僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

08 │2017/09│ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

旋風
我が家に吹き荒れるBL旋風。

きっかけは去年の年末。
店のお客さんで30代のゲイカポさんが
クリスマスを目前に破局してしまった。

元彼に未練たらたらな仮名、草食さん。
由来は見た目が草食っぽいから。
実際は酔うとシモネタがえげつない肉食系。

当店でクダを巻く姿は悲壮感が漂い過ぎて
店内はお通夜ムードに包まれる。
そんな草食さんを見兼ねた
マスタと常連のオヤジの1人が。

慰めてやろうと
「気晴らしに一緒にゲイバー行こうぜ!」
と誘ったのだ。
その企画に、僕は面白半分で巻き込まれた。

その日はマリさんに無許可で少し早めに店を閉め
マスタの車と僕の運転で少し遠い街の店まで
わざわざ遠征することになった。
どうやらマスタの知り合いがやってる店らしい。

そのゲイバーはこじんまりした店構えながらも
中は明るくアットホームな感じの雰囲気だった。
女性客もちらほらいたので
あぁOKの店なのか、とすぐにわかった。

その店に着いてすぐ、サトルから電話が。
事情を話したらサトルまで「俺も行く」と言い出した。
タクシーで来るつもりらしい。結構遠いのに。

マスタと常連オヤジのチーム40th、
失恋ホヤホヤの草食さん、
僕とサトルの若々バカップル、
というクドい男5人連れが完成。
因みに常連オヤジと草食さんには
僕らの関係を教えていない。

草食さんはお店の人と話し込んでいて
良い気晴らしになってるように見えた。
マスタと常連オヤジは何故かゲイカポのふりをして
近くにいた女性客2人組にちょっかいを出していた。

僕とサトルは2人でまったりと
「今日仕事どうだった?」とか
世間話を嗜んでいた。
2人の世界はいつも平和で何よりだね。

なのにチーム40thにちょっかい出されていた
女性客2人組が僕らに目を付け
「お前らこの酔っ払い共を何とかしやがれ」
と言わんばかりに僕らを巻き込んだ。

女性客に相手にされなくなったチーム40th、
酔いと退屈でソファに座ったまま2人仲良く居眠り。
運転は僕がしますけど車までは
ちゃんと自分で歩いて行ってくださいよ?

女性客の話し相手はそのまま僕らに
引き継がれることになってしまった。
こうなると僕もサトルも自然と
営業スイッチが入ってしまうので、
正直面倒臭い以外の何物でもない。

「2人共若いよね~!10代?20代?」とか
「私達いくつに見える~?」とか
「え~と、2人はどういう関係?まさか??」とか
しょーもない会話に笑顔で答える僕達。
一方草食さんは涙ながらに恋の思い出トーク。

常連オヤジは爆睡してるし草食さんは
少し席も離れててこっちの会話なんか
全然聞こえちゃいないだろうし、
まぁいいかということで一応正直に受け答え。

それで僕らがカップルだと知った女性客、
目の色を輝かせながら
「可愛い!」「ボーイズラブみたい!」と
きゃっきゃウフフなテンションUP。
そこでサトルが僕に一言。

「ボーイズラブって何?」
「男同士の恋愛の少女漫画。」

「へぇ~面白いの?」
「知らん。」

本当は読んだ事あるから知ってますよ、
前のバイト先の漫喫に腐る程並んでたし
元カノが骨の髄までヲタ属性の子で
そっち方面にも造詣が深かったから。

その日以来、サトルはBL漫画の存在が
無性に気になり始め、ことあるごとに
「読んでみたい」と訴えるようになった。

「勝手に読めばいいじゃん。」
「どこに売ってんの?」

「普通の本屋の少女漫画のコーナーにあるよ。」
「男が買ったら変じゃない?」

「相当変だと思うよ。」

読みたいけど自分で買うのは恥ずかしいから
僕に買って来いという魂胆ですね、わかります。
それならアマゾンで買えばいいじゃない。
ネットでも自分で買うのは嫌なの?
はいはい、僕のアカウントで買えばいいでしょ。

「ねぇねぇ、どれが面白いと思う?」
「知らないよ。」

「漫画好きじゃん、詳しいじゃん。」
「全ての漫画を網羅してるわけじゃない。」

こんなすったもんだなやりとりを経て
結局僕が昔元カノに勧められて
読んだことがあるやつを試しに買ってみた。
一応、僕も読んでて面白いと思ったやつなので。

それが功を奏したのか不味かったのか、
現在我が家の本棚にはおよそ200冊の
BL漫画がずらりと並んでしまった。

ちょ、ペース早過ぎ!
このペースで行けば年内に1000冊超えそうな、
流石大人買い王子。因みに王子のお気に入りは
「窮鼠はチーズの夢を見る」だそうで。
お前も読め!と薦められたが何故だろう?

我が家の本棚=トイレと決まっているので
トイレに適当に置いておいたら
どんどん積もる積もる豪雪の如し。
こりゃいつかBL雪崩に巻き込まれる予感。

いや、お前こんな買い物してる場合じゃないだろ。
貯金するって言ってたじゃんよ。
そもそももう本棚いっぱいで置き場がねぇよ!
なのにまたアマゾンから本が届いた。

僕は仕方なくホームセンターで木材を購入し
日曜大工で本棚をこしらえた。
だって買うより安いもん。
てかトイレの大きさにぴったり収まる本棚って
案外売ってないもんなんだよ。

今ではメイサちゃんのいい暇潰しにもなっている。

テーマ:同性愛・両性愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧

初めまして。
ずーっとROMってましたが思わず声を上げてしまったのでコメントさせて頂きます^^
「窮鼠はチーズの夢を見る」私のファーストBLです。
この作品が無かったら、こちらのブログを読むことも無かったと思います^^
【2011/02/24 21:25】 URL | 桜井 #- [ 編集]

こんばんは
すごい!!BOOK OFFのフランチャイズになれるんじゃないですか!?
そのペースだとトイレ本棚もそろそろ限界なんじゃないですか?大きいんですね(羨)
ところでわざわざ買って部屋狭くしなくても、「コミックルーム」ってサイトで色んな漫画無料で読めるって知ってました?ほとんど素人さんの作品ですが、結構読み応えもありBLも沢山ありますよ。
実は先日そこに登録している『ハニーカムベイビー』というサイトの漫画が面白くて(BLでは無いのですが)その管理人さんが出版している凄く評判の良いコミックを久しぶりにお金払って買ったんですよ(もちろんAMAZONで^^)
いやあ、面白かった!これが!
思い切って買った甲斐があったととても満足でした。
BLに造詣が深くなったであろうサトルさんにも是非読んで貰いたいです。
タイトルは「少年よ、耽美を描け」です。ちなみにコメディーなので、シリアス(?)なのが好みならちょっとダメかもしれません。
てか、本溢れてるのに薦めちゃっていいのかな^^;
タイトルがアカデミックな「窮鼠はチーズの夢を見る」は面白かったのですか?
【2011/02/24 21:39】 URL | ジウ #- [ 編集]


王子が好きそうなもの。
たぶん山田ユギ、紺野けい子、
門地かおり、寿たらこは好き。賭けてもいい。
水城せとなに手を出してるならよしながふみも
もう読んでるはず。鹿乃しうことか新田祐克は
王子たちの棲息ジャンルに近いから逆にだめなもの?
国枝彩香、まんだ林檎は男の人受けがよさそう。
【2011/02/25 01:42】 URL | とわ #EbNGatiI [ 編集]


Toyo君、器用だねえ、自分で戸棚作っちゃうなんて。
私は自分が不器用なんでコンプレックスあるのよね。友人は器用な子しか残ってない。
(特に料理上手)
私に相手に対する尊敬の気持ちがあるからでしょうね。

精神的に未熟なんで水城せとなさんの作品は苦手。息が詰まってくる。

でも、こうやってToyo君のブログとかに行きついちゃったのはノスタルジーから。
君、文章うまいよね。
それと、誤字訂正ありがと。

さて、それで前回のコメントだけど。
私もずっと正社員で仕事してきたから働いて帰ってきてからご飯作ってんですけど。
妊娠中だった時もね。
今は朝早く起きて息子の弁当だって作ってまっせ。夕飯も8時に食べれるくらいで遅くなって可哀相だけど作ってるよ。
ちなみに、不器用だから料理は得意じゃないし好きでもない。
働いて疲れて帰ってきたって簡単な飯ぐらい作れんだよね。ってか兼業主婦子持ち(2人)なんて今の世の中、ザラでしょ。どうにかやってんだよね。
彼女達、ダラダラ生きてないよ。

ま、メイサちゃんも君も若いから、これから色々と経験して分かってけるといいね。

私があなた達の年齢にはも~っとアホだったことを考えると、君達には伸びしろ十分あるし。

私ゴトだけど現在、「相手の話を聞く」というタスクを修行中。
この年齢になっても(だからか)難しいよ。

【2011/02/25 03:29】 URL | ひな #- [ 編集]

>桜井さん
桜井さん初めましてこんにちは。
そういう方は少なくないでしょうね、
こちらとしては現実と物語を
ごっちゃにされなければ良いなぁと
思っておりますが。
あんなそこら中にお仲間がいてたまるか!
みたいな。いたら嬉しいですけども。
【2011/02/25 11:25】 URL | toyo #- [ 編集]

>ジウさん
ジウさんこんにちは。
そのサイトのことは知りませんでした、
早速検索してみたら、個人でWeb上に
漫画をUPされてる方のサイトを集めてる
リンク集?みたいな感じなんですかね?
無料とはまた随分太っ腹な…
素人とは全然侮れませんよね、
日本の漫画の実力は世界屈指の層の厚さで
上手い人も面白い人もうじゃうじゃいるもん。

しかし!サトルにはなるべくPC触らせたくない、
という本音がございまして、まぁ色々と…
この辺の僕事情はどうかお察し下さい。
そして出来ればもう、これ以上薦めないでぇええ~
今既にトイレに入りきらなくなって廊下に出てます。
トイレも随分狭くなっちゃったですよ。
彼の好みはストーリー重視?なんでしょうかね、
コメディでもシリアスでも好きなのあるみたいですよ。
とりあえずエロ描写は2の次って感じっぽいです。

仕事終わりにシャワーを浴びて前髪が邪魔だからと
ぶっといヘアバンドを頭に装備しながら
化粧水に浸した綿を顔に貼り付けながら
ソファで乙女ちっくな漫画読んでる彼を見ると
お前は一体何者なんだとツッコミたくなります。

「窮鼠…」は僕も読みましたよ。
率直な僕の感想を言えば…う~ん、
漫画としての出来は良いと思う、面白い方、
ですが、そんなに薦める程か?て感じでした。

主人公の2人がゲイとノンケで、
ゲイの方が粘着質な性格という設定なのですが
どう見ても完全な情緒不安定な人にしか見えず。
その突き抜けた不安定っぷりは面白かったかも。
こんな奴近くにいたら俺なら通報するぜ?なレベル。

こんなレビューで果たして読みたくなりますかね?
【2011/02/25 11:36】 URL | toyo #- [ 編集]

>とわさん
とわさんこんにちは。
なんでそんなに詳しいんですか…と言いつつも
書かれた作家さんのお名前を拝見する限り、
全て我が家で見かける作家さんですね。
同じ穴の狢でございました。

山田ユギさんと紺野けい子さんは
寧ろ僕が好きですねぇ、最初に彼に読ませたのも
実は紺野さんでした。この人はパーフェクト!
もっとショボイの読ませておけば今頃こんな
漫画に埋もれて排泄しなくても済んだだろうに。
ある意味失敗でしたね。

門地さん寿さんもあるけど数はそんなに多くない、
よしながさんより彼は窮鼠の方が好きみたい。
僕には違いがよくわかりません。
鹿乃さんと新田さんのジャンルが僕らに近いとな…
ついに僕らAV男優までいっちゃいましたか。
そですね、作風が瑞々しい作家さんですよね。
いや、苦手じゃないですよ?寧ろエロエロ大歓迎。
でも絵が少々…足長過ぎねぇかなとか…僕はね。
彼は割といけるクチみたいですよ。

えとね、えとね、僕が最近見つけた好きなやつ!
山田マサキさんという作家さんの
「嬉し恥ずかし野戦訓練 オレのバルカンで逝け!」
という、タイトルからして若干アレな感じですけど
とにかく筋肉とエロスの調和が取れた逸品でございます。
僕はこーゆーの好きです、はい。オススメがあれば是非。
筋肉質な男がエロければ何でもイイ。絵重視ですかね。
彼はもっとストーリー重視っぽいですねぇ。
主役の2人がラブラブな話が好きみたいです。
「夢があっていいよね!」だってさ。
現実があるのにまだ夢を見たいのかと。
【2011/02/25 11:38】 URL | toyo #- [ 編集]

>ひなさん
ひなさんこんにちは。
子持ち兼業主婦の生活に興味が無いので
苦労自慢されても特に何とも思いませんが
誰と比べてダラダラしてないと言いたいのかな?

誤字訂正が何のことかよくわかりませんが
前回コメによる「つわり中にカレーは…」等でも
見受けられるように、
「私は全て知っている」という前提を元に
話をされる節がある方、との印象を受けました。
相手の話を聞くことも大切だとは思いますが
想像力を働かせることも重要ではないでしょうか。

件の彼は今、諸事情により
朝10時から夜中2時まで働いています。
一体いつ食事を作る時間があるのか?
夜8時に帰って食事を作ることが
そんなに偉い?凄い?のでしょうか。
世の中貴方の経験や想像力が及びもしないような
条件や環境や出来事や世界があるものです。
そして僕は、貴方を相手に全てを公表する
義務も義理も道理もございません。

一般的には、説明されていない部分を
己の想像力で補間するものですが
頭の良い人は補間で生まれる
「矛盾しない可能性」のパターン数が多くなり、
そうでない方はその数が少ない傾向にあります。
多くのヒントを与えられずとも、
頭の良い人程「一概には言えない」として
自然に否定の言葉が減っていく仕組みです。

貴方の年齢も環境も歩んだ道も
存じ上げておりませんが、乏しい想像力の中で
決め付けられた前提だけを元に話をされる方との
コミュニケーションは、少々精神的疲労を感じます。
相手の話を聞く…どのような意図でコメントに
この一文を載せたのか、真意は測りかねますが
僕は貴方に話を聞いて欲しいとは思えませんでした。
【2011/02/25 11:39】 URL | toyo #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/03/25 04:43】 | # [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんにちは。
ご理解頂けてるのは大変有難いのですが
1人わかっているからといって
その他わかってない方がわんさかいることに
何ら変わりはございませんので
現時点では「そうですか」としか言えません。
【2011/03/27 13:27】 URL | toyo #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/03/28 15:02】 | # [ 編集]

>匿名さん
匿名さんこんにちは。
始めから話が全く噛み合っていないことに
そろそろ気付いて欲しいです。
チャットしても楽しくないと思います。
【2011/03/30 12:02】 URL | toyo #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/03/30 22:17】 | # [ 編集]

>匿名さん
>03/27のお返事で気が付いてました(^^;
>だからウンコメに挑戦!とタイトルに書いたのですがw

まるで演技でウンコメしましたと言いたげですが
素ですよね、強がらなくてもいいですよ、
辻褄が合いません。
もし縦読みでしたらごめんなさい、
難しくてわかりませんでした。

>トヨさんは、チャットしても楽しくないけど、
>私は、楽しいです。
>トヨさんから、ウンコメ扱いされても
>お返事があることが嬉しいのだから。

相手が不快でも自分が良ければいい、
この独り善がりは気持ち悪いですね。
相手してあげられなくてごめんなさい。

>私は、自分のコメントがウンコメだと
>思ったこと無かったんですけど、
>「非公開」の記事を読んで考えさせられました。

何をどう考えたのか見当もつきませんが
自覚出来るだけの知力が足りなかったと…
きっと一生そのままですよ、僕が保証します。

>自分を優しいと思っていないトヨ君が好きですよ^^

ごめんなさい、気持ち悪い腐女子は大嫌いです。

このような現実とBLの区別がついてない
ごく一部の痛い腐女子のせいで
属性全体のイメージダウンを引き起こす、
恐らく大多数であろう至極まともな方々は
大変迷惑しているのではないでしょうか?
【2011/03/31 02:42】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索