僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

06 │2017/07│ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

元旦3
立ちバックでフェチ全開。

ぶっちゃけ僕はそんなにテクは持ってない。
もしかしたら平均よりも下かもしれない?
そんなレベルのはずなのに、
最近のサトルの開発されっぷりは凄い。

もうケツだけでもいけちゃうんだって。
何とも羨ましい話ですね、憧れるわ。
ねぇねぇそれってどんな感じなの?

どこかで激しく浮気でもしてなけりゃ
開発者は間違いなく僕であるはずなんだけども
僕にそんな技術があるとも思えないので、
もしや自己開発してるんじゃなかろうか?

因みに僕は後戻り出来なくなるのが怖くて
自家発電では未開発。まだまだウブいです。
出来れば彼氏に開発して欲しいなぁと
それなら是非喜んで!なんだけども。

自己開発、大いに結構だけども
でもでも、無茶な開発だけは絶対止めろ。
早い話があまり穴を広げるなと。

どうも穴フェチって拡張に走りがちだけども
僕はアレダメ、全然萌えない。
グズグズに緩んだ穴も拳が収まる穴も
そんなに好きじゃないんだよ。

きゅっと締まったウブい穴に
指とかちょっとした異物ぐらいが収まっちゃってる
ぐらいで丁度いいんだよ、最高に萌えるんだよ。
あらら~入っちゃった、みたいな。

だから絶対に広げるなよ!絶っっ対にだぞ!
僕がいかに無駄に広げないようにと
細心の注意を払いつつ丁寧にかつ繊細に
バージンテイストを残しつつ淫乱な穴に育てたか、
この愛情が君にわかるかね?

何?ケツ毛を処理したい?バカ言うな。
生えてるったって穴の周りにちょろっとだけだろ、
寧ろ最高のセクシーポインツだろが。
パイパンなんて侘び寂びの欠片も無いじゃないか。

こんな情熱を持ってるお陰か、テクは無いけど
穴弄りに物凄い時間を掛けてしまう癖がついた。
もう愛でて触って舐めてこよなく愛して、
全部が楽しい興奮材料。
僕にとっては本番なんて飾りです。

いくらやっても飽きないもの、フェチだもの。
弄られるのも好きだけど、弄ってるだけでも
ずっと勃ちっぱなし&先汁出っぱなし。
これが偉い人にはわからんのですよ。

よ~く考えたら、改めてよぉおおおく考えたら
うんこ出るとこなんだけどね、気にならないねぇ。
寧ろちんこの硬度が増すね、うんこすら愛せそう。
好きな人のうんこなら可愛いんじゃないかと。
もう誰も僕を止められない、そんな気がする。

これでサトルもなかなか「早く挿れて」とか
催促してこないのもいい。
逆にずっと弄られてるのを楽しんでるぐらいでさ、
多分コイツも相当好きなんだろうと思うけど。

しつこく触ってもお互いOKなんだから
こういうとこでも相性はいいんじゃないのかな。
お互いのタチの好みとネコの好みが
丁度いい感じに噛み合ってる感じ。

ていうかやっぱサトルの尻はいいなぁ可愛いなぁ、
もっちりしててつるつるですべすべで丸くてぷるぷるで
穴もきゅっとしてて可愛いし綺麗だし感度もいいし
久し振りに堪能したけどやっぱ最高。

最初にいきなり穴を狙わず、周りの毛だけを
しょりしょり舐める感じに攻め始めると
サトルは毛のこと気にしてるから、恥ずかしがる。
でも恥ずかしさがまんざらでも無いみたいで
これだけで3分は遊べる。

指だって最初は小指にして、
超優しくゆっくり抜き差しするだけ。
それから薬指、中指、と本数は増やさず
指を代えるだけにして、親指でやっと中でぐにぐに。
指を早く動かした時の声がまたかーわーいーいー

それから人差し指と中指を挿れてみたり
同じ指を2本、左右の手で同時挿入してみたり。
片手でやるより両手の方が反応が良いね、
中で不規則に動くのが微妙にツボっぽい。
これで30分は余裕で遊べる。

指挿れながら玉だけしゃぶったり
足の指を舐られたりするのも好きみたい。
竿には敢えて触ってあげない感じが
開発に辿り着いたポイントなのだろうか。

どうやらサトルは焦らしに弱いらしい。
焦らされて焦らされて、するといつの間にか
勝手にオナニーしだして放っておくと
勝手にいきそうになって「もう限界です」宣言。

「もういきそうだから、挿れて。」
「えぇ~もう?」

「喘ぎ過ぎて喉痛ぇ。」

確かにサトルの声は完全に掠れてる、咳払いも。
いずれ僕もこうなるんだろうと、
帰りにのど飴買わなきゃと下らないことが頭を過ぎる。

ここまで焦らしてやっと本番。
サトルには上半身をもう少し倒してもらって
立ちバックの姿勢から挿入を試みる。
上から眺める桃尻ラインもまたよろし。
一時期より痩せたお陰で腰のくびれも綺麗。

僕としてはあと3時間ぐらいはケツ穴を
堪能してもいいんだけど。どんだけ好きなんだろね。
今は本番より弄ってる方が好きなんだよなぁ。
最近は「早く挿れたい!」とかあまり思わないから。

でも本番始まって大体2分も持たずに
サトルは先にいっちゃうんだけど。
もしかしたらもっと開発が進めば噂のところてんも
夢じゃないかもしれないねぇ。

サトル曰く、ポイントはこの先らしい。
いってもそのまま激しく動き続けてると、
暫くするとケツだけでいける状態にまで進む。
第2ステージみたいなものかね?
いいなぁ、羨ましい話だ。

しかしそうは問屋が卸さない。
サトルが久し振りなら僕だって久し振りなんだ。
久し振りの生挿入ってのは生の感覚ってのは
凄いね、びっくりするくらいの衝撃が走るよね。

第2ステージ、行けないかもしれません。

テーマ:しあわせな時間 - ジャンル:恋愛

TOP

検索