしたのは間違い無い、立派じゃないか。
僕はすぐにそう思ったんだけど。

その結果、タクも驚いた後に殆ど迷わず
結婚と出産を選んだとメイサちゃんから聞いた。
それもタクらしいと思った、僕が昔から知る彼なら
そうするだろうなと思ってたから。

でも、メイサちゃんから見るに、仕方なくそうする感じで
妊娠自体は喜んでもらえてなかったと見えて
それなりに悲しかったんだって。
マタニティブルーってやつなんですかね?これ。
何でも不安に思ったり悲しくなったりしちゃうの。

更に親は結婚にも出産にも大反対で
付き合って間もない(本当はまだ付き合ってもいない)のに
結婚なんかしても絶対に別れるからとか。

確かに1ヶ月未満は短過ぎるよなぁ。
そもそもまだ付き合ってないって怖いよなぁ。
相手のこと何にもわからずに結婚するってことでしょ?

でもメイサちゃんは偉いよ、親にちゃんと言ったんだって。
「私が好きになったから彼は何も悪くない」ってことと
「今この子を堕したら私は逆に、一生後悔する!」
と言って実家を出てきちゃったんだって。

カッコイイじゃないの。女前じゃないの。
関係無い僕なのに、ちょっと嬉しくなった。
メイサちゃんは単純に「子供に罪は無い」と思ってて、
既に「私の子」とか「私が守ってあげなきゃ」とか
思ってるみたいで。

タクのことも結婚のことも出来ればいいけど
出来なくても関係無い、私は産むし1人でも育てる!
という固い意志があって、結果両親に勘当されちゃった。
しかし言っちゃ悪いがメイサちゃんの親御さん、頭大丈夫?

こんな大変な時期の娘を勘当とかさ、何考えてんの?
お腹の子に何かあったらどーすんの、とか考えてないの?
妊婦さんにストレス与えちゃいけないんだよ?
それくらい僕でも知ってるよ。バカじゃねーの。

そしてその日からタク家に転がり込んだメイサちゃん。
荷物なんて殆ど何もない、いつも持ってるバッグ1つだけ。
ここから始まる2人のストーリーって感じ。

しかし話はそう簡単にはいかず。

簡単に言えばタクとメイサちゃん、
いきなりってか既に、上手くいってない。
2日に1回ぐらい喧嘩してメイサちゃんが家を飛び出す。
最終的に、メイサちゃんはtoyo家に居候することになる。
僕に妊婦さんの面倒なんて、みられるのだろうか?

ちょっと、いや、かなり心配な2人。いや、僕もか。

テーマ:複雑な心。 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

こんばんは!

これまたすごい展開ですねぇ…
男の人はやっぱり戸惑っちゃいますよね、まして結婚はもちろん付き合うかどうかって関係なら、ね。

私はメイサちゃんの覚悟というか、心意気にただただ頭が下がる思いです。

私は妊娠中は母性なんて全然なくて、生んでやっと芽生えた感じでしたからね。

うん、でも、赤ちゃんって親になる人を選んで生まれてくるっていうし、そんな状態の二人の元にこのタイミングで授かったということは、きっと意味があることなのかもしれませんね。

親の理解とか、越えなきゃいけないことはたくさんあると思うけど、でもホント子どもに罪はないから元気な子を生んでほしいです(涙)

私も今、妊娠中だから他人事と思えません(>_<)

メイサちゃん頑張って(>_<)☆
【2011/02/03 00:37】 URL | ちさ #- [ 編集]


こんにちは。こういう話はオバちゃんに任せなさい、なんて偉そうなことは言えないけれど、
『笑う出産』まついなつき著 というエッセイ本があるので是非読んでください。古い本だけど探せば見つかると思う。
エッセイなんで、別に笑いながら産むハウツーが書いてあるわけでもないけど、妊娠中の不安とかそういうのが解消されると思う。漫画家さんだから絵も多いし堅苦しい話じゃないし。
妊娠した時の月数の数え方なんてtoyo君知らないだろうけど、つまり、最後のセイリの日から数えることになるわけで、出会ってすぐ恋に落ちて(落ちなくても、つまり)やっちゃって出来ちゃった場合、その数える起点の日にはまだ知り合ってなかったという場合もあるわけで…
このまついなつきさんがまさにそういうケースで、それでもしっかり結婚出産して…というまあ一部始終が書いてあったりして、読んだら絶対『なんとかなる』って思えると思うんだけど…
まあ、オバちゃんの感じ方だからアレだけどね。

ともあれ、アワアワしているうちに子供はどんどん育つし、さらに言うと出てきちゃうと、しばらくは身動きとれないから、身一つのうちにいろいろな決めごとや準備を済ましておいた方がいいと思います。ケンカも今のうちにしておいて、子供が生まれる頃には慣れてるといいね(!?)。

メイサちゃんの親は『勘当』とでも言えば困ってメイサちゃんが産まない選択をすると思って勘当って言ってるんでしょうね。
自分の子供がいきなり妊娠して産むって言い出したら親は「産むな、そういうことはちゃんと準備を整えてから産みなさい」って言うもんだと思うよ。「準備不足じゃ産まれた赤ん坊も可哀相だ」って言う。実はそれって本音は自分の子供(つまりメイサちゃん)が可哀相なのよ。『しなくてもいい苦労を背負い込まなくても』って思っちゃうんだね。でも自分の子供はもう既に産まれてくる赤ん坊のことが心配で可哀相だから下ろすなんて考えられないってモードになってる。親にとってはいつまでも第一は自分の子供だからそこはずっと分かり合えないかも。
時間が解決するケースももちろんあるけどね。
さあ、時間はどんどん経ってしまうので、頑張って。toyo君もいい機会だし、妊婦さんのケアはいいから、子育て勉強しといてね。あ~もう今から託児所と化したtoyo家が目に見えるわ…。
ともあれ、おめでとうございます。
ガンバレ!とメイサちゃんに、しっかり!とタク君に伝えてね。
【2011/02/03 11:34】 URL | toma #mQop/nM. [ 編集]


お見合い結婚よりもスピーディーな付き合う前の結婚て…。

しかしその状況じゃ「おめでとう」と言う前に「できて困るなら何でゴムしなかった」って説教してしまいそうです。
年のせいだろうか…?

タクくんのことだから子供が生まれたらいいパパにはなりそうだけど、いい夫になれるかはまた別問題だし付き合うことに迷いがあったのに結婚して大丈夫なの?ってちょっと思ってしまいました。
すでに暗雲立ち込めてきてるみたいだし、結婚選んだことで余計にメイサちゃんが傷つく結果にならなければよいのですが。
【2011/02/03 11:42】 URL | 輝 #- [ 編集]


こんにちは。

いきなりの急展開でビックリしました!
物事の順序や、お互いの関係性を考えると、今後どうなるかかなり不安ですよね;

ただ、タクさんもメイサちゃんも、「子ども」のことを
すごく大事に考えているような気がして、そのベクトルが同じ方向に向いて、始まりは不安定であったとしても、無事に元気な子を生んで、二人も新しいスタートをしてほしいなと思います。

とは言っても、その過程に至るまでの衝突はもう起こっているわけで…そこで近くにtoyoさんがいるのは
二人は何より心強いと思います。
メイサちゃんは妊娠中、ましてやお家を飛び出してまで来て、
やっぱりかなり不安定な部分もありますよね。
その時に、居場所がタクさんの家だけじゃなくて、toyoさん家があるっていうのは、彼女的にかなり精神的に大きくて、安心できると思います。

タクさんは男気のある人だとずっとtoyoさんのブログを見ていて思うし、メイサちゃんも腹が据わったしっかりした子だと今回の記事を見て感じたので、なんとか、二人で力を合わせてほしいなぁと思います。

ホントにtoyoさんも色々と気を遣う場面はあると思いますが、
二人と新しく生まれてくる子どもに、toyoさんの存在は欠かすことのできない必要不可欠だと思いますよ。
新しい命が無事に産まれてくれることを祈っています。
【2011/02/03 12:34】 URL | ハリ #3tT0kFxs [ 編集]

複雑
ニュースなんかで出てくる幼児虐待をここで思い出すのは失礼かもしれませんが、ああいうのや育児ノイローゼの殆どは「育児の協力者がいない」事が原因だと思います。
そういう面でtoyoさんには是非助けになってあげて欲しいです。
自分なんかはなんの責任も無いので、勝手な事を言わせて貰いますが、二人がヘルプを求めてきたらもう4人で育てる位の気持ちで居てくれれば良いなあと思います。
社会は多様化してきてます。
これから何十年か後、歳をとれば長屋のようなコミュニティで生活するようになる気がする。
ならば、子供だって皆で育てるという社会が出来ても良い気がしませんか?
Toyoさん達がそんな先駆けになってくれると良いなあと、ただの読者は無責任に思うのです。
【2011/02/03 16:14】 URL | ジウ #- [ 編集]


toyoさん、こんにちは。

あれぇ~、タクくんとメイサさん結婚するんですね、読み始めてビックリしましたw(°0°)w
皆さんがコメされてるように、きっとこのタイミングで授かったことは何かしらの意味がある、と思いました。
親になるお2人にはもちろんのこと、きっと周囲の人達にも・・・。

きっと色んな種類の不安を抱えて押しつぶされそうになっていただろう時にtoyoくんの祝福の言葉はどれだけ救われただろう・・・絶対に忘れないと思うよ!

あーなんかtoyoくんとメイサさん2人でお母さんしてる姿が目に浮かぶww
【2011/02/04 08:54】 URL | あくる #9L.cY0cg [ 編集]


なんだかんだ言って親はよく自分の子供のことをよく見てると思いますよ~
タクくんとメイサちゃんがうまく行っていない時点で、メイサちゃん親の見立てもあっているのでは?と感じます

もちろん、二人の関係がうまく進んでいくのに越したことはないと思います
【2011/02/04 22:17】 URL | し~ #- [ 編集]


付き合ってもいない人と子供が出来て、尚且つ、籍を入れて身を固める…これはなかなか難しいのでは?


結婚するだとか、二人の関係性うんぬんよりもまず、
子供を認知して、2人で?育てる事を決めたんなら、出産と養育に関する事(費用とか)を話し合いできちんと決めて、方向性を付けた方が幾分気が楽だと思う。
その上で親御さんに理解を求めれば、承諾や協力を得やすかったのでは?

結婚とか契約は後々でも何ら問題ないと私は思うな…。
親になることに変わりはないのだし。
未消化の状態でやってもね…禍根を残すと思う。

今は妊婦のメイサさんをどうタクさんがサポートしていくかの方が大事な気がします。。
【2011/02/05 04:50】 URL | やよ #- [ 編集]


何とコメントしてよいのやら…
toyoさんがどう書くべきか、ここに書いてもよいものか、
悩まれたのがわかりました。
大変な問題ですね。

私が感じたのは赤ちゃんの父親であるタクさんの気持ちが
結婚、出産その両方において消極的であること…

これが一番問題なのではないかと。

タクさんが悪いと言っているわけではないですよ。
自分の気持ちでさえ努力しようとしても
どうにもならないことはありますから。

ただ例え不安な気持ちを抱えていたとしても、
相手を好きだ、結婚はしたい、そういう気持ちがあれば
どんなに周囲の反対があったとしても
問題なかったと思うんですよね。

それならば時間はかかったとしても物事はきっと良い方向に
動いていくでしょうし、きっと少しずつでもいろんな問題を
二人で解決していけるでしょうから。

そういう気持ちが最初からないとなると…
ん~、難しいですよね。


一番傍にいて支えていて欲しい人の後ろ向きな気持ちを感じ、
ご両親の激しい反対に合い・・・
そんな状況での出産はメイサさんにとってあまりにも不安で
辛いものでしょうね。

そこに至った責任は自分達にあるとは言え、この状況は本当に
可哀想ですね。
どんなに心細い思いをしてらっしゃるでしょう。
ただでさえ心身ともに大変な時期なのに
心から安らげない現状では精神的に不安定になっても
仕方ないでしょうね。

本来なら子どもが安心して生まれてこれるように環境を整えて
あげることが親としてしなければいけない最初の仕事なんですよね。
お二人の気持ちや関係がグラグラの状態では生まれてくる赤ちゃんも
不安でしょうね…。

メイサさんは自分ひとりでも産み育てると決意されているようですが、
子どもを育てるということは成長の過程で
本当に多くの苦労を伴います。
勿論子どもは喜びも幸せも沢山もたらしてくれますが、
親業の多くは忍耐の連続です。
時には決意が揺らぐこともあるでしょう。
そんな時に身近な人(家族)のサポートを期待
出来ないのはやはり心配ですし
メイサさん自身も心細いでしょうね。

本当にどうすればよいのでしょう・・・。


toyoさんは少しでも力になれればと精一杯のサポートをしてあげて
いらっしゃるようですね。
ご自分ではいつも優しいわけではないと仰っていますが
本当に優しい方だなと思いますよ。
居場所がないメイサさんに部屋を提供し、きっと色々と話も聞いて
あげてらっしゃるのでしょう。
今のメイサさんにとってはtoyoさんは一番頼れる存在であり、
そこは唯一の安らげる場所なのでしょうね。

そう言えばサトルさんはこの件に関して何と仰ってますか?
タクさんはともかくメイサさんとは一緒に住んでいるのですから
無関係ではいられないですものね。


何だか前向きな意見がひとつも言えなくてごめんなさい。

その後、事態はどう動いているのかしら・・・

少しずつでも好転していることを祈るばかりです。
【2011/02/05 12:47】 URL | CoCo #NNK/NnEc [ 編集]


メイサさんの決意と覚悟は素晴らしいと思います。
母親になる女性は強いです。
付き合っていないのに授かっちゃった…みたいな受け取り方なタクさんの気持ちもわかる。
やはり男性は産まれてから父親になるのかも知れませんね。
喧嘩しても解り合いたいなら大丈夫だけど。
最初から逃げ腰は良くない。
それなら入籍しても不満だらけで続かない気がしますね。
【2011/02/06 01:01】 URL | ぷら #- [ 編集]

久しぶりにのぞきに来ました
私も母親になったせいか、なんか泣けてきました。
メイサちゃんの覚悟に感動しました。頑張ってほしいな。タク君がちゃんと支えてあげられたらいいんですが、男性が父親の自覚が出てくるのって生まれてからですよね。
結婚した夫婦でさえ、妊娠した妻と夫で結構すれ違いするのが普通なので、二人はより困難が大きいと思います。

親は、孫が生まれたら、全面協力してくれるんじゃないかと思うのは…楽観的すぎかな?

【2011/02/07 09:51】 URL | てるみー #7Vwe54W6 [ 編集]

>ちささん
ちささんこんにちは。
僕は経験したことがないので想像の域を
越えられませんが、戸惑うと思いますよ~
背負うものが大き過ぎるなぁ…とか。
女性は強いなぁと思いました。
中には自分のことしか考えられない人もいますが
今時でもそうじゃない子もいるんだなと。
ちょっと嬉しくなります、世の中捨てたもんじゃない。
実際はそんな呑気なこと言ってられなかったですが。
メイサちゃんつわりが酷いタイプだったみたいで
すごーくすごーく大変でしたよー!

妊婦さんは普段頑張らなくていいと思います、
産む時独りで死ぬ程頑張らなきゃいけないから。
周囲に思いっきり甘え倒してお姫様待遇で
無理せず楽に平穏に過ごして欲しいものです。
疲れたらすぐ休んじゃっていいと思うのです。
無事安産であることを祈っております。
【2011/02/07 13:05】 URL | toyo #- [ 編集]

>tomaさん
tomaさんこんにちは。
今回、ブックオフで妊娠出産関連の書籍を
大量に購入致しました。
妊婦さんと過ごすのなんて初めてのことなので
一応僕も勉強しといた方がいいかなぁ、というのと
メイサちゃんがつわり酷くて家から出られず
引き篭もってほぼベッドに寝たきりだったので、
暇だろうから、というのと色々情報があった方が
不安も解消するかなーとかそういう理由で。

その「笑う出産」ですが、近所のブックオフで発見。
僕は読んでいませんがメイサちゃんは読んだみたい。
不安解消に役立ったかもしれません。
月数ってなんだろう…?本では「何ヶ月」よりも
「何週目」という表記が多かった気がします。
病院でも「今何週目ですね」とか言われるって。

父親は彼で間違いないそうですよ。
彼女の性格を知る者は誰も疑いませんでした。

2人を見てると喧嘩と言うより、メイサちゃんが1人で
めそめそ泣くばかりって感じがします。
あくまで僕の目から見た印象ですが。
メイサちゃんが泣いてて、タクがどうしていいかわからず
溜息ばかり吐いてひたすら疲弊、みたいな。
今のうちに2人の喧嘩の仕方も覚えておくと
いいなと思います、夫婦喧嘩は絶対にするもんだし。

親との問題も未だ解決には至っていない状況なので
僕が抱いた印象は最悪のままですが、
何の権限があって、子の自主性や意思を尊重せず
自分の思い通りに動かそうとするんですかね。
子とはいえもう成人してるし自分で稼いで生きてるのに。
自主性を奪われた子の気持ちなんかわからないのが
親という生き物なのか、と思えばタクのお母さんは
2人に反対もしないしメイサちゃんのことも
受け入れてくれたし。親の人間性によるんですかね。

託児所と化すのもまたよろし、でございます。
子供大好き、触りたい、今から楽しみです。
赤ちゃんて2時間おきにミルク飲むんですよね!
ミルクの温度は人肌ですよね!
【2011/02/07 13:05】 URL | toyo #- [ 編集]

>輝さん
輝さんこんにちは。
そりゃ僕も全く同じことを思いましたし、多分
事情を聞いた殆どの人が、同じことを
考えたのではないかと。

でも今それを言ってもどうなるの?と思ったので
僕は言わなかっただけです。
いいパパといい夫は全然違うんですね、
う~ん、いいパパにはなりそうなんだけども
今の所いい夫かどうかは…
僕の目から見てももうちょっと関心持ったり
心配してあげたりしてもいいんじゃないかと。

ちょっと軽く考えてる所があると思うんですよ、
女なら誰でも妊娠するでしょ?みたいな。
自分は男だからどうしようもないし関係無いとか。
そう思っちゃうのもわかるんですけどね。
【2011/02/07 13:06】 URL | toyo #- [ 編集]

>ハリさん
ハリさんこんにちは。
「子供に罪は無い」の考えは見ていて凄く
気持ちが良かったですよ。
最初から選択肢が1つしか無いっていいなと。
そういう2人だから協力する気にもなれたし。

そもそも僕の家じゃね、メイサちゃん落ち着かない
と思いますよ。いくら他に場所が無いとはいえね。
それでも頑張って耐えてるの見てると
こちらも手間を惜しんでいられないなぁと思います。
少しでも安心してくれてたらいいんですけども。
じゃないとお腹の赤ちゃんによろしくないし。

彼に関しては僕もメイサちゃんもよく話してることで
「子供が生まれたら、きっと考えも変わるだろう」
と期待してる部分があります。
ちょっと見通し甘いですかね?
【2011/02/07 13:06】 URL | toyo #- [ 編集]

>ジウさん
ジウさんこんにちは。
僕も同じ考えですよ。僕の母親がそんな感じで
最終的に子供=邪魔な存在のイメージで
子供のことも僕のことも嫌いになっちゃったので、
そうならないようにしたいから今頑張ってます。
メイサちゃんがうちの母親と同じようになるとは
思っていないけど、でも妊娠期間中が苦しいばかりで
いい思い出が1つも無い、だと子供に対する気持ちも
若干変わってくるんじゃないかと思うんですよ。
なるべくマイナスイメージは払拭させたい。

僕はそういう気持ちで今妊婦さんの世話をしてます。
【2011/02/07 13:06】 URL | toyo #- [ 編集]

>あくるさん
あくるさんこんにちは。
僕もビックリしました。でも走り始めちゃったし
乗っちゃってるから今更降りられない感じです。
目的地に向かってひた走るのみ。

今既に、僕がメイサちゃんのお母さんみたく
なってます。毎日ご飯作ったり洗濯したり
色んなものを買い物したり、病院や役所の送迎も。
赤ちゃん触らせてくれますかねぇ?
【2011/02/07 13:07】 URL | toyo #- [ 編集]

>し~さん
し~さんこんにちは。
事情を聞いた誰もが「大丈夫か?」と同じ不安を
抱いたはずで、親の見立ては関係無いと思います。
ただ良い意味で他人だから、反対しなかっただけ。
【2011/02/07 13:07】 URL | toyo #- [ 編集]

>やよさん
やよさん初めましてこんにちは。
難しいんじゃないですか?
としか言いようがありませんが仕方ないでしょう。
難しいからって諦める話でも無いですし。
費用に関する計画も話し合いも済んでますよ。
大体2人共自立してて自分の稼ぎで生活してたし。
両親の理解はその辺、全く考慮されなくて
関係無かったようです。
ダメなもんはダメ!と理屈じゃないのでしょう。

ん~役所や病院等で提出する書類関係でも
結婚してるのとしてないのとじゃ
書くことも手続き内容も変わってきますよ、色々と。
そもそもお腹が大きくなったり子供が生まれてからじゃ
もっと忙しくなって身動き取れなくなるでしょうから
これはなるべく早めに手を打つべき件でしょう。

僕は寧ろ親の理解こそ後回しでいいと判断しました。
親から助けが得られないなら僕が…と考えていたので。
僕も親と禍根が無いわけではありませんが、
ぶっちゃけどーでもいいと思ってますよ、禍根があっても。
もう親なんていなくても生きていけますし。
【2011/02/07 13:08】 URL | toyo #- [ 編集]

>CoCoさん
CoCoさんこんにちは。
消極的なのは、お前のことだろ?と思う反面
気持ちわかる部分もあるので、
僕も本人に何とも言えないです。

メイサちゃんからすると、親よりも妊娠よりも
タクの消極さが一番の悩みの種みたいです。
信用出来なくなるって。
そりゃそうだろうな、とこれもわかる話であります。
でも僕は、中立の立場に留まらないと
余計に話が拗れるんじゃないかなぁと思います。

タイミングが不味かったですよね、
もうちょっと後なら、とか
もうちょっと先に付き合っておけば、とか。
タイミングさえズレてなかったら意外に
何もかもすんなり上手くいってたかもしれないし。
でも今そんなこと言ってもしょうがないので
本人達の前では言いません。

メイサちゃん、子育てのことは今のところは
あまり心配してないみたいです。
元々子供が大好きで、いつか絶対産むと決めてて
でも結婚願望は最初からあまりなくて、
だからシングルマザーでも別にいいやと
思ってたみたいです。
そういう考えの人もいますよね、仕事してる人だと。

今のところは、毎日の食事や掃除洗濯買出し、
あと役所の手続きや病院の送迎が僕の主な仕事です。
元々生活の中でやってたことだから
そんなに苦でも無いんですけど。

ただ、メイサちゃんのつわりが酷いらしくて
今日は何を食べられるか?がその日までわからなくて
かなり無茶なミッションになったりもしますね。
夕張メロンとか桃とか西瓜とかラザニアとか、
今の季節に厳しいよそんなの…みたいなことが。
あと病院に殆ど毎日か1日おきくらいに通ってて、
点滴を打ってるらしいんです。
その送迎ぐらいですかね、大変なの。

こう言っちゃ悪いですが、僕から見たら実は
メイサちゃんは結構どうでも良くて、お腹の子が
一番大事だと思ってるんです。
この子を守るには妊婦さんを守るしかないと。

僕は兄弟がいないので当然甥や姪もいないわけで、
従兄弟や親戚もいないので、なんとなく
甥っ子や姪っ子を可愛がる気持ちってこんなかな?
と想像してます。
【2011/02/07 13:08】 URL | toyo #- [ 編集]

>ぷらさん
ぷらさんこんにちは。
>最初から逃げ腰は良くない。
これは僕も本当にそう思う、思います。
ちょっとタクちゃん逃げ腰っていうかね、
勉強苦手な子がちょっと難しい本読まされて
脳が考えることを拒否してる感じ?があるんです。
もうアレやれコレやれ言われてどうすりゃいいか
わかんないから「もう知らん!」と本当は
全てを投げ出したいか誰かに全部丸投げしたいけど、
そういうわけにもいかないからただ黙ってる、みたいな。
いつも返事が「う~ん」ばかりなんで。
自分で決めることを放棄してる場面が多々ありました。
それでいつも最後は「俺仕事あるし…」なんですよ。
俺だってあるわボケ!ですよ。

色々愚痴ってしまいましたがきっと子供が生まれたら
考え変わると思います。期待してます。
【2011/02/07 13:09】 URL | toyo #- [ 編集]

>てるみーさん
てるみーさんこんにちは。
生まれてから、なんですかねぇ。まだわかりません。
そうなればいいなと思いますけど。
その楽観はとても素敵だと思います。
いや、いいと思いますよ?僕もそうなったらいいと思うし
案外そうなっちゃうかもしれないし。
てか何気に結婚生活ちゃんと続けていけたら
見る目も変わるはずですよ、だって結果出してるもん。
【2011/02/07 13:09】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。