FC2ブログ
僕を埋め尽くす秘密
バイでリバの♂が恋愛仕事人生等に悩みながらも真面目に生きてるよ

03 │2019/04│ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

新記事

全記事

全タイトルを表示

月別記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
FK
F・Kとは。


First-Kissのこと。
放課後のいつものマック昼食会に
今日は女子も2人混じってた。
男子4人女子2人の6人で、何故か恋話に華が咲いた。

女子の1人が「実はまだキスもしたことない」と言った。
高3ともなれば殆ど全員が経験してるものだから
全員驚いてた。

その子は以前彼氏がいたこともあって、
高1の冬くらいに同じ学校の先輩と付き合って、
2年で先輩が卒業して別れたとか。
その時キスもしないまま別れたとか。

それでそれぞれのファーストキスは
いつだったのか、という話の流れが作られた。
僕に話が振られた時、僕は焦った。

全然思い出せなかった。
時期的には多分高1ぐらい。しかし相手もわからないし
いつ、誰と、どうやって、どんな場所で、どうだったか、
まるで思い出せない。
過去の曖昧な記憶が混同して、ごちゃ混ぜになってる。
記憶を手繰り寄せるというより、最早推理に近い状態。

そこで君が何故か助け舟を差し出してくれた。

「トヨはあれじゃん、小6じゃん。」
「は?」

何で小6?相手誰だよ。つか早過ぎだろ。
何か誰かと勘違いしてないか?
そう考えたらちょっと切なくなった。

「それ誰かと勘違いしてない?俺高1だよ確か。」
「え、あ、そっか。お前知らねーんだっけ、あぁそうだ。」

途端にあたふたし始めて口元を押さえる君。
君は危機的状況に陥ると、口元を押さえる癖がある。
つまり、今は「やばい」と思っている状態。

「知らねーって何だよ、言えよ。」
「あーまぁ、いっか。時効だろうし。」

初めて説明を受ける僕。何で自分の話を君から聞くのか。
君は相変わらず説明が下手だった。
そんな君の話を要約するとこんな感じ。

「小学校の修学旅行の時さ、夜中に皆で話してたじゃん。
 それで、お前一番最初に寝たの憶えてる?
 あれでさぁ、お前が寝た後に皆でお前にキスしたの。」

女子の一人が飲み物を足元に落としぶちまける。
男子は驚愕と失笑が混ざる不思議な笑いを零す。
そして僕は全然意味がわからなくて、ただ唖然とするばかり。

そんな僕の代わりに女子が質問して話を続けてくれた。

「何でそんなことに?」
「何かね、その時下ネタ的なこと話してたんだよ。
 そのくらいの年ってやっぱそういうの興味あんじゃん?
 それで誰かがキスってどんなもんなのかとか言い出して、
 ちょっとやってみたいよねって話になって。
 でさぁ、今こんなんなっちゃってアレだけど、
 トヨって小坊の頃すっげー可愛かったのね。
 髪も今くらいの長さで本当に女子みたいだったの。
 それで1人だけ寝てんじゃん?
 だから犠牲になったっつーか、なんかそんな感じ。」

ちょっと待てと。
それってある意味レイプじゃないですか。
つーかマジ記憶ねーし。ガキって怖えーな。
そして君の解説の一部分に物凄く引っかかるのは、
きっと気のせいじゃない。“こんなん”って何ですか。

しかし女子すげぇ、僕より全然事情聴取の段取りがいい。
ぼけっとしてる僕の代わりにどんどん突っ込んでくれてる。

「じゃあタクちゃんもその時?」 
「そそ、だから俺の相手こいつなの。
 とか言っちゃって俺らかなり危なくねぇ?あはは。」

いや、そこ笑うとこじゃないよ。
あ、でも笑った方がいいのかな?
え、でも何か超微妙。素直に喜べない自分がいる。
何か色々言いたいことがあるんだけど、
どこから手を付けていいのかわからない。

「お前何でそれ今まで黙ってた?」と勢いで言ってみた。
「別に言うことないかな~と思って、あと忘れてた」と
あっさり返答。言うことないってそりゃどういうことかと。

君の相手は僕だけど、それはちょっと嬉しいんだけど、
僕の相手は全く謎のまま。あの時同じ部屋だった誰か。
しかも完全に寝込みを襲われるという、しかも集団にという、
ある意味僕より質が悪い。可愛かったら何でもいいのか。

別にファーストなんかそんな拘ってないけどさ、
今の汚れっぷり考えたらそんなもんどうでもいいけどさ、
何故6年も経った今それを言うのかと。
ちょっと凹む。色々と凹む。

女子2人はキャーキャー言いながら笑いながら、
かなりの食いつきを見せたものの、
男2人は笑いつつもちょっと「うわぁ」的な引きを見せた。
そして何故か僕に対して哀れな眼差しを向ける。
しかも「お気の毒」とはっきり言われた僕の立場は一体。

ドン引きされなくてまだ良かったかもしれないけどさ、
男はちょっと引くよねやっぱり。
僕もちょっと引いたし。ガキの無茶に引いた。
何か自分でもちょっと、自分が可哀想になってきた。

でも確かに子供の頃は可愛いってよく言われてた。
服装によっては女子に間違えられることも結構あった。
チン毛生えたあたりから全然言われなくなったけど。
今じゃ「こんなん」扱いですからね。
僕のこと「かっこいい」って言ってくれたクセに。
あれは嘘だったんですか?

子供時代に可愛い子ってのは大人になると
大したことなくなるって見本だね。
どうせチビさ。ハ○ーケイスケさ。ふん。

テーマ:同性愛・両性愛 - ジャンル:恋愛

TOP
コメント閲覧
うわぁ。。。
ガキんちょの行動ってこわヒィ;
寝込み襲うとは、なんて卑怯な・・・。

それにしても複雑ですね。
うれしいんだか、ショックなんだか。
でもまぁ、はからずもタクさんのF・K
もらえてラッキーですよねw
だって、マジで好きな人の
ファーストキスの相手が自分だったなんてっ!
なかなか、めったになぃぢゃないですか!?
いやぁ、実にラッキーだと思いますw
勝手に「おめでとう」といいたくなりますv
【2006/02/09 20:02】 URL | ゆ~り #- [ 編集]

>to.ゆ~りさん
ゆ~りさんこんばんは。
嬉しいのか悲しいのか、僕は全然覚えてないので
全然実感ありません。
自分のは今更なんでもう、どうでもいいんですけど
出来ればその時起きていたかったなぁ~とか
その場にいたタク以外の奴張り倒したいとか、
どうでもいいこと考えてます。
これ、滅多に無いことなんですかね??
「おめでとう」って言ってくれたので
素直に「ありがとう」とお礼を述べたいと思います。
【2006/02/11 00:11】 URL | toyo #- [ 編集]

TOP

非公開コメントは受け付けておりませぬ















TOP

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。